超特急、代々木第一体育館に夢の景色を描き出した聖夜

レポート
音楽
2015.12.30
代々木第一体育館の2日間で計2万5000人を動員した超特急

代々木第一体育館の2日間で計2万5000人を動員した超特急

画像を全て表示(14件)


超特急 CHRISTMAS ONEMAN LIVE Fantasy Love Train~君の元までつながるRail~ 
12月24日@東京・国立代々木競技場 第一体育館



客電が落ちると同時に歓声が広がる真っ暗な場内に、アリーナから2階席まで、無数のカラフルな灯りが星のように浮かび上がった。8号車(超特急ファンの愛称)の必須アイテム、推しメンのイメージカラーのペンライトだ。2015年の目標として超特急が掲げていた、代々木第一体育館での単独ライブ。その念願が叶って“ファンタジートレインパーク”と化した会場には、様々な仕掛けがあった。メインステージの後ろの大型スクリーン、その左右にも計3枚のスクリーンが設置され、映し出されたオープニング映像からメンバーが飛び出すように、1曲目はデビュー曲「TRAIN」でライブがスタート。ダンサー5人がステージで踊る中、ボーカル2人はそれぞれ上手下手の、2階席の最前列のすぐ前を走るトロッコに乗って登場!まさしく君の元までつながるRail!どこからでも手が届くような距離感に、早くも場内に興奮の渦が巻き起こった。

「代々木へお越しのみなさん!やっと会えましたね!」メンバーの1号車から7号車まで順に、ファンとの掛け合いも楽しい自己紹介で盛り上がると、夢の舞台に立てて「この景色!どんなイルミネーションよりきれいだね」「生きててよかったよ、本当に」と感慨深そうに語った。「でも広すぎて少し距離があるところもあるよね?」「寂しい思いをしてる人もいるんじゃない?」「8号車、みんな安心して。超特急そっちへ行くから!」と、アリーナいっぱいに造られた、8の字型をした花道のステージにメンバーが走った。「No.1」では、アリーナ席の目の前でアクロバティックなダンスを披露。続く「Burn!」ではカイ、リョウガ組と、タクヤ、ユーキ組に分かれて2階席のトロッコに乗車。手を振る彼らに8号車は興奮の連続だ。

キラキラ衣装に着替えた超特急メンバーがミニ電車で客席へカラーボールを投げ込む

キラキラ衣装に着替えた超特急メンバーがミニ電車で客席へカラーボールを投げ込む

凝った映像とのユニークなコラボで魅了したダンサーズのソロパフォーマンスで沸かせ、メランコリックなバラード「Snowbreak」をじっくり聴かせた後、闇を切り裂くエレキギターの音色が!ウェービーな長髪に革パン、タンクトップでキメたマーティー・フリードマンがステージに現れ、メタリックなギターソロを存分に鳴り響かせた。彼をフィーチャーしたシングル曲「Beautiful Chaser」のヘヴィーなサウンドが、会場を黒く塗り潰していく。さらにもう一曲、『#globe20th -SPECIAL COVER BEST-』に収録された、globeのカバー「Love again」を披露。コーイチ、タカシがマーティーと絡みながら熱唱する、ロックなパフォーマンスで観客を魅了した。

マーティー・フリードマンがステージに登場

マーティー・フリードマンがステージに登場

スポーツエリアコーナーには、「バッタマン」を楽曲提供したヒャダインがピンクのジャージ姿で登場。8月の大阪 Zepp Namba公演を観に行った際に思いがけずメンバーのお母さんに挟まれて座った話で、観客の笑いを誘った。スポーツウェアに衣装替えした超特急がステージに登場し、今年初主演を果たした映画『サイドライン』の主題歌「HOPE STEP JUMP」をセンターステージで歌った。するとヒャダインから、いつのまにかメインステージに設置されたバスケットゴールを指して、トランポリンで跳び~ボールをつないで~最後の人がダンクシュートを決める“トランポリンダンク”に挑戦せよ、との課題が出される。メンバーはMUSCLE GARI YADE(タクヤ、リョウガ、タカシ)と、K2U2(コーイチ、カイ、ユーキ、ユースケ)の2チームに分かれて対決することに。結果はどちらも一発で華麗に決めて引き分け。最後は7人全員でチャレンジして、最後はユーキが見事にダンクシュートを決め、拍手喝采となった。

