RADWIMPS×ONE OK ROCK ついに相見えた最強の2バンドを繋ぐ音楽と絆

SPICER+
RADWIMPS

RADWIMPS

画像を全て表示(5件)

『10th ANNIVERSARY LIVE TOUR RADWIMPSの胎盤』 2015.11.25 横浜アリーナ

RADWIMPSとONE OK ROCK。世代的にもキャリア的にも近く交流も深い2バンドのフロントマンが、一緒に鍼を打ちに行ったときに話したという「一緒にやろうよ」の一言から、このツアーの全ては始まった  横浜アリーナで行われた『10th ANNIVERSARY LIVE TOUR RADWIMPSの胎盤』の第10夜では、そんなエピソードが明かされた。そして、この10年間で日本のロックシーンを代表する存在へと上り詰めた2バンドは、お互い凄まじいライブを叩きつけて、この祝祭をより特別なものにしてみせた。

 

Tomoya(Dr)がこれでもか、と強烈なビートを放ち、すでに上半身裸で臨戦態勢のRyouta(B)とともに重厚なインストゥメンタル「3xxxv5」を会場に轟かせる。そこへ走り出たTaka(Vo)の姿に地鳴りのような歓声が湧く。いきなりトップギアのONE OK ROCKだ。そのまま「Take me to the top」「Cry out」と、アルバム『35xxxv』の曲順をなぞる。RADのそれとは趣が異なり、硬質で縦に揺さぶってくるサウンドの渦にヘドバンしまくる場内に向け、「かかってこい」とばかりにお立ち台の上で悠然と手を広げるTaka。強靭なロックヒーローの姿そのものだ。

ONE OK ROCK

ONE OK ROCK

「どうもこんばんは、ONE OK ROCKです! 今日は皆さんと僕たちで、RADWIMPSというバンドを最高にお祝いしましょう! いいですか!!」
盟友による最高に頼もしい煽りに狂喜するRADファン。一瞬の静寂が訪れたのちに鳴り響く時計の針が刻む音。そして左手を高々と掲げるTaka。「Clock Strikes」だ! まばゆい光に照らされ奏でられるアンセムに「おいおい、すでにクライマックスか」と感じてしまうほど前半から飛ばす。

中盤にはライブ初披露の「Last Dance」を披露し、そのタメの効いたメロディックで雄大なナンバーでスケール感を味わわせたかと思えば、Toru(G)のアコギ一本という最小編成で名バラード「Heartache」を一人ひとりに届けるように優しく歌い上げる。そこから再度ギアを上げ、待ってましたの「The Beginning」でシンガロングした後は「Mighty Long Fall」へと繋ぎ、アリーナは総ジャンプ状態に。トドメは「気合入れていきます、よろしく」と繰り出した「完全感覚Dreamer」。Takaは端から端まで猛ダッシュしながらもブレない歌声と圧巻のシャウトで、怒涛のセットリストを歌いきってみせた。

「僕たちは今日は前座です」なんて語っていたONE OK ROCKだったが、主役登場を前に、その存在を食いかねないほど強烈に場内を制圧したその姿は、まさしく「最強の前座」であった。

ONE OK ROCK

ONE OK ROCK

ONE OK ROCKが沸騰させた場内は、ステージの転換を経ても依然興奮を帯びていた。彼らが見せた圧倒的「剛」のステージを引き受けるRADWIMPSはどのような立ち上がりを見せるだろうか。

幻想的に青く染まったステージに野田洋次郎(Vo/G/Piano)のみが登場し、その瞬間巻き起こった絶叫を受け流すかのように、優しく、どこまでも優しく、ピアノのみで弾き語られたのは、珠玉のバラード「音の葉」だ。RADWIMPSのレパートリーの中でもひときわ繊細な「柔」の要素、なんとも意表をつく立ち上がりに、場内は一瞬嬉しい悲鳴を上げたものの、ただただ寄り添い、聴き入る。

その空気もつかの間、曲が終わるか終わらないかの内に、唐突なデジタルノイズがその美しい余韻をかき消して、野田の「横浜!!」の一喝で「DADA」へ突入すると、一気に弾ける場内。もう、こんな落差は反則スレスレだ。これまでのライブの経験上、曲終わりの「よくできました」で歓声の塊がぶつかってくることが分かっているので毎回ちょっと身構えるのだけれど、この日は準備していてもビクッとしてしまうほど凄まじい大歓声が巻き起こった。そりゃあRADとワンオクの対バン、しかもワンオクがあれほどのパフォーマンスを見せた後ともあれば無理もないだろう。

