ニコラス・ウィンディング・レフン監督らが審査委員に 第6回マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバルがスタート

ニュース
イベント/レジャー
アート
2016.1.18
『マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル』

『マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル』

画像を全て表示(5件)

最新のフランス映画を世界中に紹介するオンライン映画祭『マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル』(略称:myFFF)1月18日からスタートした。会期は2月18日まで。

ユニフランス・フィルムズが主催する同映画祭では、日本語を含めた10カ国語で多数の作品を各動画サイトで配信している。第6回目の開催となる今回は、若手監督の作品を中心に長編および短編映画各10本がコンペティション部門に出品される。また、コンペ外ではフランス語圏ケベックの作品も短編長編各1本ずつ、クラシック作品が1本配信となる。なお、日本国内で配信される長編映画は9本、短編は10本とのこと。全ての短編映画は無料での鑑賞できる。

長編作品では、若手女優アナイス・ドゥムースティエ(フランソワ・オゾン監督『彼は秘密の女ともだち』ほか)主演の2作品『カプリス』『彼らについて』や、『イヴ・サンローラン』の演技で注目されたピーエル・ニネ出演『年下のカレ』、『黒いスーツを着た男』のカトリーヌ・コルシニ監督の最新ラブストーリー『美しい季節』、極右的な思想にのめり込む若者たちの人生を描いた社会派『フレンチ・ブラッド』など、話題作がラインナップされている。

『カプリス』

『カプリス』


 
『彼らについて』

『彼らについて』


 
『年下のカレ』

『年下のカレ』


 
『美しい季節』

『美しい季節』

会期後には、観客賞も発表。くわえて、ニコラス・ウィンディング・レフン(『ドライヴ』『オンリー・ゴッド』)、マルジャン・サトラピ(『ペルセポリス』)ら国際的な映画監督が審査員をつとめる審査員賞も発表される。

日本国内配信作品は以下のとおり

コンペティション部門 長編作品 
『彼らについて/À trois on y va』 監督:ジェローム・ボネル 
『美しいとき / La Belle saison』 監督:カトリーヌ・コルシニ 
『砂の城 /Les Châteaux de sable』  監督:オリヴィエ・ジャアン 
『フレンチ・ブラッド/ Un Français』 監督:ディアステム 
『年下のカレ / 20 ans d’écart』  監督:ダヴィッド・モロー 
『カプリス / Caprice』 監督:エマニュエル・ムレ
『ブラインド・デート /Un peu, beaucoup, aveuglément』 監督:クロヴィス・コルニアック
『熱風 /Coup de chaud』 監督:ラファエル・ジャクロ 

ケベック映画招待作品 
『アンリ、アンリ /Henri Henri」』 監督:マルタン・タルボ 

コンペティション部門 短編作品 ※すべて無料配信 
『最後の扉 /Dernière porte au sud』 監督:サシャ・ファイネール 
『男 女を求む /H recherche F』 監督:マリナ・モシュコヴァ 
『日曜の昼食 /Le Repas dominical』 監督:セリーヌ・ドゥヴォー 
『ダイ・ヤング / Essaie de mourir jeune』 監督:モルガン・シモン 
『夜のさまよい / Errance』 監督:ピーター・ドゥルンチス
『サラの夏/Belle gueule 』 監督:エマ・ベネスタン
『僕のウルフガール/Jeunesse des loups garous』  監督:ヤン・ドゥラトル
『ドラゴンの最期 /La Fin du dragon』 監督:マリナ・ディアビ
『ファースト・マッチ /Les Filles』 監督:アリス・ドゥアール 

