今年リニューアルした『バレンタイン・ナイト2016~Concert of Love~』をレポート

SPICER
※写真はイメージです  © Disney

※写真はイメージです © Disney

千葉県浦安市の東京ディズニーシーで先月22日より開催されたバレンタインのショー『バレンタイン・ナイト2016~Concert of Love~』。今年リニューアルした新ショーを、自称SPICEイチのディズニー好きであるシマザキがレポートする。

昨年、東京ディズニーシーで8年間公演が続いたショー「バレンタイン・ナイト」がフィナーレを飾り、同パークが開園15周年を迎える2016年、『バレンタイン・ナイト2016~Concert of Love~』として装いも新たに再始動した。「恋人たちのイベントなんじゃ…」と臆する向きもあるかもしれないが、実に、ここ東京ディズニーシーで楽しめる豪華なオーケストラ生演奏とシンガーの歌声によるステージは、恋人たちだけのものにしておくのは非常にもったいない。

新ショーでは、初演よりテーマ曲として愛され続ける「Season of the Heart」に加え、甘美なメロディーが印象的な新曲「Love is Wonderful」が仲間入り。開演前は舞台上のセットと写真撮影に勤しんでいたゲストたちも、一瞬にしてその世界観に引き込まれていく。会場の「ブロードウェイ・ミュージックシアター」はロマンチック・ムード全開だ。

と思いきや、ここでは客席は「恋人たち」の限りではないことを、声を大にしてお伝えしたい。
友人同士はもちろんのこと、親子、姉妹などそれぞれの「大切な人」と共に鑑賞してOK。
そんな空気を感じさせてくれるのが、このスペシャルショー内で行われる大人気コーナー。事前にショー参加ゲストから募集したメッセージを、ミッキーやミニーをはじめとするディズニーの仲間たちがステージ上で紹介してくれるもので、メッセージの内容によってさまざまなリアクションを繰り広げるミッキー&ミニーたちのかわいすぎるパフォーマンスは、間違いなくこのショーを楽しむ大きなポイントの一つである。その愛くるしさにやられて毎年訪れるゲストも少なくないようで、読みあげられるメッセージの中には、誕生日やプロポーズなど、この「バレンタイン・ナイト」と共に人生の節目を迎えている方たちも多く見受けられた。

また、例えばかけがえのない親友へと贈られるメッセージとともに演奏される、映画『トイ・ストーリー』の主題歌「君はともだち」など、そのメッセージのテーマごとに異なる演奏にも注目してほしい。
作品ひとつひとつの世界観ありきで楽曲が作られる「作品至上主義」のディズニー楽曲は、性別や年齢、なにもかもが違ったとしても、いつの日も私たちの心に同じ物語を思い描かせてくれる。それが、メッセージに込められた想いや背景をより濃く、深いものとして、いっそうの感動を誘うのだ。

と、ここまでは観る者としての感想を述べてきたが、想像してみてほしい。
大切な誰かへのメッセージに、ディズニーの仲間たちによるパフォーマンスや、感動を誘う生演奏がつくかもしれないなんてそんな贅沢な贈り物があるだろうか?
ショーに参加する際には、ぜひとも大切な誰かへメッセージを贈ることをオススメする。

さらに、今年からはディズニー映画『塔の上のラプンツェル』のラプンツェルとフリン・ライダーが登場して、映画のワンシーンを再現するかのような幻想的なショーでゲストを魅了。「いつか見たい」と、ランタンが彩る夜空に想い焦がれていた(※いつかモデルとされているタイのコムローイ祭りに行くことが夢である)シマザキは、思わずして夢が叶ったその瞬間に涙するほかなかった。

続くディズニープリンセスとプリンスのシーンでは、『美女と野獣』を皮切りに、『リトル・マーメイド』、『眠れる森の美女』、『白雪姫』、『シンデレラ』のプリンセスとプリンスたちが、女の子ならおそらく誰もが夢に見た、ロマンチックで華麗なダンスを各々の名曲に乗せて披露した。

バレンタイン・ナイトの世界観、ロマンチックなムードが少しは伝わっただろうか?
今年は、迂闊にも大切な人へのメッセージを送りそこねてしまったシマザキ、来年こそは、、、とプロメテウス火山に誓いながら東京ディズニーシーを後にした。。。。

シェア / 保存先を選択