『speakeasy podcast』×SPICE連動企画、第二回ゲストは向井太一 ーー海外のボーダーレス文化から得た、探し求めていた答え

インタビュー
音楽
2021.4.21
向井太一 撮影=ハヤシマコ

向井太一 撮影=ハヤシマコ

画像を全て表示(11件)

海外音楽情報専門Podcast『speakeasy podcast』とSPICEの連動インタビュー企画の第2回となる今回は、4月21日(水)に約1年半ぶりにアルバム『COLORLESS』をリリースする向井太一をゲストに迎えた。自己愛をコンセプトとした同アルバムには、ジェンダーや体型などのボーダーを取り払うような活動をする海外アーティストの影響も受けているそうだ。SPICEではアメリカやイギリスだけでなく、フランスやポルトガルなど、様々な海外アーティストの楽曲を聴く向井太一と、ホストでMCの竹内琢也が織りなす濃厚なトークのダイジェスト版をお届け。詳しい内容は、4月21日(水)と5月5日(水)に配信される『speakeasy podcast』をチェックしよう。

speakeasy podcast

speakeasy podcast

●『COLORLESS』は無色ではなく真っ白なキャンバス●

向井太一

向井太一

向井:『SAVAGE』はミュージシャンとしての自信を失いかけていた時期に作ったので、不安や憤りをぶつけた作品でした。アルバムツアーをしていくうちに、自分の弱さを曝け出してもそれを受け入れてくれるファンがいることがわかり、そこからは弱さも受け入れられるようになりました。その後にコロナの時期が来てしまい、音楽や芸術の必要性が問われていましたよね。なのであえて栄養サプリのように生活の上で必須ではない音楽を通して、先の見えない不安を抱える人に、寄り添ったり背中を押してあげたりしたいなと思い、配信EP「Supplement」を作ったんですよ。この2作から『COLORLESS』は繋がっていて、聴く人のメンタルヘルスになればと。自己愛や自分らしさが、ネガティブな感情をポジティブに変えるパワーになることを落とし込みました。

向井太一

向井太一

竹内:それはすごく伝わってきました。『COLORLESS』というタイトルについてですが、このアルバムにはたくさんの方が参加しているし、音色も含めて色があるなと感じました。何がカラーレスなんだろうと(笑)。単なる無色とは違う気がします。

向井:外から見た僕はたくさん色を纏っている状態だと思うんですよ。いろんな音楽をしてきたし、音楽以外でもいろんなことをしているし。アートワークも全面的に色を主張しているけど、あえて『COLORLESS』というタイトルをつけたのは、人が受ける印象と相反する自分の中の信念を表現したかったんです。絵で例えると重なる色の基盤となっている、真っ白なキャンバスみたいなものをコンセプトの中心として考えました。どれだけ塗り重ねて行っても、自分自身であることには変わりないから。このコンセプトを決めてから「向井太一」というフィルターを通せば、違うものに手を伸ばしても大丈夫だと、自分の活動に対しても否定的になることがなくなりましたね。

向井太一

向井太一

→向井太一がこれまでに観た海外アーティストのベストライブ。

向井:トータルで考えると、エリカ・バドゥのライブですね。2017年にビルボードライブ東京で初めてエリカ・バドゥのライブを見て。高校くらいからずっと聴いていたのでそもそも神様みたいな存在で、目の前にいるのも不思議でした。特に3曲目くらいに演奏した「On & On」で本人が最初のビートを叩いていて。そのビートが鳴った時に、僕ともう1人の黒人女性が同時に2人だけ立ち上がったんですよ(笑)。その時でも最高だと思ったんですけど、僕の後ろに『SOUL CAMP』で来日していたフェイス・エヴァンスがいて。後ろを見たらフェイス・エヴァンス、前向いたらエリカ・バドゥが「On & On」を歌ってる状況でパニックになっちゃって(笑)。いろんな意味で忘れられませんね。

向井太一

向井太一

→影響を受けている海外のカルチャーがあれば教えてください。(ファッション、国、シーンなど)

向井:ファッションは面白いなと思いますね。ゴツいラッパーの人や、僕が好きなトロイ・シヴァンとかが、ウィメンズのドレスを着るのを見て自由だなと感じています。トロイはゲイのアーティストですけど、ハリー・スタイルズみたいなストレートの人でも着ていますよね。日本で捉えられている男性が女性らしくなるようなジェンダーレスではないので、女性らしくはないんですよ。

向井太一

向井太一

竹内:今までよく言われていたような中性的なアーティストとまた違い、どちらがどうとかではないんだなと。

向井:そうそう、そういうのを見ていると日本で言われているジェンダーレスの文化は、海外とはまだギャップがあるなと。オリジナリティや面白さもあるし、僕がやりたい自分のブランディングとかアプローチはまさにそうだなと思っていて。私服でもウィメンズの服を関係なく着るし、でも別に女性らしくなりたいわけではない絶妙なバランスがしっくりきたんですよね。『COLORLESS』のジャケットでもそんな要素を入れてみました。

向井太一

向井太一

竹内:僕も自分らしいスタイリングをアーティストが発信するのことに興味があります。特に、スカートを纏うハリースタイルズには感動しました。他には例えばビリーアイリッシュとリゾの論争がありますよね。ビリーアイリッシュは自分の体型をあまり見せないようなオーバーサイズのものを着て、リゾは逆に自分の体型を見せるような。

