日本人初の快挙! ジュネーブ国際音楽コンクールチェロ部門優勝の上野通明が記念コンサートを開催

ニュース
クラシック
2021.11.20
上野通明(チェロ)

上野通明(チェロ)


2021年10月28日(木)、ジュネープ国際音楽コンクールチェロ部門にて日本人として初めて第1位を獲得した上野通明(併せてYoung Audience Prize、Rose Marie Huguenin Prize、Concerts de Jussy Prizeと3つの特別賞を受賞)。この優勝を記念し、2022年1月20日(木)紀尾井ホールにて『上野通明チェロ・リサイタル』が開催されることが決定した。

チケットは11月27日(土)12:00よりイープラスにて先行販売が開始。リサイタルでは、コンクールのセミ・ファイナルで演奏したバッハのガンバ・ソナタがプログラミングされている。

上野通明プロフィール

パラグアイで生まれ、幼少期をスペイン、バルセロナで過ごす。2009 年若い音楽家のためのチャイコフスキー国際音楽コンクールに 13 歳で日本人初の優勝。翌 2010 年ルーマニア国際音楽コンクール最年少第 1 位、ルーマニア大使館賞、ルーマニアラジオ文化局賞を併せて受賞、2014 年ヨハネス・ブラームス国際コンクール優勝。2021年ジュネーヴ国際音楽コンクールチェロ部門日本人初の優勝、併せて 3 つの特別賞受賞。これまでにソリストとしてワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団、スイスロマンド管弦楽団、ロシア交響楽団、ジリナ室内管弦楽団、読売日本交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団等、国内外のオーケストラと多数共演。テレビ朝日「題名のない音楽会」、NHKBS「クラシック倶楽部」、NHKFM「リサイタル・ノヴァ」等に出演。また、ジャンギャン・ケラス、ダニエル・ゼペック、ホセ・ガジャルド、堤剛、諏訪内晶子、伊藤恵等、著名なアーティストと共演し好評を博す。 宗次エンジェル基金、江副記念リクルート財団奨学生。岩谷時子音楽文化振興財団より Foundation for Youth、岩谷時子賞奨励賞、京都青山音楽賞新人賞受賞。これまでに(故)馬場省一、イニアキ・エチェパレ、毛利伯郎各氏に、現在ピーター・ウィスペルウェイ、ゲーリー・ホフマン各氏に師事。主にヨーロッパと日本で積極的に演奏活動を行い、更なる研鑽を積む。使用楽器は 1758 年製 P.A.Testore(宗次コレクションより貸与)。

公演情報

『上野通明チェロ・リサイタル』

日 時:2022年1月20日(木)19:00開演
会 場:紀尾井ホール
 
プログラム:
バッハ:ヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタ第 2 番 ニ長調 BWV1028
J.S.Bach: Sonata for Viola da Gamba and Harpsichord No.2 in D Major BWV 1028
ヒンデミット:3つの小品より幻想小曲 作品 8-2
P.Hindemith: Fantasiestück Op.8-2
ベートーヴェン:チェロ・ソナタ第 2 番 ト短調 作品 5-2
L.v.Beethoven: Cello Sonata No.2 in G Major Op.5-2
~~~~~
ドビュッシー:チェロ・ソナタ 二短調
C.Debussy: Cello Sonata in D Minor
プーランク:チェロ・ソナタ 作品 143
F.Poulenc: Cello Sonata FP143
ピアノ:須関裕子

料金(税込):S4,000円 A3,500円
発売:イープラス 11/27(土)12:00~12/11(土)18:00 先行発売
12/18(土)12:00~ 一般発売
主催・お問合せ:(株)オフィス・フォルテ TEL:03-6220-3367
シェア / 保存先を選択