浦井健治主演×シルヴェスター・リーヴァイ音楽×荻田浩一演出 少女漫画「王家の紋章」が帝国劇場でミュージカル化

ニュース
2015.7.17

細川智栄子あんど芙〜みんの人気少女漫画「王家の紋章」がミュージカル化。16年8月に帝国劇場にて上演される。

古代エジプトへとタイムスリップしてしまった少女キャロルと、若き王メンフィスのロマンスを描いた本作。秋田書店「月刊プリンセス」にて、76年から現在まで連載され、累計発行部数4000万部を誇る人気作だ。

今回、音楽には『エリザベート』や『モーツァルト!』など、数々のヒット作を手掛けたシルヴェスター・リーヴァイ、そして演出には荻田浩一を迎え、壮大なスケールで古代エジプトの世界を表現するという。

古代エジプト王メンフィス役を務めるのは帝劇初主演の浦井健治。ヒロインのキャロル役は宮澤佐江と新妻聖子がWキャストで演じる。そして、キャロルをめぐりメンフィスと敵対するヒッタイト国の王子イズミル役は宮野真守と平方元基がWキャストで担当。さらに、キャロルの兄ライアン役に伊礼彼方、メンフィスの姉アイシス役に濱田めぐみ、宰相イムホテップ役に山口祐一郎と、実力派たちが豪華に顔をそろえる。

ミュージカル『王家の紋章』

【スタッフ】原作=細川智栄子あんど芙〜みん「王家の紋章」(秋田書店「月刊プリンセス」連載) 作曲・編曲=シルヴェスター・リーヴァイ 脚本・作詞・演出=荻田浩一
【キャスト】浦井健治/宮澤佐江、新妻聖子(Wキャスト)/宮野真守、平方元基(Wキャスト)/伊礼彼方/濱田めぐみ/山口祐一郎 ほか

2016年8月
・会場=帝国劇場

演劇・ミュージカルのポータルサイト シアターガイド
シェア / 保存先を選択