cinema staff、初ホールワンマンで過去最多曲数叩き込む

cinema staff「waypoint 2015」の様子。

cinema staff「waypoint 2015」の様子。

cinema staffが昨日12月2日に東京・豊島公会堂にてワンマンライブ「waypoint 2015」を開催した。

定刻を迎え、盛大な拍手で迎えられたcinema staffは「salvage me」からライブを開始。飯田瑞規(Vo, G)のボーカルに三島想平(B)と辻友貴(G)が声を重ね、心地よいハーモニーをホール内に響かせる。「theme of us」歌唱前には、三島が「俺たちが、岐阜県から来たcinema staffです!」と叫ぶように自己紹介。辻はライブ序盤からステージ上を左右に動き回りながらギターを弾き、観客を熱狂の渦へと巻き込んでいった。最初のMCで飯田が「今日は過去最多の曲数を用意してきました」と明かすと、会場はオーディエンスの歓喜の声であふれた。「ニトロ」からライブを再開させた彼らは、「奇跡」「火傷」といったアップチューンを連投し、フロアの熱気に火を点けていく。

MCに入り、cinema staffがホールでワンマンライブを開催するのが初であることを告げた久野洋平(Dr)は「いつもと違ってテンションが上がってます」と明かし、ライブハウスとは違った環境でのライブを楽しんでいる様子を見せた。またライブ中盤では「せっかくホールなんで、普段やれない曲を」というMCから、飯田と辻がアコースティックギターを手にして「unsung」をプレイ。アコースティックギターの音色に乗せて飯田は伸びやかな歌声を会場に響かせて、観客たちを魅了した。また三島が12月16日に新作音源「SOLUTION E.P.」をリリースする旨を告知したのちには、今作の収録曲「切り札」と「deadman」を立て続けに披露した。

さらに「シャドウ」「great escape(alternate ver.)」といったライブの鉄板曲が繰り出されると、この日の公演はクライマックスへ。本編最後のナンバー「YOUR SONG」では、この曲のプロデュースを担当した江口亮(la la larks)がゲストとしてキーボードで参加。飯田は演奏前に「今日来てくれた1人ひとり、あなたとあなたとあなたのために演奏しますので、自分の歌だと思って聴いてください」と話していた通り、フロアの観客たちを見渡しながら情感豊かに同曲を歌い上げた。

アンコールでは、最初に久野と辻がステージに登場。辻はビールジョッキを片手にリラックスした表情で、会場で販売されている物販の紹介を久野とともに行った。メンバー全員が合流すると、ゲストとしてチェリストの高橋淳子を迎え「望郷」「溶けない氷」の2曲をオーディエンスにプレゼント。「溶けない氷」演奏時、ステージ前方で熱狂的なギタープレイをしていた辻はステージから落ちてもなお楽器を弾き続ける。彼らが繰り出す重厚感のあるサウンドを、オーディエンスはじっとステージを見つめながら堪能していた。アンコールが終わったあとも拍手や歓声は鳴り止まず、ライブはダブルアンコールに突入。最後は三島による「魂が入る曲です」という曲紹介から「GATE」が披露され、熱狂のうちにこの日のライブはフィナーレを迎えた。

cinema staff「waypoint 2015」
2015年12月2日 豊島公会堂 セットリスト

01. salvage me
02. AIMAI VISION
03. theme of us
04. ニトロ
05. 奇跡
06. 火傷
07. 世紀の発見
08. 小さな食卓
09. 実験室
10. 君になりたい
11. unsung
12. 発端
13. いらないもの
14. 切り札
15. deadman
16. シャドウ
17. great escape(alternate ver.)
18. exp
19. KARAKURI in the skywalkers
20. YOUR SONG
<アンコール>
21. 望郷
22. 溶けない氷
<ダブルアンコール>
23. GATE

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択