マキタスポーツとDEAN FUJIOKA、松田聖子の名曲カバーも

SPICER
DEAN FUJIOKAとマキタスポーツ

DEAN FUJIOKAとマキタスポーツ

画像を全て表示(11件)

マキタスポーツが3ヶ月に一度のペースで開催している、“自分の一番やりたいことをやる”ライヴ『LIVE@マキタスポーツ』。1月30日(土)に青山CAYで行なわれた本公演には、NHK連続テレビ小説『あさが来た』でも話題の俳優・映画監督、DEAN FUJIOKAと、女優・タレントのYOUがゲスト出演し、トークあり歌ありの贅沢なステージで満員の観客を沸かせた。その当日のオフィシャルレポートが到着した。


今回のライヴは、青山CAYに場所を移したはじめての『LIVE@』シリーズであり、豪華ゲスト陣を携えながら、トーク&音楽で緻密に構成された、まさに稀代のエンターテイナー、マキタスポーツでなければなしえなかったステージであった。全160席の親密な空間で繰り広げられる贅沢すぎるステージだ。
 

セクシーJ

セクシーJ

開演直前、静寂を打ち破るかのように、上半身裸でまわしをつけた、マキタスポーツの弟子である芸人セクシーJが登場。会場が爆笑に包まれる中、浅草演芸場と見まがうような、軽妙な前説を披露。拍手の練習を行い会場の空気をあたためた。

伴奏をつとめるジミー岩崎のピアノをバックに、ギターを手にしたマキタスポーツが登場し本編がスタート。冒頭はザ・ブルーハーツ「情熱の薔薇」を披露。スモーキーな歌声とギターで奏されるマキタ版「情熱の薔薇」は、実はマキタ自身も出演しているNHKの新春大型ドラマ『富士ファミリー』(1月2日O.A)のエンディングテーマに起用された曲だ。縁はそれのみならず、前回の『LIVE@』時に、この曲の作曲・作詞を手がけた甲本ヒロトが来場し、マキタのパフォーマンスに力強いエールを送ってくれたエピソードを語り、ライヴ冒頭にこの曲をチョイスした理由を印象付けた。

マキタスポーツ

マキタスポーツ

スライドで写真を映し出しながら進行する、トークと歌の総合イベント『LIVE@マキタスポーツ』では貴重な秘蔵写真がたくさん観られるのも楽しみのひとつ。ドラマ『富士ファミリー』の出演者集合写真を見せながら、「子供のころ、ベットの上の天井にポスターを貼っていた」ほど少年時代から最も憧れの念を抱いていた女優の小泉今日子と、ドラマの撮影現場ではじめて邂逅を果たした喜びを、口角泡を飛ばして語るマキタのトークで会場はまた爆笑に包まれた。

2曲目はその小泉今日子が1993年に発表した名曲「優しい雨」をマキタの歌声でカバー。切なく寂しい歌詞が、マキタの歌声とあいまって、キョン2バージョンとは異なる表情を浮かび上がらせた。続いて、1月20日にデビューアルバム『矛と盾』をリリースしたマキタスポーツpresents Fly or Die(以下F.O.D)の紹介をしつつ、アルバムの中から「愛は猿さ」を演奏。ラテンのリズムを基調に、マシンガンのように矢つぎ早に繰り出される言葉遊びの数々に、オーディエンスのクラップも次第に熱が入る。

DEAN FUJIOKAとマキタスポーツ

DEAN FUJIOKAとマキタスポーツ

客席の盛り上がりも最高潮の中、いよいよゲストのDEAN FUJIOKAが登場。異様なまでの黄色い歓声がDEANに向けられる様子を見てすねるマキタスポーツだったが、すぐに気を取り直し、トークがスタート。DEANの半生とマキタスポーツの半生を比較しながら振り返り始めた。

DEANは1980年生まれ、マキタは1970年生まれで、ちょうど10歳違いの二人だが、その人生の違いは歴然。海外でバックパッカーをしながらモデルにスカウトされたり、映画監督になったりと、華々しいエピソード満載のDEANの経歴と、「実はいいとも青年隊に応募して落選」「大学時代は引きこもり生活を送っていた」「地元山梨のモスバーガーの“副”店長をやっていた」など地味を極めたエピソードが連続するマキタの、その色合いのあまりの違いに、またもや客席は笑いが絶えない。