ケベック招待作品 短編
『みんなビッチ /Toutes des connes』 監督:フランソワ・ジャロ

また、1 月22 日〜24 日まで、アンスティチュ・フランセ東京(飯田橋)にて同映画祭の関連イベントも開催。こちらでは過去のmyFFFから話題となった長編3作および、最新配信作品よりエマニュエル・ムレ監督『カプリス』、短編3作を特別にスクリーンにて上映。
1月18日~2月6日の期間にはcafé decinéma(www.facebook.com/cafedecinema/)とのコラボレーションで、都内3ヵ所での上映イベントも開催される。各会場で短編・長編など上映作品が異なるので、詳細は各サイトでチェックしよう。

イベント情報
第6回マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル

配信サイト:myFFF 公式サイト(www.myfrenchfilmfestival.com
iTunes(長編のみ)
GooglePlay
Amazon.co.jp
青山シアター(http://aoyamaOtheater.jp/
VIDEX(http://www.videx.jp/
GYAO!(http://gyao.yahoo.co.jp/、短編のみ)

モバイル:ぷれシネ(www.facebook.com/precinema/, iOS アプリ、短編のみ)
SHUUN(ソフトバンクモバイルサイト、短編のみ) ほか

開催日程:2016 年 1月18 日~2月18日(視聴権購入期限)

料金:公式サイト 長編映画 1 作品:1.99€、全話パック:5.99€。短編無料
その他配信サイト 長編 1 作品 HD500 円、SD400 円 全話パック HD1,500 円、SD1,000 円
*視聴料金は変更になることがございます。
*配信作品はサイトにより変更になることがあります。
*短編作品はすべて無料配信となりますが、配信サイトによっては月額使用料等がかかる場合がございます。

主催:ユニフランス・フィルムズ
日本語字幕協力:映画美学校 映像翻訳講座

 

イベント情報
スクリーンで見よう!マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル

会期:1 月 22 日(金)~24 日(日)
会場:アンスティチュ・フランセ東京

上映予定作品:『イースタン・ボーイズ』(ロバン・カンピヨ)
『呼吸—友情と破壊』(メラニー・ロラン)
『ギャロップ』(ルイ=ドー・ドゥ・ランクザン)
第6回 myFFF 配信作品より長編1本、短編23本(上映作品は 1月18日発表予定)
料金:会員 500 円、学生 800 円、一般 1,200 円

チケット販売時間:上映当日各回の 1 時間前から上映開始 20 分後まで。チケット販売時間内に当日すべての回のチケットをご購入いただけます。

主催:アンスティチュ・フランセ東京、ユニフランス・フィルムズ
詳細 :( http://www.institutfrancais.jp/tokyo/eventsOmanager/cinema1601220124/ )
問い合わせ:アンスティチュ・フランセ東京:03-­‐5206-­‐2500(代表)

 

イベント情報

Café de cinéma企画上映会

①会場:Amulet-­‐d and Gallery(渋谷のんべい横丁)
日時:1 月18 日(土)19:30〜、21:30〜 ※2 回上映
作品:myFFF短編出品作品より、『最後の扉』、日曜の昼食夜のさまよいダイ・ヤングみんなビッチを上映予定
※上映タイトルは予告なく変更する場合もあります
定員・料金:各回5-­‐6 名/1500 円(1 ドリンク付き)
詳細:https://www.facebook.com/events/771123289660024/

②-­‐1 会場:自由が丘Krasso café
日時:1 月30 日(土)15:00〜
作品:長編ブラインド・デート(監督:クロヴィス・コルニアック)
定員・料金:30 名/2500 円(お茶+軽食付き)
詳細:https://www.facebook.com/events/447252312152194/

②-­‐2 会場:自由が丘Krasso café
日時:2 月6 日(土)18:00〜
作品:短編出品作品より男は女を求む日曜の昼食サラの夏ファーストマッチを上映予定
※上映タイトルは予告なく変更する場合もあります
定員・料金:30 名/1500 円(1 ドリンク付き)
詳細:https://www.facebook.com/events/960022774051089/
主催・問い合わせ:café de cinéma 090-­‐9806-­‐9776
URL: www.facebook.com/cafedecinema

 

シェア / 保存先を選択