「名古屋四季劇場」杮落とし公演が決定!

SPICER
 左から・劇団四季 代表取締役社長・吉田智誉樹、小林由希子(アリエル役)、飯野おさみ(セバスチャン役)、中日新聞社 代表取締役会長・白井文吾

左から・劇団四季 代表取締役社長・吉田智誉樹、小林由希子(アリエル役)、飯野おさみ(セバスチャン役)、中日新聞社 代表取締役会長・白井文吾

新たな劇場の幕開けは、“新次元ミュージカル”『リトルマーメイド』

劇団四季は、来秋誕生する「名古屋四季劇場」のオープニング作品として、ディズニーミュージカル『リトルマーメイド』を上演すると発表した。

本日12月1 日(火)、「ウェスティンナゴヤキャッスル」で行われた製作発表会には、劇団四季の吉田智誉樹代表取締役社長と、共催である中日新聞社の白井文吾代表取締役会長、『リトルマーメイド』出演候補キャストより小林由希子(アリエル役)と飯野おさみ(セバスチャン役)が登壇。名古屋公演にかける意気込みなどを語った。

『リトルマーメイド』は、『美女と野獣』(1995年)、『ライオンキング』(1998年)、『アイーダ』(2003年)に続く劇団四季とディズニーの提携第4作目として、2013年4月に開幕。「四季劇場[夏]」では入場者数100万人を突破し現在もロングラン上演中で、来年10月からは東京と名古屋、2班体制での上演になるという。

本作のブロードウェイ初演は2008年で、その後2012年6月にオランダで演出・美術・振付等の要素を一新した「ヨーロッパ版」を発表。四季ではこの「ヨーロッパ版」をもとにしたバージョンで上演されている。セット衣裳デザインを担当するボブ・クローリーは、本年度のトニー賞最優秀ミュージカル装置デザイン賞に輝き、四季でも『アイーダ』や最新ミュージカル『アラジン』を手がけている。

彼は、海底世界を「アリエルの現実=生活の場」と捉え、立体感を重視した装置や最新のフライング技術などによってシアトリカルに表現。一方、地上世界は「アリエルの憧れ=夢の在り処」として、二次元的なポップさを表すことで観客の想像力を刺激。「ヨーロッパ版」最大の特徴とされる、これらの凝ったビジュアルが“新次元ミュージカル”と言われるゆえんだ。

アカデミー作曲賞を受賞したアニメーション映画の名コンビ、アラン・メンケン(作曲)と故ハワード・アッシュマン(作詞)によるオリジナル楽曲も魅力で、ミュージカル化の際には、新たに参加したグレン・スレイター(作詞)とメンケンによる新ナンバー10曲も追加された。製作発表会では、この劇中ナンバーの中から小林が「パート・オブ・ユア・ワールド」、飯野が「アンダー・ザ・シー」を披露。ひと足早く『リトルマーメイド』の世界を堪能させてくれた。

劇団四季・吉田智誉樹 代表取締役社長コメント

「来年、名古屋での活動は「名古屋四季劇場」という新劇場で新時代を迎えます。このオープニングの節目にふさわしい作品をと考えた時に、“新次元ミュージカル”と呼ばれる『リトルマーメイド』の上演を真っ先に考えました。新しい劇場にこれほどふさわしい作品はないと確信しております。多くのお客様に『リトルマーメイド』の感動をお届けできるよう、我々も一生懸命頑張ります。どうぞご支援賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。」


アリエル役・小林由希子コメント

「現在、東京公演でアリエル役を演じております。アリエルは好奇心旺盛で、とても行動力のある魅力的な女性です。ディズニーのプリンセスの中でもとても人気があり、女の子なら誰もが憧れる存在です。私も小さい時からアリエルが大好きで、ずっと憧れていました。今、アリエルを演じさせていただけて、とても幸せに思っております。私は愛知県岡崎市に生まれ、劇団四季に入団するまで岡崎市で過ごしておりました。地元の名古屋公演に出演できるよう、これからも努力を重ね、稽古に励んで参りたいと思います。皆さんにお目にかかれる日を楽しみにしております。」


セバスチャン役・飯野おさみコメント

「この作品には、初演からオリジナルキャストとして参加させていただいております。セバスチャンは宮廷作曲家で、アリエルの父親であり深海国の王様であるトリトン王に仕えるカニです。王からアリエルのお目付け役をことづかって好奇心旺盛なアリエルを見守り、いつも振り回されてばかりいます。セバスチャンが歌う「アンダー・ザ・シー」は、海の素晴らしさを歌っているとても楽しい曲です。ぜひ観に来ていただいた方にハッピーな気持ちになっていただければ。小さなお子様からお年寄りの方まで幅広い世代の方に楽しんでいただいておりますので、名古屋でもご家族でご覧になっていただければと思います。新しい劇場に今からとてもワクワクしております。どうぞよろしくお願い致します。」

 

イベント情報
劇団四季ミュージカル『リトルマーメイド』 名古屋公演

■公演:2016年10月開幕
■会場:名古屋四季劇場(名古屋市中村区名駅南2-1103)
■料金:S席9,800円、A席8,000円、B席6,000円、C席3,000円/ファミリーゾーン=S席子ども5,000円、A席子ども4,000円 ※子ども=公演当日3歳以上、小学校6年生以下
■チケット発売:2016年7月31日
■問い合わせ:劇団四季 名古屋オフィス 052-290-0800
■公式サイト:https://www.shiki.jp
シェア / 保存先を選択