加隈亜衣さん、久野美咲さん、赤﨑千夏さん、種田梨沙さんが感謝! 裏話も飛び出した『劇場版selector destructed WIXOSS』大ヒット御礼舞台挨拶レポート!

『劇場版selector』大ヒット御礼舞台挨拶レポート

『劇場版selector』大ヒット御礼舞台挨拶レポート

 2016年2月16日より公開中の劇場アニメ『劇場版selector destructed WIXOSS』。公開3週目を迎える2016年2月27日(土)に、ファンのみなさんに感謝を伝えるために東京・新宿バルト9にて、大ヒット御礼舞台挨拶が行われました。

 トレーディングカードゲーム『WIXOSS』と同時に制作されたTVアニメ『selector』は、2クールに分かれて放映され、その重厚でダークなストーリーで人気を博しています。そして、TVシリーズを再編集・再制作し、さらに新たなエピソードを加えた作品が、現在公開中の劇場版となっています。

 舞台挨拶には、小湊るう子役の加隈亜衣さん、タマ役の久野美咲さん、蒼井晶役の赤﨑千夏さん、繭役の種田梨沙さんが登壇。さらに、プロデューサー・川瀬浩平氏が司会を務め、豪華な顔ぶれで制作時の裏話やファンの皆様への感謝を述べました。本稿ではその模様をお伝えしていきますが、公開後ということもあり、作中のシーンについてなどの言及もございます。まだ劇場版をご覧になられてない方は、ご注意ください!

■久野さんが、赤崎さんの涙を舐める……!?
 まずは観客のみなさんにご挨拶。なかでも赤﨑さんは、蒼井晶の決めゼリフである「アキラッキー♪」とご挨拶し、観客もそれに「アキラッキー♪」と応える盛り上がりをみせました。加隈さんは、全身白のプリーツスカートに黒いリボン&シュシュで登場し、シロとクロを連想させます。久野さんは、タマの髪の色をイメージさせる衣装に、作中でも印象深い白いシュシュを付けて登場。そして赤崎さんは、青いボーダーのパーカー、種田さんは真っ白なワンピースと、それぞれ演じられたキャラクターの彷彿とさせる衣装となっていました。

 もしかしたら、お客さんが来なくて劇場版が終わってしまうのではないかと危惧していた川瀬プロデューサーでしたが、無事に大ヒット御礼舞台挨拶が開催できたということで、ひとまずみなさんでご安心。劇場版の感想を尋ねられ、ウリス側の視点で楽しめたという赤﨑さんは、なぜか久野さんを見つめはじめます。すると赤崎さんはポケットから、劇中でも印象的深い蒼井晶のボールペンを取り出したのです! 出演者は悲鳴をあげ、観客のみなさんはなぜか拍手を送る一幕に!

 気を取り直し、赤崎さんはラストシーンについて言及。タマがるう子の涙を舐めとるシーンについて「私も“千夏、しょっぱい”って言ってほしかった!」と、劇場で流した涙をその場で舐めとってほしかったとのこと! 突然ウソ泣きを始める赤崎さんに、困惑する久野さんでしたが、赤崎さんの頬をさわって「千夏、しょっぱい!」と、劇中のワンシーンを再現しつつ、赤崎さんの願いに応えていました。

■感動のラストは、もっと地獄に落ちる予定もあった!
 劇場で2回鑑賞したという加隈さんは、1回目はるう子の気持ちで、2回目はタマの気持ちで鑑賞できたという。その2回目で気付けたことも多かったそうで「幼少期のるう子があんなに悩んで買ったアイスクリーム、喜びすぎて落としてるんです(笑)」と、細かなシーンについて話します。続いて、劇場版では繭としてナレーションも務める種田さんは、「本当に神になった気分でした!」と語り、会場からも笑いが起きていました。

 また、加隈さんのお友達が久野さんのお芝居を絶賛していたというお話に、久野さんも感謝。「(TVシリーズの)第2期ではずっと泣きながらアフレコしていたので、それが画面を通して伝わってると思うと良かったなって思います」と、涙を浮かべながら語りました。続けて、やはりラストシーンは加隈さんと久野さんにとって、とても思いが深いシーンとのこと。しかし、川瀬プロデューサーが「脚本の岡田麿里さんと、監督の佐藤卓哉さんと話し合って決めたことですが、僕はだけあのラストは不満だった。……みんな地獄に落としてしまえ! って(笑)」と、より救いのないエンディングを迎えたかったと冗談を言い、出演者全員から「ひどい!(笑)」と怒られる一幕も。

 続けて川瀬プロデューサーは、TVアニメ版との違いについても言及。植村一衣の3回目の負けに、トドメを刺したのは浦添伊緒奈でしたが「ぜーんぶ晶がやっちゃった♪ っていう感じにしました!」と、劇場版ではちゃっかり蒼井晶に変更されていることを明かします。また、ウリスに膝蹴りをお腹に食らう蒼井晶のシーンについて、赤崎さんのうめき声が監督に絶賛されたとのこと。スタッフもそれに応えるように、蹴りの効果音にこだわったことも明かしていました。

 最後には出演者のみなさんが、それぞれお別れのご挨拶。種田さんは「ここからまた世界が広がればいいなって思います!」と語り、赤崎さんも「次なにかあれば、ぜひ晶の物語を!」と、新たなエピソードを待望。加隈さんと久野さんさんは、TVシリーズの最初のころからを振り返り、涙を浮かべつつ『selector』&『WIXOSS』ファンのみなさんへ感謝を述べ、舞台挨拶は終了となりました。
 



◆公開情報
劇場版selector destructed WIXOSS
(読み:げきじょうばん せれくたー ですとらくてっど うぃくろす)
【劇場公開日】2016年2月13日(土)
【公開館】新宿バルト9 ほか全国35館

【スタッフ】
原作:LRIG(WARNER×TAKARA TOMY×J.C.STAFF)
監督:佐藤卓哉
構成・脚本:岡田麿里
キャラクターデザイン:坂井久太
音楽:井内舞子
音響監督:岩浪美和
アニメーション製作:J.C.STAFF
配給:ワーナー・ブラザース映画

【キャスト】
小湊るう子:加隈亜衣
タマ:久野美咲
紅林遊月:佐倉綾音
植村一衣:茅野愛衣
蒼井晶:赤﨑千夏
浦添伊緒奈:瀬戸麻沙美
ウリス:釘宮理恵
幸:日笠陽子
繭:種田梨沙
ほか

>>劇場版selector destructed WIXOSS公式サイト

アニメイトタイムズ
シェア / 保存先を選択