高島屋が贈るバレンタイン「アムール・デュ・ショコラ」


新宿高島屋は1月28日(木)から2月14日(日)まで、11階特設会場でバレンタイン企画「アムール・デュ・ショコラ」を開催する。

最新トレンドからこだわりの老舗まで、世界のチョコレートが集結する「アムール・デュ・ショコラ」。年に一度の“ショコラの祭典”として、日本初上陸の名店や、一流パティシエが織りなす味わいが楽しめる。バラエティ豊かなラインアップから、高島屋限定販売のチョコレートを紹介。

■ 日本初上陸!ジュネーブの老舗が登場

スイス・ジュネーブで最も長い歴史を持つ老舗といわれる、1875年創業のデュ・ロンヌが日本初上陸。「ビークッシュ・ホワイト」(4個入り・2484円)は、ショコラティエ、ジョン・パスカル・セリニャ氏が高島屋だけのために考案したスペシャリテ。ココナッツやカカオニブを使用したプラリネとガナッシュの2層を、ホワイトチョコレートでコーティングしている。

■ 大切な人へ“ショコラブーケ”を

フランス国内に約40店舗を展開する有名店、ラトリエ・ドゥ・ショコラは「バレンタインブーケ」(約100g入り・2916円)を販売。ブランドの看板といえる薄型のショコラは、アーモンドやクランベリー、ミルク、マーブルなど豊富な味わいで、パリッとした食感が人気。ブーケのようにラッピングした、高島屋限定のアソートとなっている。

■ 人気店からハートをお届け

ベルギー生まれの人気チョコレート店、ピエール マルコリーニから「バレンタイン セレクション リミテッドエディション ピンク」(9個入り・3456円)が登場。ミルクチョコレートに塩のアクセントを効かせた「アニモ・キャラメル」や、ラズベリーのガナッシュをホワイトチョコレートで包んだ「クール フランボワーズ」など、定番のコレクションに抹茶などの新作3種類を追加。高島屋限定のハートの缶に入れて販売される。

■ スイスから百貨店初登場のショコラが到着

2003年にジュネーブのカルージュ地区で創業して以来、数々の賞に輝くフィリップ・パスクエ氏。伝統的なスイスのチョコレートにフランスのエッセンスを加えた彼のチョコレートは、“洗練された味と香りを持つチョコレートの宝石”と評されている。今回は、バナナ、タンジェリン、チェリー、カカオニブとチョコレートをあわせた、フィリップ・パスクエ「パスクエ セレクション」(約80g入り・3348円)を販売。高島屋のためだけに考案されたスペシャリテだ。

ほかにも新宿高島屋では、「1粒ショコラショップ」を展開。約15ブランド・50種類のチョコレートを、1粒単位でテイスティングできるので、“自分買い”や大切な人へのプレゼント選びに最適だ。試食は1粒130円から500円となっている。【東京ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択