ヒャダインがピンクのジャージ姿で登場

ヒャダインがピンクのジャージ姿で登場

ライブ終盤には、メインステージ作り付けのオブジェに見えた電車がゆっくりと動き出して、夢のようなパレードの始まり! サンタクロースが運転するミニ電車が電飾でピカピカと輝きながら、キラキラ衣装に着替えた超特急のメンバーを乗せ、花道のセンターステージを走り出す。メンバーが客席へ次々にカラーボールを投げ込めば、オーディエンスはまたも大興奮! 「バッタマン」「Drive on week」「Shake body」と、激しく盛り上がれるナンバーを連発すれば、8号車たちの両手に握られたペンライトも、前後左右に振られ、グルグル素早く回され、止まることなく舞い踊った。

イメージカラーの衣装を身にまといキレのあるパフォーマンスを披露した超特急

イメージカラーの衣装を身にまといキレのあるパフォーマンスを披露した超特急


 

「今日この時間を、一緒に居たんだっていう思い出作りをしたいんですけど、協力してもらっていいですか?」とコーイチ。前日に8号車からサプライズを受けたため、この日はメンバーの主導でペンライトを使って文字を浮かび上がらせた。一旦すべてのペンライトをオフにし、指定されたペンライトだけを灯すと、1階席のスタンド一面に片方は「12 24」もう片方は「MERRY X’mas」のピンク色の文字が! カイが「銀河で一番きれい!」と讃える光景に、みんなで感激しきり。そして、この公演のテーマソング「Fantasy Love Train~君の元までつながるRail~」をクリスマスプレゼントとして8号車に贈った。

1階スタンド席には「MERRY X'mas」の文字

1階スタンド席には「MERRY X'mas」の文字


 

楽しい時間はあっという間。最後の一曲を残して、ステージに横一列に並んだメンバーが一人ずつ、8号車への想いを、時に涙を浮かべながら語った。
コーイチ「僕達は代々木で止まるつもりなんかないし、もっともっとこれからも高いところに突っ走っていきたいと思います。みんなの期待を乗せて走っているので、止まるわけにはいきません」
カイ「僕は人生で今までネガティブな感情が無いんです、超特急になってから特に。それは今、支えてくれる8号車のみんなが一緒にいるから。これからも、好きだったり、楽しいっていう感情をもっともっと味わいたいので、みなさんついてきてください。っていうか、ついてこさせます!」
リョウガ「今日という2015年の夢を、たくさんの8号車のみなさんと叶えることができて、本当に嬉しいです。これからも果てしない道のりですが、途中下車は絶対にさせません。もっともっと8号車の輪を広げて、宇宙一多いグループ=超特急になりましょう!」
タクヤ「昨日、いとこが来てくれたんです。そのいとこが、ダンスをやるか夢をあきらめて違う仕事に専念するか悩んでいたんですが、僕達のライブを観て、夢であるダンスをやるっていう覚悟を決めてくれたそうです。たった一人でもいい、誰かのためにステージに立てたことがとても嬉しかったです!」
ユーキ「みなさん一人一人が超特急のメンバーなので。東京ドームという大きな夢を持っていますが、そこへみなさんと一緒に笑顔で!“君の終着駅は笑顔”ということなので(今日は)笑顔で最後はみんなとお別れして、また次に繋がる日々を過ごしていけたらいいなと思っています」
ユースケ「この笑顔ですよ、その笑顔が僕達を幸せにしてくれているんですよ!途中ね、くじけそうになるときもありますけど、元気担当は元気担当らしく元気と笑顔と幸せと勇気と愛と、えーっと、届けます!」
タカシ「普段、仕事とか学校とか、いろいろ8号車も大変な日々を過ごしていると思うんですよ。なのに、このクリスマスイヴ、めっちゃ大事な日にこんなにもたくさんの8号車が集まってきてくれて、俺はめちゃくちゃ嬉しいです。改めて8号車ってホンマに素敵なメンバーやなって思います!」
「まもなく丸4年経とうとしていますが、結成当初からずっと変わらないこと、それは8号車のことを一番に考えて今までやってきたということです。ずっとずっとみんなのことを想っています」と最後にコーイチがまとめた。ラストソング「Starlight」を歌うスクリーンには、それぞれメンバーの映像に重ねて、手書きのメッセージが映し出された。

