Swimy メジャーリリース1作目で伝えたかったメッセージとは

SPICER
Swimy

Swimy

画像を全て表示(7件)

本日3月2日に、メジャーファーストシングル「あっちむいて」をリリースしたSwimy。今作は、アニメ『銀魂゜』のエンディングテーマとなっている。
「ひとつのゴールとスタートを同時に迎えた感覚」(Takumi)。周囲の急速な変化に戸惑いながらも彼らなりに歩み、辿り着いた一つのゴール。そしてメジャーという新たなステージの幕開け。今までとこれからのSwimyに迫ったインタビューをお届けします。

――メジャーデビューということで、あらためて結成から現在までを踏まえ、自分たちは今どういった状況にあるとお考えですか?

Takumi(Vo/Gt):アニメ『銀魂゜』のタイアップも決まったので、それで知ってもらえることも増えて。デビューから大きなタイアップがついて、ソニーからメジャーデビューです……って「順風満帆やね!」っていうようなことをよく言われるんです。近い人からも、遠い人からも。だけど、僕らはあまり変わってるイメージはなくて。このメンバーでやりだした当初から、ずっとジタバタしながらやってきたので。まぁ相も変わらず、ジタバタしながらやっているんですけど(笑)。バンドの始まりって、「僕らだけでやる!」っていう環境じゃないですか。そこから多くの人の手を借りて、手を差し伸べてもらって、いろんな人と一緒にやっていくということに関しては、ようやくちょっと慣れてきた感じはありますね。最初はスタッフさんとミーティングなどで会うだけでも緊張して……。

平成のまお(Vo/Ba):緊張したね(笑)。

Takumi:こういう取材とかはまだ緊張する(笑)。

平成のまお:周りが大きく変わってきているので、最初はそれに戸惑ったんですけど、最近ようやく自分たちだけじゃなくスタッフさんが動いてくれてるから、こういうことがあるとか、いろんなことが分かってきて。でも未だに、ちょっとフワフワしてるかなって思うので、もうちょっとちゃんと、地に足を着けようと自分に言い聞かせてるところです(笑)。

みっけ(Vo/Dr):実感を持たないといけないのに持てない……持ちきれないというか。今ある予定をスケジュール帳に書くので精一杯ではあります(笑)。

タイキロイド(Gt/Cho):ボクモ、トモダチニ「メジャーデビュースルヨ」ッテ、ハナシヲシテイテ、ソレデ、ナンラカノリアクションガカエッテキタノヲキイテ、スゴイコトニナッテキタナッテイウジョウタイデス。

Takumi:ただ、近い先輩とか仲の良いバンドがここ1~2年でどんどんメジャーデビューしていったので、“メジャーデビュー”ということに対して、勝手に親近感が湧いてきていたのはあるんです。僕らの曲がテレビで流れてるっていうことを、わりとナチュラルに受け入れられたような感覚もあって。それより、仲の良いバンドや友達がメジャーデビューする時の方が「すげぇー!」ってなります(笑)。

――2011年の結成当時から、“メジャーデビューしたい”とか“音楽というフィールドで闘っていきたい”という気持ちはあったんですか?

Takumi:ありましたね。

平成のまお:最初から“ずっと音楽を続けたい!”っていう想いはあって。そのためには、それで食べていけるくらいには売れないと悔しいっていう感じに自然となっていって。そこで、ずっとSwimyをやるためにはメジャーに行くという考えもついてくるというか。

――ひとつのステップ、ステージとして夢見ているところではあったと。

Takumi:そうですね。そこは、話していましたね。

Swimy・Takumi 撮影=菊池貴裕

Swimy・Takumi 撮影=菊池貴裕

――今の編成になった時点で、このバンドでやっていきたいという気持ちだったんですか?

Takumi:はい。“このバンドで”っていう気持ちは、このメンバーになって初めて感じました。

平成のまお:私もそうやな。みっけが入って4人になった瞬間に、もうこれで絶対にやっていくぞって感じた。

Takumi:それまで、音楽でやっていきたいと思いつつも、将来の自分がバンドをやってる画が全然浮かばなかったりして、どこかフワフワとやっていたんです。でも、このメンバーになってから、一気に“見えた”じゃないですけど、このメンバーならやっていけるっていう感覚はありました。

――それは音の感じだったり?

