特別来日講座「ショパン最新事情と新原典版」

ニュース
2016.2.5
ジョン・リンク博士

ジョン・リンク博士

ショパンの最新研究を知ることができる講座

近年、ショパンの最新研究による新原典版の出版を開始しているペータース社(Edition Peters)とヤマハが共同プロジェクトとして、特別来日講座「ショパン最新事情と新原典版」を2月15~19日に名古屋、大阪なんば、福岡、横浜のヤマハミュージックリテイリング4店舗で開催する。ペータース社は1800年にドイツで創業した世界で最も歴史のある出版社のひとつで、黄色に黄緑の装飾の枠のデザインが特徴的な楽譜で日本でも親しまれている。

ショパンの楽譜というとパデレフスキ版やここ10年ほどで急速に普及の進んだエキエル版、そしてあらゆる練習方法が提案されているコルトー版などが有名である。しかしペータース社は、近年ショパンの最新研究による新原典版の出版を開始しており、現在はバラード集、前奏曲集、ワルツ集、即興曲集、ピアノ協奏曲 第1番、ピアノ協奏曲 第2番の6タイトルを発売している。5年に一度行われるピアニストの登竜門、第17回ショパン国際ピアノコンクール(2015年)の審査員も務めた、ケンブリッジ大学のジョン・リンク博士がこの新原典版シリーズの校訂責任者を務めており、博士自らが来日して新原典版の出版に至る経緯や他のエディションと異なる特徴などについて解説する。一般にはなかなか触れることのできない、ジョン・リンク博士ならではの研究資料を多用した貴重な内容となるという。

ショパン国際コンクールでのコンテスタントたちがどんなエディションを使用して臨んでいるのかなど、審査員としての立場で見たショパンに関する最新事情をキャッチできる絶好の機会となりそうだ。

イベント情報
ペータース社特別来日講座 ショパン最新事情と新原典版
講師:ジョン・リンク博士(2015年 ショパン国際コンクール審査員)

ヤマハミュージック 名古屋店
■日時:2016年2月15日(月)16:00~18:00
■受講料:500円(税込)
■webサイト:http://www.yamahamusic.jp/shop/nagoya.html​

ヤマハミュージック 大阪なんば店
■日時:2016年2月16日(火)10:30~12:30
■受講料:学生・会員 500円(税込)/一般 1,000円(税込)
■webサイト:http://www.yamahamusic.jp/shop/osaka-namba.html

ヤマハミュージック 福岡店
■日時:2016年2月17日(水)10:30~12:30
■受講料:前売 1,000円(税込)当日 1,200円(税込)
■webサイト:http://www.yamahamusic.jp/shop/fukuoka.html​
 日時:
ヤマハミュージック 横浜店
■日時:2016年2月19日(金)10:00~12:00
■受講料:一般 1,000円(税込)学生 500円(税込)
■webサイト:http://www.yamahamusic.jp/shop/yokohama.html​
シェア / 保存先を選択