パナソニックが家電テクノロジーを用いた空間アート作品を展示

ニュース
2016.3.28
パナソニックが「ミラノサローネ 2016」に空間の発明をテーマに出展(写真は展示イメージ)

パナソニックが「ミラノサローネ 2016」に空間の発明をテーマに出展(写真は展示イメージ)

パナソニック株式会社は、2016年4月12日(火)から17日(日)にイタリア・ミラノで開催される「ミラノサローネ 2016」に出展することを発表した。

「ミラノサローネ 2016」とは、イタリア・ミラノで毎年開催される国際家具見本市を含むイベント。2016年で55回目の開催となる。

パナソニックは、「空間の発明」をテーマに、同社の映像、音響、照明等の技術を掛け合わせたインスタレーション作品「"KUKAN" The Invention of Space」を展示する。本展示は140面の55インチモニターを纏った7本の柱に、日本独自の世界観や美しさをモチーフとした映像を映し出すもの。日本の伝統文化と最先端のテクノロジーの融合による、人々のイマジネーションを広げる新たな体験価値「Wonder Japan Experience」を感じることができる作品だ。

パナソニックはこのたびの「ミラノサローネ 2016」への出展を通じ、家電で培った映像・音響・照明などのテクノロジーによって、さまざまな空間の未知なる可能性や魅力を引き出し、世界中の人々に驚きと感動を届けていくことを目指している。

 

【インスタレーションの内容】
映像コンテンツ名称:「7 Dimensions」

屹立する7本の柱によって創り出される、映像×音響の空間インスタレーション。この会場でしか体験し得ない空間と映像との融合を目撃することができる。見る位置・方向によって全く違った表情を見せる7本の柱が、未知の空間を創り出してゆく。
日本独自の世界観や自然の美しさを映像のモチーフに、いにしえから文化芸術に連綿と現れてきた美意識、対・境界の描き方を7本の柱に効果的に映し出すことで、無限のインスピレーションを生み出す「空間」が立ち現れてくる。

 

イベント情報
「空間の発明」"KUKAN" The Invention of Space

日時:2016年4月12日(火)~17日(日)各日10:00~21:00(現地時間)
会場:イタリア・ミラノ市内 RIMESSA DEI FIORI

パナソニック ミラノサローネ 2016 特設ページ:
日本語)http://news.panasonic.com/jp/milanosalone2016.html
英語)http://news.panasonic.com/global/milanosalone2016.html

 

シェア / 保存先を選択