暗転した会場に、アンコール代わりの「超特急」コールが大きく響き渡った。パーカーに着替えたメンバーが最後に「Signal」を歌い、全力のパフォーマンスで応えた。曲が終わると突然、大型スクリーンに遠藤憲一&渡部篤郎が登場し、連続ドラマ「お義父さんと呼ばせて」主題歌に超特急の新曲「Yell」が決まったとのサプライズ発表!(センターはタクヤに決定) 「2016年はどうなるんでしょうか? みなさんお楽しみに!」と言い残し、メンバーが長い長いお辞儀をしてステージを去った後、さらに大型スクリーンで来年3月19日から始まる、春の全国ツアーが発表された。代々木第一体育館の2日間で計2万5000人を動員し、汗と涙と笑いと感動を詰め込んで、大成功となった超特急のコンサート。ライブはもちろん、2016年はもっともっと活躍の場が広がりそうな彼らから、目が離せそうもない。


文=下村祥子

2016年の活躍に期待の超特急

2016年の活躍に期待の超特急

イベント情報
超特急 LIVE TOUR 2016 Syncronism

3月19日(土)
【静 岡】富士市文化会館ロゼシアター 大ホール
3月21日(月・休)
【滋 賀】滋賀県立文化産業交流会館
4月3日(日)
【大 阪】オリックス劇場
4月15日(金)
【東 京】NHKホール
4月29日(金・祝)
【宮 城】電力ホール
5月1日(日)
【大 阪】大阪国際会議場メインホール
5月4日(水・祝), 5月5日(木・祝)
【愛 知】愛知県芸術劇場大ホール
5月7日(土)
【北海道】札幌市教育文化会館大ホール
5月20日(金)
【福 岡】福岡市民会館 大ホール
6月10日(金)
【神奈川】パシフィコ横浜 国立大ホール

 

 

リリース情報

Fantasy Love Train
〜君の元までつながるRail〜


12/23・24に代々木第一体育館で開催された超特急ワンマンライブのテーマ曲「Fantasy Love Train〜君の元までつながるRail〜」の配信が緊急決定!12/29(火)から2/14(土)までLINE MUSICで独占配信される。

<配信楽曲タイトル>
「Fantasy Love Train〜君の元までつながるRail〜(2016バレンタインデーまでの期間限定版)」
<配信期間>
2015年12月29日(火)0:00〜2016年2月14日(土)23:59まで
※配信開始時間については、0:00ちょうどでからはなく、0:00を過ぎてからになる可能性があります。
<配信サイト>
LINE MUSIC

・LINE MUSICは月額定額制の聴き放題サービス。
・250万曲以上を「いつでも どこでも 好きなだけ」
・スタンプのように友だちに音楽をLINEして、トークから聴ける。
・会員登録なしで30秒の試聴を楽しめ、LINEのトークにシェアできます。
※「30days freeキャンペーン」実施中
新規でアプリインストール+ログインすると、全楽曲・全機能を無料で体験できる「30日間聴き放題チケット」をプレゼント!
※「さらに30日間無料キャンペーン」実施中
初回の料金プラン登録時に、プラス30日間分のご利用チケットを無料でプレゼント!
※対応端末:iPhone/Android
※App Store(iPhone)、Google Play(Android)でアプリをダウンロードしてご利用ください。
App Store
Google Play

 

 

シェア / 保存先を選択