熊川哲也オーチャードホール芸術監督 presents 『オーチャード・バレエ・ガラ〜JAPANESE DANCERS〜』

ニュース
クラシック
舞台
2015.7.27
 Head shot by Daisuke Hayata

Head shot by Daisuke Hayata

世界で活躍する日本人ダンサーたちが集結

 毎年バレエ公演が集中するのが日本の夏。特に今年は、さまざまな切り口で企画されたガラ公演が目立つ。その中でも、昨今のバレエ界の状況を反映しているといえるのが、海外の主要カンパニーで活躍する実力派の日本人ダンサーが集結する、この公演ではないだろうか。

 バレエが日本に入って100年余り、今や世界の様々なカンパニーに日本人ダンサーが所属し、プリンシパル、ソリストなどカンパニーの主要ダンサーとして活躍する者も少なくない。個性を生かしながら、さらに成長していくことができるカンパニーで踊り、その国や都市の歴史・文化を肌で感じながら、自身を磨き続けている彼らだが、残念なことに日本で踊る機会には恵まれていない。今回のガラ公演は、彼らが日本で舞台に立つ貴重なチャンスとなる。

 総合監修は、オーチャードホール芸術監督の熊川哲也。英国ロイヤル・バレエ団で活躍しながら、日本でのステージを大切にしてきた熊川は、故国の舞台に立つ経験が、才能あふれる若き俊英たちをどれほど鼓舞し、成長させるかを身をもって知っているのだ。

 注目されるのは、その演目だ。ロイヤル・バレエ、ウィーン国立バレエ、ボストン・バレエ…、各カンパニーの特徴あるレパートリーはもちろん、日本人のみによる上演は世界初となるフォーサイス振付『精密の不安定なスリル』など、カンパニーを超えた共演も企画されている。

 観客にとっても、そしてダンサーにとっても、日本のバレエが新たな局面に向かっていることを実感するガラ公演になるのではないだろうか。

文:守山実花
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年7月号から)

公演情報
熊川哲也オーチャードホール芸術監督 presents
『オーチャード・バレエ・ガラ〜JAPANESE DANCERS〜』


日時:8/1(土)13:00、8/2(日)13:00
会場:Bunkamuraオーチャードホール
問合せ:Bunkamuraチケットセンター03-3477-9999
公式サイト: http://www.bunkamura.co.jp

出演:
崔由姫(ロイヤル・バレエ ファースト・ソリスト) 
平野亮一(ロイヤル・バレエ ファースト・ソリスト) *2日のみの出演 
金子扶生(ロイヤル・バレエ ソリスト) *2日のみの出演 
橋本清香、木本全優(ウィーン国立バレエ ソリスト) 
倉永美沙(ボストン・バレエ プリンシパル) 
平田桃子(バーミンガム・ロイヤル・バレエ) *1日のみの出演 
飯島望未(ヒューストン・バレエ ソリスト) 
三野洋祐(ロイヤル・ウィニペグ・バレエ ソリスト) 
椿井愛実(ロイヤル・ウィニペグ・バレエ アーティスト) 
猿橋賢(イングリッシュ・ナショナル・バレエ ファースト・アーティスト) 
松井学郎(ノルウェー国立バレエ プリンシパル) 
野村千尋(ノルウェー国立バレエ アーティスト) 
奥野凜、堀内尚平、吉田周平(ルーマニア国立バレエ ファースト・ソリスト) 
杉野慧(Kバレエ カンパニー ファースト・アーティスト) 
山本雅也(Kバレエ カンパニー アーティスト) 
金原里奈(2015年ローザンヌ国際バレエ・コンクール受賞) 

ヴァイオリン:成田達輝 
ソプラノ:坂井田真実子 *1日のみの出演 
オルガン伴奏:石井里乃 *1日のみの出演 

ほか 

※熊川哲也は総合監修となり、作品に出演いたしません。 
※公演は8月1日、2日とそれぞれ一部演目が変更になる可能性がございます。 
※出演者・演目は2015年6月25日現在のものです。出演者の病気や怪我等、やむを得ない事情で変更となる場合がございます。
※曲目・演目につきましては、公式ホームページにてご確認ください。


WEBぶらあぼ
シェア / 保存先を選択