フィリップ・グラス×パティ・スミスの来日公演、村上春樹も訳詩で

ニュース
音楽
クラシック
2015.12.24
フィリップ・グラス、パティ・スミス

フィリップ・グラス、パティ・スミス

フィリップ・グラスとパティ・スミスによるコラボレーション公演『THE POET SPEAKS ギンズバーグへのオマージュ』が、6月4日に東京・錦糸町のすみだトリフォニーホールで上演される。

近年は『高松宮殿下記念世界文化賞』『グレン・グールド賞』などを受賞し、来年で79歳を迎える作曲家のフィリップ・グラスと、ポエトリーリーディングからキャリアをスタートさせ、1975年のデビュー以来、詩人、音楽家、小説家、画家など幅広い活動を続けるパティ・スミス。

2人と深い親交を持ったアレン・ギンズバーグにオマージュを捧げる同公演は、フィリップ・グラスの音楽にのせてパティ・スミスが自身およびギンズバーグの詩を朗読するという内容。グラスによるピアノの独奏や、スミスのギター弾き語りも盛り込まれるほか、ステージ上の大スクリーンにはグラスとスミスが選んだギンズバークの写真やイラストが投影される。同公演は『エジンバラ・インターナショナル・フェスティバル』など各国の舞台芸術際や劇場で上演されており、今回が日本初演。グラスの来日公演は2005年以来、約11年ぶりとなる。

さらに、スクリーンに映し出される詩の翻訳を村上春樹と柴田元幸が担当。2人は今回の公演のために新訳を手掛ける。なおスミスは、『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』の英語版刊行の際に『ニューヨーク・タイムズ』に書評を寄稿したほか、小説をギターケースに持ち歩くなど、村上作品のファンとしても知られている。同公演のチケット販売は2月に開始される予定だ。

イベント情報
 
『THE POET SPEAKS ギンズバーグへのオマージュ』
2016年6月4日(土)全2公演
会場:東京都 錦糸町 すみだトリフォニーホール
翻訳:村上春樹、柴田元幸
出演:
フィリップ・グラス
パティ・スミス
主催サイト:http://www.parco-play.com/web/news/?id=247
CINRA.NET
シェア / 保存先を選択