『世界を変える、社会を変える、映画特集』に9作品、SEALDs記録映画も

ニュース
2016.3.21
 ©2016 sky-key factory, Takashi NISHIHARA

©2016 sky-key factory, Takashi NISHIHARA

特集上映『世界を変える、社会を変える、映画特集』が、4月16日から東京・渋谷のアップリンクで開催される。

パレスチナの今を生きる若者を描いた映画『オマールの壁』の公開を記念して開催される同イベント。「水道水」や「食品」といった生活レベルの問題から、国家レベルの問題にまで、関心を持ち現状に抗うきっかけとなる作品を上映する。

上映作品は、西原孝至監督が学生団体「SEALDs」の抗議活動を半年間にわたって追った『わたしの自由について~SEALDs 2015~』、イスラエルの占領下やレバノンの難民キャンプで生きるパレスチナ人の姿を2003年から2012年の間記録した倉岡明子監督の『だから まいにち たたかう』、貧富の差が水の確保の可否を左右しているという世界規模の「水戦争」を追ったサム・ボッゾ監督の『ブルー・ゴールド 狙われた水の真実』など9作品。各作品の上映スケジュールはアップリンクのオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『世界を変える、社会を変える、映画特集』

2016年4月16日(土)~
会場:東京都 渋谷 アップリンク

上映作品:
『わたしの自由について~SEALDs 2015~』(監督:西原孝至)
『だから まいにち たたかう』(監督:倉岡明子)
『パラダイス・ナウ』(監督:ハニ・アブ・アサド)
『未来の食卓』(監督:ジャン・ポール・ジョー)
『ブルー・ゴールド 狙われた水の真実』(監督:サム・ボッゾ)
『世界が食べられなくなる日』(監督:ジャン=ポール・ジョー)
『みんなのための資本論』(監督:ジェイコブ・コーンブルース)
『怒れ!憤れ!-ステファン・エセルの遺言-』(監督:トニー・ガトリフ)
『NO』(監督:パブロ・ラライン)

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択