平成のまお:もう全部ですね。みっけが入った瞬間に、全部が合わさった感覚なんです。

みっけ:あのときは……大変でしたね(笑)。でも、簡単なことじゃなかったからこそ、トリプルボーカルとか、他がやってない面白いことができてるんかなって思います。

Takumi:彼女が入ったのが一番最後だったんですけど、このメンバーでの初ライヴまで1ヶ月を切ってたんですよ。で、初めて音を合わせたときに、まったく曲にならなくて(笑)。

みっけ:1曲すらまともにできなかったんです……(苦笑)。

Takumi:1曲も通せてないのに、楽観的なんですけど「あ……でも、このメンバーならいける」って感じて。だから僕はすごく嬉しかったんですよ。みっけ本人は、1曲叩ききれないんで、焦って「やばいやばい」ってなってたんですけど(笑)。

みっけ:1人でやるのと、みんなで合わせるのはやっぱ違ったんですよ。

平成のまお:ドラムだけじゃなくて、いきなりコーラスとかさせられてたもんな。

Takumi:あんなボロボロなのに、何かいける気がしたんです。

――タイキロイドさんは、この編成になったときどう感じました?

タイキロイド:ボクモサイショ、ビビットキタンデスケド、デモ、ハジメテアワセタトキニ、ヤバイカモ!ッテイウノハ、ショウジキアリマシタ(一同笑)。コレ、ダイジョウブカナ?ッテイウ、フアンハアリナガラモ、イケルゾト。

平成のまお:男子が不安を必死に隠そうと、内心ではやばいかもって思いながらも、和ませるために「大丈夫、いい感じやん!」って言ってたり(笑)。必死にそう言おうとするけど、顔が引きつってるから、みっけが余計に焦っちゃって(笑)。

みっけ:みんなが必死に声をかけてくれてるけど、「あ、やばいー!」って(笑)。

――そういった状況からバンドが固まってきたと。トリプルボーカルというのはあまりない編成だと思うんですが、どういったところから始まったんですか?

Takumi:それはバンドの原点のところにあるんです。Swimyは、僕とまおが一緒の軽音楽部でバンドを組んだのがスタートなんですけど、当初は別のボーカルがいたんですよ。そこで、僕はギタリストでまおはベーシストとして歌わずにやっていたんですけど、そのボーカルが受験でバンドを辞めることになって。で、どうしようって考えているうちに、ツインボーカルをすることになったんです。

――そこに、まおさんがみっけさんと元々の知り合いっていうのが絡んできたと。

Takumi:そうなんです。歌も歌えるしドラムも叩ける幼なじみがいることを紹介されていたので、高校の卒業と同時にそのメンバーで組もうと思っていたんです。でも、彼女が東京の学校に進学するということで、東京に上京してしまったので、組めずにいたんですね。でもようやく滋賀に帰って来て、一緒にやろうよって。その時、もちろん歌も歌ってもらうよって伝えて。

みっけ:懐かしいなぁ。でも、ドラム叩きながら歌ったことはなかったので、最初は大変でした。

Takumi:まおとみっけは、ユニットで歌ってたんだよね。

平成のまお:小学校のときにね。

――小学校でユニットですか!?

平成のまお:BSのジュニアのど自慢に、2人で出場したりしました。ちゃっかり優勝したりもして(笑)。

――それぞれが歌えるってのを知っていたから、自然とそうなっていったんですね。

Takumi:移動の車の中でも、常に何か歌ったりしてるもんね。

みっけ:セブンイレブンの歌とかをトリプルボーカルでハモってみたり。

Takumi:車中で、1時間以上の道のりをひたすら歌い続けて。

――トリプルボーカルが歌っている間、タイキさんはどうなんですか?

タイキロイド:ボクハ、ウンテンシテマス……。

Takumi:運転に徹してるよね(笑)。

Swimy・平成のまお 撮影=菊池貴裕

Swimy・平成のまお 撮影=菊池貴裕

――なるほど(笑)。そうしましたら、メジャーデビュー・シングル「あっちむいて」についてお聞きしたいんですけど、まず表題曲はどういう風に生まれたんですか?

