「杉沢村伝説」をご存知ですか? イエティ♯11「杉沢村のアポカリプティックサウンド」

SPICER
イエティ「杉沢村のアポカリプティックサウンド」

イエティ「杉沢村のアポカリプティックサウンド」

ホラー&コメディを通じて、現代社会にはびこる問題に迫る

12月10日(木)の京都・元・立誠小学校 音楽室を皮切りに、京都、東京、大阪でイエティの舞台「杉沢村のアポカリプティックサウンド」が上演される。

「杉沢村」と聞いて、ピンときた人はおそらく廃墟マニアやオカルト話に興味がある方だろう。青森県の山中に杉沢村という村があった。昭和初期に村人の一人が突然発狂、村民全員を殺し、さらには自らも命を絶った、という事件が起きた。その後誰もいなくなった村は廃村となり、隣村に編入されこの世から消えた…はずだったが、その廃墟が悪霊の棲み家となり、現在も存在し、そこを訪れた人は二度と戻ってこれなくなる…という話だ。

そしてもう一つ。「アポカリプティックサウンド」という、これまた耳慣れない言葉だが、これは世界の終焉とともに聞こえる音終末を告げる鐘の音と呼ばれている。

いやがおうにも不安を増幅する二つのキーワードを持つ本作、いったいどんな話となるのだろうか。
 

その男女が迷い込んだのは、あの地図から消された村「杉沢村」かもしれなかった。

そして次々と起こる悲劇と惨劇。

やがて悲劇と惨劇はぶつかり、かち合い、押し合い、圧し合いし、悲しみの連鎖はスムーズに進まなくなってゆく……。
 

ヨーロッパ企画の本公演で上田誠の文芸助手を務める大歳倫弘が全公演の脚本・演出を手がけるプロデュースユニット「イエティ」。今年、記念の10作目となる「俺の白飯を超えてゆけ!!」を上演し、さらなるステージを目指すイエティの最新作を楽しみにしていただきたい。

公演情報
イエティ♯11「杉沢村のアポカリプティックサウンド」
■日時・会場:
【京都公演】2015年12月10日(木)~12月13日(日) 元・立誠小学校 音楽室
【東京公演】2015年12月17日(木)~12月20日(日) 駅前劇場
【大阪公演】2016年1月8日(金)~1月11日(月) インディペンデントシアター1st
作・演出:大歳倫弘
出演:酒井善史、角田貴志、諏訪雅、土佐和成、福井菜月、重実紗果


シェア / 保存先を選択