メンバーにとってもそれは同じようで、最初のMCでは桑原彰(G)が普段より若干強めに「ワンオクがすっげえライブしてくれたから、俺らも最高のライブで返すんで、お前らもそのつもりでついてきてください!」と語れば、「やべえな、やべえな、おい!」とハイテンションに第一声を発した野田も「どうせたかだか数十年しか生きてないだろ、そうだろ? だからまだ会ったことのない自分を見せてみろよ! 自分でも見たことのない自分をさ、俺は見たいんだよ!」と強烈に煽り、「05410-(ん)」を投下する。「遠恋」でのソロの応酬でも武田祐介(B)と桑原が心底楽しそうにじゃれあって、この日のステージが彼らにとってもどれだけ待ち望んだものなのかが伝わってくる。

RADWIMPS

RADWIMPS

中盤には野田が「wherever you are」を1フレーズ弾き語るサプライズも飛び出し、そのまま「ふたりごと」へ。アッパーな曲もじっくり聴かせる曲も等しく聴くものの心を動かし、会場は強烈な集中と一体感を保ったままライブは進んでいく。RADのライブはそこが良い。

後半には「(今日観ていて)Takaはやっぱり番長だなと思いました(笑)。同じクラスだったら俺たち友達になってたのかな? 番長タイプって苦手だから紙一重だな。いじめられてたんじゃないかなって(笑)。でも音楽は全てを飛び越えて繋いでくれて、今日改めて本当に大好きなバンドだなと思いました」とONE OK ROCKについて語った野田。そんなTakaとの関係、RADWIMPSとONE OK ROCKの関係はやはり特別なもので、アンコールではそれが形となった。まずは野田一人だけステージに戻り、「特別なことやっちゃう?」と一言。それで全てを察したオーディエンスの大歓声に導かれて登場したTakaは、RADのツアーグッズのシャツを着用している。舞台裏で「やんないと一生後悔するから、やろう」と話して出てきたという2人が椅子に腰掛けてハーモニーを重ねたのは「バイ・マイ・サイ」。まるで友達同士が家で演奏している感じ、そんなアットホームな空間がアリーナを包んでいく。

最後は他のメンバーも呼び込んでもう1曲、「有心論」を披露するというスペシャルな展開に。冒頭のカッティングはToruが、そこに桑原がアドリブのフレーズを乗せる。野田はTomoyaの方を向きながらリズムに乗ってRAP部分を歌い、Takaは途中歌詞を間違えて「あれ? おれ間違った? 最悪やー!」と派手に崩れ落ちる。ベースの2人に目を向けると下手側のせり出しで仲良く向かい合って演奏している。そんな一瞬一瞬の光景が、彼らにとって、集まったそれぞれのファンたちにとっても、全て特別なものとなった。

11年目を迎えるRADWIMPSと、来年10周年を迎えるONE OK ROCK。それぞれの色でアリーナを染めた最強の2バンドは、この先もずっとロックシーンを牽引する両輪となっていく。期待が確信に変わる一夜だった。


撮影=橋本塁[SOUND SHOOTER](ONE OK ROCK)、植本一子(RADWIMPS) 文=風間大洋

RADWIMPS

RADWIMPS

セットリスト
ONE OK ROCK


1. 3xxxv5
2. Take me to the top
3. Cry out 
4. Clock Strikes
5. Last Dance
6. Heartache
7. Decision
8. The Beginning
9. Mighty Long Fall
10. 完全感覚Dreamer


RADWIMPS

1. 音の葉
2. DADA
3. ギミギミック
4. DARMA GRAND PRIX
5. 05410-(ん)
6. 遠恋
7. ヒキコモリロリン
8. アイアンバイブル
[wherever you are 弾き語り(1コーラス)]
9. ふたりごと
10. 夢見月に何想ふ
11. おしゃかしゃま
12. ます。
13. ‘I’ Novel
14. いいんですか?
15. 25目の染色体
16. 君と羊と青
17. 会心の一撃
[ENCORE]
18. バイ・マイ・サイ(野田洋次郎×Taka)
19. 有心論(RADWIMPS×ONE OK ROCK)

 

ライブ情報
10th ANNIVERSARY LIVE TOUR FINAL​
RADWIMPSのはじまりはじまり

日時:2015年12月23日(水)
会場:幕張メッセ 国際展示場


 

シェア / 保存先を選択