広瀬すず×櫻井翔W主演ドラマ『ネメシス』 「黒幕がこの中にいる」新メインビジュアルを公開

ニュース
動画
映画
2021.5.20
ドラマ『ネメシス』新メインビジュアル (C)日本テレビ

ドラマ『ネメシス』新メインビジュアル (C)日本テレビ

広瀬すず×櫻井翔W主演ドラマ『ネメシス』 「黒幕がこの中にいる」新メインビジュアルを公開

 

放送中のドラマ『ネメシス』(日本テレビ系)から、新メインビジュアルが解禁された。

 

『ネメシス』は、広瀬すず演じる天才助手・美神アンナと櫻井翔演じるポンコツ探偵・風真尚希の凸凹バディが、探偵事務所ネメシスに舞い込む難事件を解決していくミステリードラマ。W主演を務める広瀬と櫻井のほか、HIP HOP好きのボス・栗田一秋役で江口洋介、事件現場で推理バトルを繰り広げる神奈川県警の刑事タカ&ユージ役で勝地涼と中村蒼、タカ&ユージの子守役・薫役で富田望生らが出演。さらに、第3話からはアンナの親友役で橋本環奈が登場している。総監督を務めるのは、入江悠監督。

 
 

5月23日放送の第7話では、これまで事件とともに描かれてきた伏線が動き出すとのこと。新メインビジュアルは、センターにアンナ、風真、栗田を配したこれまでのデザインに、チームネメシスの面々と“20年前の事件”の関係者が加わったもの。探偵事務所ネメシスのある横浜の街並み、ネメシス車や看板犬のマーロウ、アンナと風真の謎解きの必須アイテム、イヤホンなどとともに描かれたネメシスが解決してきた事件や謎に繋がるキーアイテムが配されているほか、「黒幕はこの中にいる!」なるキーワードも。果たして、アンナの父親(仲村トオル)失踪の黒幕は誰なのか?北島直明プロデューサーは「メインビジュアルの中には物語を紐解く色々なヒントが隠されています。そして、7話以降の展開は、アンナが影から推理し、風真が探偵として振舞う理由、風真が過去に数々の仕事をしてきた理由、栗田が調査依頼を選ぶ理由、『探偵事務所ネメシス』設立の理由、『20年前の事件』と『19年前の事故』の関係…1話~6話までに存在した全ての疑問への答えが明かされていきます。そして、それらが全て『アンナの父親の失踪の謎』に繋がっていくので、ご期待下さい」と語っている。

放送情報

ドラマ『ネメシス』
放送枠:2021年4月期 日曜ドラマ (毎週日曜夜10時30分〜11時25分)
出演:広瀬すず 櫻井翔 
勝地涼 中村蒼 富田望生 三島あよな / 山崎紘菜 / 橋本環奈
大島優子 / 上田竜也 / 奥平大兼 / 加藤諒 / 南野陽子
真木よう子 石黒賢 / 仲村トオル / 江口洋介
※その他のキャストは順次発表
 
総監督:入江悠(「22年目の告白 ‐私が殺人犯です‐」「SR サイタマノラッパー」シリーズ)1・2・3・6・8・9・10話 担当
監督:
片桐健滋(「きのう何食べた?」「ルームロンダリング」)4・5話 担当
岸塚祐季 7話 担当
脚本:片岡翔(「きいろいゾウ」「夏美のホタル」) 入江悠
脚本協力:講談社タイガ
今村昌弘(「屍人荘の殺人」)1・3話
藤石波矢(「今からあなたを脅迫します」)2・6話
周木律(「眼球堂の殺人」)4話
降田天(「女王はかえらない」)5話
青崎有吾(「体育館の殺人」)7話
企画・プロデューサー:北島直明(「22年目の告白」「新解釈・三國志」「キングダム」
「ちはやふる」シリーズ)
プロデューサー:里吉優也 次屋尚 田端綾子
制作会社:クレデウス(「キングダム」「銀魂」シリーズ 「新解釈・三國志」
「今日から俺は‼︎」)
製作著作:日本テレビ
番組ホームページ:www.ntv.co.jp/nemesis
(C)日本テレビ
シェア / 保存先を選択