Takumi:基本的に曲は僕が作るんですけど、楽器も持たずに最初にサビを作るんですよ。で、サビさえ出来てしまったら、曲作りは8割くらい終わっていて。サビを一番大事にしているので、あとはそこについてくるメロディや音をイメージして作っているんです。その時点では、ボイスメモとかに記録はせず、そこから1週間くらい寝かせて……思い出せなくなる可能性もあるんですけど。

――思い出せなかったら、それだけのものだと?

Takumi:そう、それだけのものだと。自分がそれで忘れてしまう曲は、絶対に覚えてもらえない曲だなって。寝かせても思い出せたら、そこでようやくボイスメモに録るんです。なので、「あっちむいて」に関しても、サビの言葉とメロディが最初にあった状態なんですよ。言葉も語呂も、この響きじゃないとあかんなって思っていました。そこに辿り着くにはストーリーもあったんですけど……。

――どんなストーリーがあったんですか?

Takumi:……喧嘩したんですよ。

平成のまお:スタジオでね。

Takumi:で、「出て行け!」って追い出されたんです(笑)。

平成のまお:みんなでスタジオに入ってて、レコーディングがもう4日後くらいに決まっていたんです。

Takumi:でも、出来てない曲が5曲くらいありまして……。

平成のまお:「あの曲どうなったの?」って問いかけるんですけど、Takumiが流すんですよ。もう4日後やし、私たち何にも知らされてへんし、いい加減にしろと思って。作る気ないんやったら出て行ってっていう感じで、私が怒っちゃったんです。そしたら、ほんまに出て行って、帰ってこなくなっちゃって。4~5時間くらい3人で探したりしてたら、家から30kmくらいある……。

Takumi:50kmね! そこ大事だから!(笑)

平成のまお:ごめん(笑)。で、家から50kmくらいあるスタジオやったんですけど、近くに琵琶湖とかあるんで、「死んでるんじゃないか?」と思って。琵琶湖辺りをめっちゃ探したりしてたら、家まで50kmの道のりを足を引きずりながら歩いているTakumiをメンバーが車で見つけて。そのときに思い浮かんだ歌なんです。

Takumi:もう、一心不乱にあっちに行って、こっちに行ってって言いながら歩いてて(一同笑)。僕の体内リズムで理にかなってたというか、身体を動かしてると何かが活性化されて、メロディとかを思いつきやすくなるんです。別にそれを作るために歩いてたわけではないんですけど(笑)。道中、iPhoneの充電も切れちゃっておそろしく暇だったので、気づいたら歌ってて。

平成のまお:連絡つかへんかったもんな。

Takumi:連絡もつかなくて、警察にまで連絡してしまって。

平成のまお:電話した(笑)。3時間くらい経っても本当に見つからなくて、これはやばいと思って。私が出て行けって言ったから責任を感じて警察に電話したら、すごく冷静に「もう20代でしょ? 大丈夫でしょ?」みたいな感じで(笑)。そこで私たちも冷静さを取り戻して。

――そうやって彼が作ったメロディを聴いて、みなさんどう感じました?

平成のまお:「めっちゃ良い!」と思いましたね。すぐに覚えて、何回も歌っちゃって。ということは、初めて聴いた人もすぐ歌える曲なんやっていうので、絶対にSwimyの人気曲になるやろなって大絶賛でした。

みっけ:今までにない曲やなっていう感じで、個人的にドラムを叩くのが楽しみな曲でした。とにかくホンマにサビが頭に残って、「ああ、これはやばいんちゃうかな」っていう予感がしました。

――今までにないというと?

みっけ:強いなって。それまでSwimyの曲って、やわらかなイメージがあったんですけど、「あっちむいて」はそことはまた違って新しいなって思ったんです。

タイキロイド:キャッチースギテ、ボクモシバラクノウナイサイセイガトマラナクナッテシマイマシタ。

Swimy・タイキロイド 撮影=菊池貴裕

Swimy・タイキロイド 撮影=菊池貴裕

――それにしてもすごい誕生エピソードですね。

Takumi:そうですね(笑)。僕自身、歩いているときに心が折れそうになり、最後は足を引きずりながら歩いてました。次の日とか、立ち上がることもできないくらいで(苦笑)。そんな中で生まれた曲なので、だからこそ前向きなものになったのかなと。ここで柔らかくいっちゃうと、心が折れちゃうんじゃないか?っていう感じの強さがあるかもしれないです。

――<あっちむいて こっちむいて>という核の部分は、そんなバックグラウンドから生まれたわけですが、タイアップということで、そこに『銀魂』を意識した構成を加えていったんですか?

