多部未華子が顔面七変化を披露!映画『あやしい彼女』のキュートでコミカルな劇中画像

ニュース
2016.3.15
映画『あやしい彼女』 多部未華子の顔面七変化 ©2016「あやカノ」製作委員会 ©2014 CJ E&M CORPORATION

映画『あやしい彼女』 多部未華子の顔面七変化 ©2016「あやカノ」製作委員会 ©2014 CJ E&M CORPORATION

画像を全て表示(3件)

4月1日公開の映画『あやしい彼女』から、主演・多部未華子のバラエティ豊かな表情をとらえた劇中写真が公開された。

『あやしい彼女』は、毒舌・皮肉屋・頑固と三拍子そろった73歳のおばあちゃんがある日突然20歳の姿に若返り、騒動を巻き起こす物語。主人公の大鳥節子役を多部が演じ、"見た目20歳、中味は毒舌キャラの73歳"という強烈なキャラクターに挑んでいる。

映画『あやしい彼女』 ©2016「あやカノ」製作委員会 ©2014 CJ E&M CORPORATION

映画『あやしい彼女』 ©2016「あやカノ」製作委員会 ©2014 CJ E&M CORPORATION

10代から女優としての道を歩む多部は、本格的な連ドラ出演となった『山田太郎ものがたり』(TBS系)でテンションの高いヒロインを熱演し、コメディエンヌとしての才能を発揮。2015年放送の『ドS刑事』(日本テレビ系)でも、"史上最強のドS刑事"との異名を取る主人公を演じて話題となった。

解禁された劇中画像からは、多部が同作でさらなるコメディエンヌぶり開花させているのがわかる。スカーフをかぶった可愛らしい表情だけでなく、クルクルパーマ&大阪のおばあちゃんばりの柄物ファッションでフラフープを回す姿はインパクト抜群。ほかにも、何かの音に顔を歪ませたり、つまようじを加えながら睨みをきかせたり、ビックリ顔やくしゃくしゃ顔、フライ返しを持ってへの字眉になってみたりと、まさに"顔面七変化"ともいえる、キュートでコミカルな表情を披露している。

多彩な演技を見せる多部だが、本番が始まる前は至って物静か。しかし、カメラが回り始めると、スイッチが入りまるで別人になるのだという。『謝罪の王様』『舞妓Haaaan!!!』を始め、ヒットを連発してきたコメディ映画のプロ・水田伸生監督は、「笑いの間が完璧。何度テストを繰り返しても狂わないのは、天才」と、多部の卓越したコメディセンスを絶賛。

劇中で"最強のコメディエンヌ"多部未華子が見せる魅力たっぷりの七変化に注目だ。

映画『あやしい彼女』は、4月1日(金)エイプリルフールより全国ロードショー

イベント情報
映画『あやしい彼女』
 
©2016「あやカノ」製作委員会 ©2014 CJ E&M CORPORATION

©2016「あやカノ」製作委員会 ©2014 CJ E&M CORPORATION


監督:水田伸生
脚本:吉澤智子
音楽:三宅一徳
劇中歌監修:小林武史
出演:多部未華子、倍賞美津子、要潤、北村匠海、金井克子、志賀廣太郎、小林聡美
配給:松竹
原作映画:「Miss Granny」(CJ E&M CORPORATION)

公式サイト:http://ayakano.jp
公式twitter:twitter.com/ayakano2016 
公式Facebook:facebook.com/ayakano2016

©2016「あやカノ」製作委員会 ©2014 CJ E&M CORPORATION
シェア / 保存先を選択