向井:リゾのボディポジティブなメッセージには涙出るほど感動して。彼女は元々いじめられっ子で、自分に自信がないと、今の姿からは想像できないような過去があったみたいです。でも自分自身も自分の体型も好きになったようで、なんて素晴らしいアーティストだと思いました。日本では少し昔だと、そういう体型はいかに隠すかを考えられていたと思いますが、最近は自分自身のありのままを好きになるラブマイセルフ精神が出てきて。それが素晴らしくて、今のアルバムに影響を受けているなと思いました。自分自身を受け入れることは、今までも言われてきたと思うけど、より形が変わってきましたよね。自分がデビューから探し求めていたものの答えが見つかった気がします。

向井太一

向井太一

→現在、よく聴いている海外アーティストの曲を3曲教えてください。

①ネニー「WAVE」

②ジャスティン・ビーバー「Peaches」

③メラニー・フェイ「Super Sad Always」

向井太一

向井太一

文=川井美波 撮影=ハヤシマコ

Podcast配信情報

『speakeasy podcast』
Guest : 向井太一 #85 Interview(Supported By SPICE)
3QUESTIONS WITH 向井太一(Supported By SPICE)
 

【内容】ニューアルバムについて / 「SAVAGE」「Supplement」と「COLORLESS」の関係性/ 「COLORLESS」は色のあるアルバム? 単なる無色ではない / 「COLORLESS」という言葉に込められた想い / 音楽を真ん中に置いているという意思表示 / アートワークについて
番組へのメッセージ、やって欲しいことなどは ハッシュタグ : #ttspeakeasy 

<3QUESTIONS WITH 向井太一(Supported By SPICE)>
Guest : 向井太一 / エンタメ特化型情報メディア SPICEとタッグを組んで始まるインタビュー企画。ニューアルバム「COLORLESS」をリリースしたばかりの向井太一をゲストに迎えてのトーク第2編。
【内容】
向井太一が見た海外アーティストのベストライブ/影響を受けている海外のカルチャー/今よく聞いている海外アーティストの曲3曲

番組へのメッセージ、やって欲しいことなどは ハッシュタグ : #ttspeakeasy

リリース情報

4thアルバム『COLORLESS』
2021.4.21(wed)Release
初回生産限定盤 [CD+BD] TFCC-86753~86754 / ¥4,200+tax(スリーブケース仕様)
通常盤 [CD] TFCC-86755 / ¥3,000+tax
 
【収録内容】
[BD] ※初回生産限定盤のみ
01. BABY CAKES(Special Live Video)
02. 悲しまない(Special Live Video)
03. Don’t Lie(Special Live Video)
04. Sorry Not Sorry(Special Live Video)
05. Ups & Downs(Special Live Video)
06. Documentary of Special Live Video
[CD]
01. 僕のままで(Produced by 百田留衣)
02. Love Is Life(Produced by CELSIOR COUPE)
03. Ups & Downs feat.mabanua(Produced by mabanua)
04. BABY CAKES(Produced by T.Kura for Giant Swing Productions)
05. Comin’ up(Produced by CELSIOR COUPE)
06. 悲しまない(Produced by omshy)
07. Get Loud (Produced by CELSIOR COUPE)
08. Don’t Lie(Produced by Azad Naficy & William Leon)
09. What You Want(Produced by SONPUB, ZUKIE)
10. Sorry Not Sorry(Produced by Shingo.S)
11. Bed(Produced by grooveman Spot)
12. Colorless(Produced by 百田留衣)
Bonus Track. We Are(Produced by CELSIOR COUPE)※CD ONLY
※「Colorless」先行配信中!
https://tf.lnk.to/COLORLESSPR
 
【店舗別先着予約・購入特典】
4th ALBUM「COLORLESS」(初回生産限定盤TFCC- 86753〜86754 / 通常盤86755)を下記対象店舗にてご予約・ご購入いただいたお客様に先着でオリジナル特典をプレゼント!
<TOWER RECORDS / TOWER RECORDS ONLINE>※一部店舗を除く
B3ポスター(TOWER RECORDSver.)
<HMV / HMV&BOOKS online>※一部店舗を除く
B3ポスター(HMV ver.)
<TSUTAYA RECORDS/ TSUTAYAオンラインショッピング>※一部店舗除く
B3ポスター(TSUTAYA ver.)
<Amazon.co.jp>
メガジャケ
<楽天ブックス>
A4クリアファイル
<セブンネットショッピング>
オリジナルスマホスタンド
※特典は数に限りがございます。お早めにご予約・ご購入ください。
※ご予約・ご購入される際は事前に店舗やインターネット販売サイトでの特典の有無をご確認下さい。
※各特典は商品お渡し時のお渡しとなります。
※一部ECサイトでは特典付き商品のカートがございます。特典をご要望のお客様は詳細をご確認の上、特典付き商品をお買い求め下さい。
・CDの予約・購入はこちら
https://tf.lnk.to/COLORLESS_ALPR

ライブ情報

COLORLESS TOUR 2021
<会場・日程>
2021年6月3日(木)大阪府・なんばHatch
開場 17:00 / 開演 18:00 
2021年6月5日(土) 東京都・Zepp DiverCity
開場 18:00 / 開演 19:00 
<料金>
通常 / ¥6,000 自由席 (税込 / ドリンク代別)
Tシャツ付 / ¥8,800 自由席 (税込 / ドリンク代別)
※Tシャツ付は、オフィシャル先行限定となります。
シェア / 保存先を選択