寺田倉庫と東京藝術大学アートイノベーションセンター、美術品保存の共同研究を開始

SPICER

寺田倉庫と東京藝術大学アートイノベーションセンターは、美術品の保存の向上を目的とした共同研究を来春より開始する。

美術品保管事業を展開する寺田倉庫は、美術品の劣化を最小限に留め、次世代に受け継ぐことを目的とし、東京藝術大学アートイノベーションセンター、学芸員、修復家および文化財保存学の専門者と共同研究に取り組んでいく予定だ。

これに先立ち、寺田倉庫と東京藝術大学アートイノベーションセンター共同主催のシンポジウム「近現代美術の保存と修復:世界の潮流と日本の課題」が、2016年3月18日(金)に開催される。シンポジウムでは、大原美術館館長の高階秀爾による講演がおこなわれるほか、福井健策弁護士による近現代美術と著作権の関係性についてのトークも開催される予定だ。

 

イベント情報
「近現代美術の保存と修復:世界の潮流と日本の課題」

日時:2016年3月18日(金)13:00~17:30(開場12:30)
会場:東京藝術大学 中央棟 第一講義室(台東区上野公園12-8)
参加無料・要予約・日米同時通訳あり
司会:田中眞奈子(東京藝術大学アートイノベーションセンター特任講師)

●基調講演「近現代美術の保存・修復における課題と展望(仮)」
高階秀爾(大原美術館館長)
●講演「美術作品のコレクションと保存をめぐる新たな環境について-美術館と個人コレクター」
天野太郎(横浜市芸術文化振興財団主席学芸員)
●講演「近現代美術と著作権(仮)」
福井健策(弁護士)
●鼎談「Practice of preservation and conservation treatment of modern and contemporary art works(仮)」
Tom Learner(Head of Science at the Getty Conversation Institute)
Rachel Rivenc(Associate scientist at the Getty Conversation Institute)
塚田全彦(東京藝術大学大学院美術研究科 准教授)
●質疑応答
進行:荒井経(東京藝術大学アートイノベーションセンター副センター長、大学院美術研究科 准教授)
回答者:天野太郎、福井健策、Tom Learner、Rachel Rivenc、塚田全彦 

 

シェア / 保存先を選択