SPYAIR、UZバースデーも祝った今年2度目の韓国ワンマン

レポート
2015.12.8
「SPYAIR LIVE in SEOUL ~I'M A BELIEVER 2015 AGAIN!」の様子。(写真提供:ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)

「SPYAIR LIVE in SEOUL ~I'M A BELIEVER 2015 AGAIN!」の様子。(写真提供:ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)

昨日12月6日、SPYAIRが韓国・ソウルにあるMuV Hallにてワンマンライブ「SPYAIR LIVE in SEOUL ~I'M A BELIEVER 2015 AGAIN!」を開催した。

今年2度目の韓国ワンマンライブとなった昨日の公演には、大勢の現地ファンが足を運んだ。客電が落ちメンバー4人が姿を見せると大歓声が起き、IKE(Vo)が「オセオセヨ(ようこそ)SPYAIRのライブへー!」と叫ぶと場内の熱気は最初のピークに達する。そしてオープニングナンバー「ジャパニケーション」からオーディエンスは大合唱を巻き起こし、会場に一体感を生み出した。

MCではIKEが「韓国ライブは、前回もここでやったんですけど、今日2回目。前回来られていると、じゃっかん困ることがあって……カミングアウトしていい? 俺、あんときと服一緒だよね? 別にお金がなくて服買えないとかじゃないからね(笑)」とオーディエンスを笑わせ、UZ(G)が「チェゴー(最高だぜ)!」と叫び「こうやってまたみんなに会えることができて本当にうれしく思っております」と韓国ファンとの再会を喜ぶ。さらにMOMIKEN(B)は韓国語でファンへの愛を伝えた。

バンドは最新アルバム「4」からの楽曲もプレイし、「アイム・ア・ビリーバー」を届ける前にはIKEが「今日ライブが始まる前に、スタッフにわがまま言ってスンドゥブを食べさせてもらって。食べたらすごく辛くって……。でもすごい今日声出るな! 今日はスンドゥブでがんばってます! 韓国の食を堪能してライブをやってるわけですけど。ライブやって、いい飯食って、日本にまた帰っていい音楽作って届けたいと思います!」と語る一幕もあった。

そしてアンコールでは誕生日を間近に控えたUZに向けて韓国語版「Happy Birthday to You」の大合唱が起き、さらにUZのトレードマークでもあるフライングVをかたどった砂糖菓子を乗せたケーキが登場。ハッピーな空気が漂う中でアンコールは進み、メンバーは「近いうちに必ず韓国に戻ってくる」と誓って今年2度目の韓国ワンマンライブに幕を下ろした。

なおSPYAIRは、12月13日に愛知・日本ガイシホール、22日に埼玉・さいたまスーパーアリーナにてアリーナ公演「SPYAIR ARENA TOUR 2015『DYNAMITE~シングル全部ヤリマス~』」を行い、1月9日に台北・台湾のATT SHOW BOXにてワンマンライブ「SPYAIR LIVE in Taipei ~I'M A BELIEVER 2016」を開催。さらに1月16日よりアルバムを携えてホールツアーを行う。

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択