『外山啓介 オール・ベートーヴェン ピアノ・リサイタル』延期公演、チケット再発売日程が決定

ニュース
クラシック
2021.4.7
外山啓介 (c)Yuji Hori

外山啓介 (c)Yuji Hori


新型コロナウイルス感染拡大により2020年9月から2021年8月29日(日)に延期となった『外山啓介 オール・ベートーヴェン ピアノ・リサイタル』。サントリーホールにて開催される本公演のチケット再発売が4月17日(土)より開始されることが決定した。

外山啓介は、デビュー以来10年以上に渡り、毎年サントリーホールやザ・シンフォニーホールを始め、各地で全国規模のツアーを行ってきた。その間にも、数々のベートーヴェンのピアノ・ソナタを演奏してきた外山だが、《オール・ベートーヴェン・プログラム》に挑むのは、2011年以来の2度目。約10年ぶりとなる今回の公演では、「悲愴」「月光」「熱情」という、いわゆる「3大ソナタ」に「ワルトシュタイン」を加えた「4大ソナタ」を演奏する。いずれも屈指の人気を誇るベートーヴェンの代表作であり、聴きやすさと内容の充実を併せ持った選曲となっているが、外山は、このプログラムを単なる“名曲集”として披露するつもりではないという。「このプログラムを演奏することは、いつか本格的に取り組みたいと考えている、ベートーヴェンの後期ソナタへとつながる大きなステップ」と語っており、これまでの、そして今後のベートーヴェンへの取り組みにおいて、非常に重要な意味を持ったプログラムとして、このリサイタルに臨む。外山啓介よりコメントが到着した。

外山啓介コメント

2020年はコロナウイルスの影響で本当に大変な一年になってしまいました。
私もほとんどのコンサートが中止・延期となってしまい、その影響は今もまだ続いております。
残念ながらベートーヴェンの記念すべき年に彼の作品を演奏することはできませんでしたが、我慢の年のおかげで演奏することへの喜びがより強くなりました。
苦悩を乗り越えて数々の素晴らしい作品を遺したベートーヴェン、まさに今だからこそ、演奏できることを心から楽しみにしております。

公演情報

外山啓介 オール・ベートーヴェン ピアノ・リサイタル
日程:2021年8月29日(日)14:00開演(13:00開場)
会場:サントリーホール
プログラム:
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第14番「月光」 嬰ハ短調 op.27-2
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第21番「ワルトシュタイン」 ハ長調 op.53
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」 ハ短調 op.13
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第23番「熱情」 ヘ短調 op.57
*当初予定しておりましたプログラムが一部変更となりました。
※曲目・曲順等が変更になる場合がございます。
※未就学児入場不可
※本公演は、2020年9月22日開催予定からの振替公演となります。
すでに2020年9月22日のをお持ちの方は、そのままの座席番号が有効となり、  振替公演にご入場いただけます。のご紛失には十分ご注意ください。(切り離し無効)
 
※注意事項※
新型コロナウイルス感染予防対策にご協力をお願い致します。
●ご来場前に体調不良(発熱や倦怠感など)のある方は、入館をご遠慮ください。
●ご来場の際は、マスク着用の上(マウスシールド不可)、咳エ、手洗い、手指の消毒をお願いします。
※マスクを着用されていない方のご入場はお断りいたします。
●37.5℃以上の発熱がある方は入場をお断りさせていただきます。
●時間に余裕を持ってご来場ください。
●最新情報は、スペースHP(https://www.ints.co.jp/)をご確認ください。

主催:インタースペース
協力:エイベックス・クラシックス・インターナショナル
 
料金: S席4,000円 A席3,000円(全席指定・税込)
再発売日:2021年4月17日(土)
シェア / 保存先を選択