夏の横浜は「トミカ」が熱い!ショップ&イベントへGO!

ニュース
2015.7.25


タカラトミーは、8月から横浜みなとみらいエリアにおいて、発売45周年を迎えたダイキャスト製ミニカー「トミカ」の専門店「トミカショップ」の新店をオープン、さらにトミカをまるごと楽しめるイベント「トミカ博」を開催する。

トミカショップは1号店である東京店が今年8月に10周年を迎える。「トミカショップ 横浜店」は10周年を記念して、横浜ランドマークプラザ5階に8月1日(土)から2016年5月中旬までの期間限定店舗としてオープン。またプラレール専門店「プラレールショップ 横浜店」も同スペースにてオープンする。

玩具のほか、アパレル、日用品なども含めて朝から晩まで1年中楽しめる商品群を展開する。また“MI・RA・I(未来)”をコンセプトに、店内にデジタルサイネージを取り入れ、トミカのゲームが試遊できるタブレット端末を設置するなど、新たな遊び方も提案。

店舗入口近くには大人の男女それぞれに向けた“オトナ向けトミカ”のコーナーを設置し、子どもから大人まで楽しめるショップとなっている。

「トミカショップ」10周年を記念し、アニバーサリー商品「ドリームトミカ トミカショップオリジナル バースデイスイーツパス」(希望小売価格・税抜800円)が登場。パティシエの辻口博啓氏とコラボレーションしたトミカ45周年記念商品「ドリームトミカ バースデイースイーツバス」のオリジナルカラーだ。

8月1日、2日(日)はトミカショップ全店で商品購入者にもれなく「トミカショップ10周年記念缶バッジ」をプレゼント(無くなり次第終了)。横浜店ではトミカ博と連動したスタンプラリーを実施、2カ所のスタンプを集めると、「トミカショップオリジナル反射板キーホルダー」がもらえる(先着2万名)。

■ 巨大ジオラマや壁面展示など見どころ満載の「トミカ博」

「トミカ博 in YOKOHAMA」は、パシフィコ横浜にて“トミカの工場が見学できる!?”をテーマに、8月8日(土)から8月16日(日)まで9日間開催する。

展示ゾーン、アトラクションゾーン(有料)、ショッピングゾーンに分かれ、トミカの魅力をまるごと体験できる。トミカ45周年にちなみ、約4500台のトミカを使用した巨大な壁面展示を始め、巨大トミカ・プラレールのジオラマも(写真。2015年春に実施した大阪会場の模様)。

アトラクションゾーンでは製作工程を見学できる「トミカ組立工場」(写真。2015年春に実施した大阪会場の模様)など、8種のアトラクションを展開する。参加型なので子どもたちが飽きずに展示を楽しめるはず。

大人向けの企画としてはガレージをイメージしたブースを展開、インテリアとしてのトミカを提案する。

ショッピングゾーンでは大人向けトミカTシャツ(数量限定)、トミカ博のみで販売するオリジナル商品「ドリームトミカ アンパンマン」(写真・税抜700円)の販売などを企画している。

8月10日(月)から12日(水)にはプロのカメラマンが会場内で写真撮影を行う。撮影した写真は、本人の同意を得たうえでトミカ博 in YOKOHAMAの公式フェイスブックにアップロードし、トミカ博のオフィシャルアルバムを作る企画も。

いろいろと楽しめそうなトミカショップ&トミカ博。夏休みの思い出を作りにみんなで出掛けよう。【東京ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択