Takumi:歌詞もメロディもキー設定も、デモから完成バージョンまでで一番変わった曲ですね。実はこの曲は、「勝手にアニメのテーマ曲を作ろう!」っていうチャンレンジでもあったんです。アニメの制作者さんサイドからオファーがあったとかじゃなくて、僕らが勝手に作ってて、その曲を提出したら、ホントにそのアニメにタイアップが決まったっていう感じなんです。

――タイアップが決まる前から、『銀魂゜』を想定して書いていたんですか?

Takumi:そうですね。なんか、「バンドのタイアップといえば『銀魂゜』」っていう勝手なイメージがあって。僕らもバンドだから、アニメ『銀魂゜』のテーマ曲を作るチャレンジをしてみようって、勝手にやってたんですけど、それを選んでいただけるとは。すっごい低い確率の出来事だよな……と思います。

――『銀魂゜』へのハマリの良さも、メンバー発信で、自発的に作ったというのが大きいかもしれないですね。

Takumi:みっけが今までと違うって言ったのも、その理由があるからかもしれないです。今までの僕っぽい言葉選びというよりは、ちょっと強めなワードだったり、前向きなメッセージだったり、こういうテーマを持ってチャレンジしないと出てこなかった言葉だなと思っていて。メジャーデビューの作品になることが決まって、もっともっと分かりやすいメッセージとか、それプラス、この曲でSwimyを知ってもらうことも多いと思うので、「僕らが何を発信していけるか?」ということにも改めて向き合ったんです。言葉のリズムや歌の勢い、メロディもリズムも、人の背中を押すような楽曲にしたくて。同時に、自分たちの背中も押すような気持ちを込めました。

――だから、強いメッセージを感じさせる楽曲になっているんですね。また、3曲通してのストーリー性もかなりあるように感じたんですけど、全体のテーマなどはどう設計したのでしょうか。

Takumi:メジャーデビューで新しいスタートを切るにあたって、ある意味すごくバンドの初心を考えさせられる機会でもあったんです。Swimyとして、ひとつのゴールとスタートを同時に迎えた感覚なんですよ。そこで、Swimyを始めたきっかけとか、初心を忘れたくないなっていう意味で、Swimyの曲のメロディの心地よさやハーモニーをちゃんと表現したいっていうのはもちろんなんですけど……「本当に自分たちが音楽を始めたときってどうだったっけ?」ということをすごく考えたんです。

――バンドではなくて、初めて音楽に興味を持ったとき、というような?

Takumi:はい。僕は中学校のときにギターを始めたんですけど、音楽自体を始めたのはもっと前やと思って。多分、保育園くらいのときにお遊戯で手拍子しながらとか、適当にとにかく歌を口ずさんだりとか、言葉の意味は知らなくても、その語呂のリズムが好きだったり……それが一番最初だったなって。本当に何も考えずに音を楽しんでいたなって思ったんです。だから、ちゃんと言葉に前向きなメッセージを乗せつつも、純真な気持ちで、ただ言葉のリズムとかメロディだけで楽しめるようにしたい!というようなことはテーマにしました。

――それ、すごく2曲目の「etc」に顕著に出てますよね。軽快な言葉遊びの感じとか。「ゴールでもありスタートでもある」という感情は、3曲目「relAte」の歌詞からもうかがえますし。

Takumi:モロにその通りです(笑)。もう、分かりやすく出しちゃおう!っていうのはすごくあったので。メジャー1枚目なので、“何が表現したいんだろう”ということをわかりやすい形で提示したかったんです。

Swimy・みっけ 撮影=菊池貴裕

Swimy・みっけ 撮影=菊池貴裕

――歌詞やテーマ性はもちろん、3曲ともにアレンジやプレイの面でもすごくカラフルなシングルになっていて。そういう観点からシングルでの聴きどころをお聞きしたいなと。

平成のまお:うわぁー、いっぱいあるな、どうしよ(笑)。

タイキロイド:ボクハ「あっちむいて」ノ、<レトロな街まで>ッテイウセクションガアルンデスケド、ソコノウシロデナッテル、バイオリンミタイナオトノギターヲキイテホシイデスネ。カナリコダワッテツクリマシタ。ゼンゼンダシタコトガナイオトナンデス。

