“利き酒”のできる日本酒専門バーが神田に登場


純米酒専門「八咫(やた)」神田・日本橋店が神田駅に12月1日オープン。名古屋発信の、気軽に楽しめる立ち飲みスタイルの日本酒バーだ。

■ 各地の銘酒が手軽に楽しめる

看板メニューは、30~40種類を常備する日本酒の全種類を1時間飲み比べできる「きき酒コース」(2000円)。プロのスタッフがセレクトする「次の一杯」を、時間内であれば何度でも、1銘柄あたり50ml未満の少量で楽しめる(同銘柄のおかわりは原則禁止)。

コースのほか、フードとショットは500円均一という明朗会計で、リーズナブルにさまざまな銘柄を「利き酒」できる。

代表の山本将守氏は、「世界最高峰と言われる醸造技術であり、日本の誇るべき純米酒のすばらしさをもっと多くの人に広めたい、という思いから東京にも出店することを決めました。新しい日本酒の魅力を知れる本物志向の専門店です。皆様のご来店を心よりお待ちしております」と語る。

日本酒は、鈴鹿山脈の伏流水を使用した三重県・清水清三郎商店の「作(ザク)」や、契約酒店にしか販売していない福井県の一本義久保本店「伝心(デンシン)」、蔵つきの酵母菌を育てて醸造する奈良県の美吉野醸造「花巴(ハナトモエ)」などをラインナップ。

お酒のメニューは毎日銘柄が変わるので、来店するたびに違う日本酒を楽しめる。

フードには、スモークササミやポテトサラダ、クリームチーズのわさび和えなど、お酒のお供に最適なものが並ぶ。

純米酒オンリーで勝負する立ち飲みバーへ、新たな日本酒に出会いにいこう。【東京ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択