DEAN FUJIOKA

DEAN FUJIOKA

実はこの前日、TBSの人気番組『金スマ』ではDEAN FUJIOKA特集が放送され、そこでマキタスポーツも出演したということもあり、その『金スマ』の続編とも言えるようなトークがたっぷり30分ほど展開された。「日本の芸能にとらわれず、DEANが世界に羽ばたくその瞬間がみたい」とマキタからDEANにエールを送ると、その後マキタは退出し、DEANはアップライトピアノに向かい、自身の曲「SWEET TALK」を奏し始めた。繊細なピアノタッチとともに、英語と日本語と北京語を織り交ぜた歌声に、客席の集中力は一気に増した。
 
休憩を挟んで、第2部はDEANに続く2人目のゲスト、女優のYOUが登場、テレビ東京のドラマ『ラストドクター』で競演して以来の付き合いという二人による息の合ったトークが始まる。

YOUとマキタスポーツ

YOUとマキタスポーツ

初めて会ったDEAN FUJIOKAをYOUは「すごく真面目な人。まるで銀行員のよう」と形容。さらに芸能時事ネタを放送禁止スレスレに展開しながら、やがて「音楽じゃんけん」がスタートした。お互いの「この曲のここが気持ちいい」パートを実際に音をかけながら出し合うこの企画。マキタはデヴィッド・ボウイと島津亜矢、YOUはザ・キンクスとブランキー・ジェット・シティをチョイス。さらに二つ目のお題「外人に見つかったらマズイ歌手」では、マキタはTHE ALFEE、YOUはさだまさしをチョイス。互い劣らずの名うての音楽ラヴァーである二人による、ひねくれた愛情たっぷりの解説とともに展開し、勝敗つかずの引き分けに終わった。

YOU退場後はふたたびマキタスポーツのオンステージ。マキタが「昔から大好きな曲」という、SMAPの名曲「俺たちに明日はある」のカバーから始まり、さらに、F.O.Dのアルバム『矛と盾』の中から、異色の1曲「普通の生活」を披露。マキタスポーツという存在の本質がむき出しになったような、自分自身の心情をつまびらかに詩曲にこめたこのナンバー、マキタがギターを爪弾きながらとつとつと歌い上げる様子に、客席は思わず静まり返った。

「アンコール入れて3曲になりました」とアンコールの存在をばらしつつ、本編最後に歌うのは同じ『矛と盾』から「ダーク・スター誕生」。熱い歓声を浴びながら本編は終了した。

アンコールでは、マキタとともに、ギターを携えたDEAN FUJIOKAが再登場。二人のDUOで松田聖子の「SWEET MEMORIES」が披露された。「ぶっつけ本番で望んだ」(DEAN)という二人のコラボは、「急なソロまわしのお願いとかあってもごめんね」(マキタ)などと無茶ぶりを予感させてDEANを困らせながらスタート。1番はマキタが、2番はDEANがそれぞれ歌唱を担当。間奏部前、まさにマキタが「ギターソロお願い」と無茶ぶりを向けると、DEANは臆することなくフリーキーなソロまわしを披露し、客席は今日一番の盛り上がりとなった。

マキタスポーツ

マキタスポーツ

さらに、アンコール2曲目にしてこの日最後の歌に、マキタのモットーとも言えるナンバー「俺の歌」を熱唱し、DEANファンやYOUファンからも熱い拍手を引き出しながら、ライヴは幕を閉じた。

音楽を自分の本籍地としながら、新しい真のエンターテイメントを追求しているマキタスポーツ。その“いま一番やりたいこと”が最良のかたちで封じ込められているのがこの『LIVE@マキタスポーツ』だ。芸能界、音楽界はじめ、広い交友関係をもつマキタだから実現できる旬のゲストの招聘はじめ、いま名エンターテイナー・マキタでしかできないことがここで観られるのがなによりの魅力だ。次回の『LIVE@マキタスポーツ』は4月10日、同じく青山CAYで行なわれる。

マキタスポーツ

マキタスポーツ

 
シェア / 保存先を選択