内博貴のラップは100点満点中3点!? KREVAの音楽劇「最高はひとつじゃない 2016 SAKURA」

SPICER
「最高はひとつじゃない 2016 SAKURA」

「最高はひとつじゃない 2016 SAKURA」

2011年、2014年とシアタークリエにて全ステージ満員となる大好評の中幕を閉じたKREVAの新しい音楽劇「最高はひとつじゃない」 2016年春、東京芸術劇場に場所を移し、新たな物語と常識の枠を超えたキャスティングで「最高はひとつじゃない2016 SAKURA」が上演される。
26日(金)、本作の製作発表が都内で行われ、KREVA、内博貴、増田有華、綿引さやか、AKRO、ブラザートム、Mummy-D(ライムスター)、小西真奈美が出席した。

タイトルにもあるとおり、桜が咲き誇る季節に「さくら」を題材としたストーリーとテーマで作り出す新しい舞台。今回、主演を務めるのは内博貴。内とKREVAが本作でユニット「ウチクレバ」を発足し、メディアへの露出も含め「新しい音楽劇」のプロモーションを行うという。

KREVA「最高はひとつじゃない 2016 SAKURA」

KREVA「最高はひとつじゃない 2016 SAKURA」

今回の舞台に向けて、楽曲を書き下ろしたというKREVA。「『さくら』というタイトルで、桜が咲いて、やった!というのではなく、桜が散ることをポジティブに変えられるような歌にしたいと思っている。あと、内くんと二人でしっかり歌えるようなものを、と思っています。いい歌です!」とアピール。

また、「今回、多彩な顔触れの中にラッパーが3人いるということは誇らしいこと」と語るKREVA。その名だたるラッパーに囲まれる中で「ラップに挑戦する内くんの心情たるや・・・お察しします」と続けると「察してください」と笑いながら返す内。今回ラップに初挑戦するという内は、すでにKREVAと事前練習をしているが、その段階では「100点満点中3点」との辛口評価。「稽古の中で100点に近づけていきたい。(KREVAの楽曲を)聴くのとやるのとは違うんです!」と力説した。これに対してKREVAは、「内くんのように場数をたくさん踏んでいる人ならば、ラップの歌詞がセリフの一部のように出していけるようになれば大丈夫」と励ましていた。

ラッパーとしてステージ上で活躍はしているものの「日ごろ自分を演じることしかしていないので、他人を演じることがどれだけ難しいか」と語ったのはMummy-D。「同じステージ上にいても、普段と使う筋肉が違うような気がします」そして、KREVA作品に初出演となるAKROは、「自分の口調に感情を乗せるというのがなかなかしっくりこない。今そこに苦労しています」とコメント。「レ・ミゼラブル」でエポニーヌ役を務めてきた綿引は「ラップを聴いていると音程を音符にしてしまう。ファファソファファとか音で聞こえてきちゃうので、KREVAさんがいうように『言葉を発する』というところを目指したい」増田は「ラップは音程の中に自由に言葉を当てはめることができる。10パターン、20パターンと自分のレパートリーが増えてくるので、楽しいけれど、その分レパートリーが増えれば増えるほど自分に欲が出てしまう。どこで折り合いをつけるか、葛藤しています」とそれぞれに今の心境を語っていた。

Mummy-D「最高はひとつじゃない 2016 SAKURA」

Mummy-D「最高はひとつじゃない 2016 SAKURA」

AKLO「最高はひとつじゃない 2016 SAKURA」

AKLO「最高はひとつじゃない 2016 SAKURA」

綿引さやか「最高はひとつじゃない 2016 SAKURA」

綿引さやか「最高はひとつじゃない 2016 SAKURA」

増田有華「最高はひとつじゃない 2016 SAKURA」

増田有華「最高はひとつじゃない 2016 SAKURA」

ブラザートムは「いい時代になりましたね。ラッパー・ダンサーというのは食べられない職業でした。カーティス・ブロウなどを聞いてラップを初めた人が『これはなんだ?スクラッチって何だ?』と言っていた時代があったんですが、今やラップをする人がメインでやれるようになった。非常にうれしい」とマジメに語りだすも、「最近、音源と台本をいただいたが、KREVAという人の才能に“一昨日”びっくりしました」とコメントすると「一昨日か・・・」と笑い出すKREVA。「僕らの世代がソウルに最初にひっかかった世代だと思うので、僕らと同じくらいの年代の人が観にきてくれたらな」と改めて語るブラザートムだった。

ブラザー・トム「最高はひとつじゃない 2016 SAKURA」

ブラザー・トム「最高はひとつじゃない 2016 SAKURA」

今回4年ぶりに本格舞台に出演する小西。「正直ラップの定義が今もわからないが、KREVAさんに頑張ります、と伝えたら、頑張らなくていい、そのままでいい、と言っていただいた。私のラップは特殊というか独特らしい。難しいのは息継ぎをどこでしたらいいのかということ」とこぼすと「息しないと死んじゃうよ」「息は吸ったほうがいい」と周りから小声でフォローが入り、たまらず笑い出していた。

小西真奈美「最高はひとつじゃない 2016 SAKURA」

小西真奈美「最高はひとつじゃない 2016 SAKURA」

この日、「桜色の何かを身に着ける」というドレスコードがあったというキャスト陣。会見中、何度も笑いあい、誰かの言葉にうなずき合う、まるで長く付き合ってきた「仲間」のような空気感。彼らが織りなす作品が花咲くその日が待ち遠しい限りだ。

☆本作に出演する綿引さやかに単独インタビューを敢行。後日お届けします!

 
公演情報
KREVAの新しい音楽劇
「最高はひとつじゃない2016 SAKURA」


東京公演
■日程:2016年3月25日(金)~4月3日(日)
■会場:東京芸術劇場プレイハウス (834席×14ステージ)
■一般発売:2月28日(
)10:00

大阪公演
■日程:2016年4月8日(金)~4月10日(日) (5回公演 予定)
■会場:森ノ宮ピロティホール
■一般発売:2月28日(
)10:00

■音楽監督:KREVA
■原案:町田誠也
■脚本:野村昌史、馬場巧
■演出:野村昌史、田村敦史、馬場巧

■出演:
KREVA、内博貴、増田有華、綿引さやか、
AKRO、ブラザートム、Mummy-D(ライムスター)、小西真奈美 ほか

■公式サイト:http://www.kreva-ongakugeki.jp/


シェア / 保存先を選択