ディーン・フジオカ主演のニンジャアクション『NINJA THE MONSTER』が逆輸入公開へ

ニュース
動画
2016.2.2
『NINJA THE MONSTER』 ディーン・フジオカ (C)2015 松竹

『NINJA THE MONSTER』 ディーン・フジオカ (C)2015 松竹

画像を全て表示(3件)

ディーン・フジオカ主演映画『NINJA THE MONSTER』が2月20日から1週間限定で劇場公開される。

『NINJA THE MONSTER』は松竹が若手映画人育成のために発足した「ブルーラインレーベル」において、初めて海外マーケットを狙って製作された映画。NHK連続テレビ小説『あさが来た』で大ブレイク中のディーン・フジオカが主演という注目度から、国内でも問い合わせが殺到し、異例の"逆輸入”公開に踏み切ったとのこと。

同作は、カナダのファンタジア国際映画祭でのワールドプレミアを皮切りに、今年3月末に開催される世界三大ファンタスティック映画祭の一つ、ブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭への正式出品も決定。海外での反響も日に日に高まってきている。

『NINJA THE MONSTER』 森川葵 (C)2015 松竹

『NINJA THE MONSTER』 森川葵 (C)2015 松竹


 

フジオカは、身分を隠して命がけで姫を守り抜こうとする忍・伝蔵を演じる。ヒロイン・幸姫役には、現在放送中の月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』に出演中の若手女優・森川葵が起用されている。また、TBS系ドラマ『下町ロケット』の江原係長役で知られる和田聰宏もキャストに名を連ねている。




監督は『太秦ライムライト』で海外映画祭にて多数の受賞を果たした落合賢。脚本は『超高速!参勤交代』の土橋章宏によるオリジナルとなる。撮影・VFXスタッフはハリウッドから参加し、国を超えたスタッフで製作されている。

中華圏でも活躍し、カンフーを得意とするフジオカがどういったニンジャアクションを見せるのか見ものだ。

映画『NINJA THE MONSTER』は2月20日より1週間限定公開

上映情報

映画『NINJA THE MONSTER』

■ストーリー
忍びは脅威だと危険視され、幕府が「忍者禁止令」を発布。もはや忍は存在しないと思われていた時代。
長野藩の救済を乞う為に江戸へと向かう幸姫(森川葵)ら一行の中には、忍であることを伏せている伝蔵(ディーン・フジオカ)がいた。道中、山へと入っていく一行を襲う“もののけ”が突如現れる。江戸へたどり着かなければ藩を取り潰されてしまう幸姫。命がけの旅。いつしか2人の間には特別な思いが芽生え始めていた。
果たして伝蔵は“もののけ”から幸姫を守り、無事に山を抜けることが出来るのか。そして、二人の切ない運命は――。

原題・英題 :
NINJA THE MONSTER
クレジット :
出演:ディーン・フジオカ 森川葵 和田聰宏
監督:落合賢(『太秦ライムライト』『タイガーマスク』)
脚本:土橋章宏(『超高速!参勤交代』)
音楽:HENDRIK WILLEMYNS
企画・制作:松竹
配給:松竹株式会社メディア事業部

(C)2015 松竹

公式サイト http://ninja-monster.jp/

 

シェア / 保存先を選択