平成のまお:私は「あっちむいて」の1番2番ともに、Aメロでスラップしているんですけど、最初は全然するつもりなくやっていたんです。でも、Aメロを聴いた瞬間に、すごくリズムカルで、ここに更になんかフックを盛り込みたいなと思って、スラップした方がいいんちゃうかなと考えて。でも、実はスラップをしたことがなくて……。レコーディングの1ヶ月くらい前にどうしてもスラップにしたくなったので、猛特訓したんです。なので、ここを是非聴いてもらって、みなさんからの意見が欲しいですね。

Takumi:これからスラップを覚えたい人がいたら丁度いいかもね(笑)。本人が1ヶ月で習得したってことは、これからスラップやってみたい人にも「ここまでできるんだ」って。

みっけ:「あっちむいて」は、Cメロから私も歌っているんですけど、歌うパートのところがドラムも一番難しいっていう。<僕の手が>って歌詞があるんですけど、そこのドラムは叩くのもちょっと苦戦するのにメインで歌うんですよ! そこは耳を澄ませてもらえたら嬉しいです。あと、「etc」はすごく優しくてバラードっぽくも聴こえるんですけど、実はbpm200超えっていう、Swimyの曲の中で一番速い曲なんです。よく聴いたらドラムもチキチキすごく細かくて、頑張ったので是非聴いてもらえたらなって。

Takumi:穏やかなメロで爽やかな曲やのに、手元めっちゃ大変なことになってますから(笑)。ライヴでこれまで1回もやっていないので、怖いけどどうなるか楽しみな曲ですね。
みっけ:ライヴ楽しみです!

――メジャーというフィールドで何が起こっていくのか、リスナーとしてもとても楽しみです。今現在のビジョンとして、どういうバンドになっていきたいと考えていますか?

Takumi:紅白に出たいです。すごく。

みっけ:おじいちゃん喜ぶね。

Takumi:実家の家族に見てもらうには、滋賀県だとNHKとか大きい全国ネットのものじゃないとなかなか見られないっていうのもあって。それくらい、世の中のみんなに周知されるような存在になりたいです。

平成のまお:私もそれと近いんですけど、国民的な、誰もが知っているアーティストになりたいなという気持ちがすごくあります。子供も、おじいちゃんおばあちゃんの世代も、誰もが「この人たち知ってる!」っていう風になりたいです。

みっけ:うん、そうだね。やっぱりライヴもどんどん大きなところに行きたいし、テレビとかタイアップで知ってくれた方にも、生のSwimyの楽しさとか良さを伝えていきたいと思います。

タイキロイド:ボクハムカシカラ、スタジアムナドデライヴヲシテミタイトイウヨッキュウガアルノデ、ソレヲカナエラレルヨウニ、ガンバッテイキマス。

撮影=菊池貴裕 インタビュー・文=矢野裕也

Swimy

Swimy


 
リリース情報
デビューシングル 「あっちむいて」
2016年3月2日発売
Swimy  「あっちむいて」

Swimy  「あっちむいて」


テレビ東京系アニメ「銀魂゜」エンディングテーマ(2016年1月~)
c/w 「etc」「relAte」

初回生産分「銀魂」描き下ろしワイドキャップステッカー仕様
BVCL-703  1200円(税抜)/1296円(税込)
 
All songs written by Takumi
Produced & Arranged by Swimy, keiichi wakui

 

ライヴ情報
3/03(木)渋谷TSUTAYA O-Crest  (18:00/18:30)
3/06(日)阿倍野ROCKTOWN  (17:30/18:00)
3/07(月)名古屋APOLLO BASE  (18:30/19:00)
3/16(水)渋谷TSUTAYA O-nest   (18:30/19:00)
3/23(水)渋谷La.mama  (18:30/19:00)
4/08(金)横浜BAYSIS   (18:00/18:30)
4/27(水)新宿LOFT  (18:00/18:30)
 
シェア / 保存先を選択