“ANIME CLASSIC”追加公演が決まったヴァオリニスト石川綾子に聞く(演奏&コメントの動画あり)

SPICER
石川綾子

石川綾子


石川綾子は、ソリストとして世界各地で演奏活動を行う実力派ヴァイオリニストだ。15歳から在住したオーストラリアの音楽コンクールでは1位を獲得。その研ぎ澄まされた感性と超絶技巧から“デビルズアヤコ”との異名をとるほどに注目を浴びた(今では日本でも“デビあや”と呼ばれている)。

日本に拠点を移してからは、ジャンルにとらわれない活動を展開、2013年にニコニコ動画に投稿したヴァイオリン演奏動画が連日1位を獲得するなどネット・ユーザーの間で絶大な人気を誇るようになった。アルバム『VOCALO CLASSIC』 をリリースすると配信サイトで軒並み1位を獲得、ニコニコ超会議で行なわれたボカロ演奏のコンサートは生中継され2万6千人以上が視聴したという。

そんな彼女が2015年末に発表したアルバム『ANIME CLASSIC』も人気を博し、そのお披露目ライヴのチケットは忽ち完売となってしまった。しかし来たる5月に“追加公演”が開催されることになったとの朗報を得てSPICE編集部も大いに沸き、「この機会に、彼女の魅力をより広く知らしめたい」と望んで、さっそくインタビュー取材を行なった次第である。が、それだけではない。演奏とメッセージのビデオ収録も快諾していただいたのだ。現場で彼女の、噂にたがわぬ愛らしい人柄に触れた取材陣は心打たれた。これはぜひ皆さまにも共有していただきたい。

--5月に行なうコンサートについて教えてください。

石川: 昨年12月27日に恵比寿ガーデンホールで「石川綾子メジャーデビュー記念 THE PREMIUM LIVE ~ ANIME CLASSIC ~ 」というコンサートを開催させていただいたのですが、おかげさまでこちらがソールド・アウトとなりました。その後、追加公演のご要望を沢山の方々からいただきまして、それに応えさせていただく形で、このたび東京・名古屋・大阪の3カ所におきまして「石川綾子 THE PREMIUM LIVE ~ ANIME CLASSIC ~ 追加公演」を開催させていただく運びとなりました。

--それは、通常のクラシック音楽の演奏会とは趣を異にするものなのですか。

石川: 普段、クラシック音楽のホール・コンサートでは、ピアノを伴奏にして、ヴァイオリンを演奏するというスタイルを私もとっていますが、「ANIME CLASSIC」の公演では、バンド編成のライヴというスタイルで演奏をお届けします。ですのでお客さまにも気軽に、たとえばサイリューム(ケミカルライト)を振っていただいたり、スタンディングしていただくなど、私たちと一緒になって楽しく盛り上がっていただきたいなぁと思っています。

--演奏されるのは、やはりアニメの曲ですか。

石川: 昨年12月に『ANIME CLASSIC』というアルバムを発表させていただきました。そこに収録したアニメの人気曲を中心としたライヴです。アニメが好きな人はもちろんですが、アニメのことはそれほど知らないけれど音楽が大好き、という人にも演奏曲を気に入っていただけるよう、色々と内容を練っています。

--予定されてるセットリストを少し教えていただいてもいいですか。

石川: 「君の知らない物語」、「コネクト」、「only my railgun」などの人気アニメ曲や、ボカロの有名な曲「千本桜」などを演奏させていただく予定です。また、クラシック音楽の作曲家ヴィットリオ・モンティの「チャルダッシュ」という、ヴァイオリンの名曲中の名曲を演奏させていただくのですが、その際にお客さまには“タオルまわし”で参加していただくというのが、最近の私のコンサートでは恒例となっているんです。お客様には、たとえクラシック音楽であっても気を張らずに、楽しんで聴いていただきたくて。なので、皆さま、ぜひ手拍子や“タオルまわし”などで一緒に盛り上がっていただけると、うれしいです。

--“追加公演”ということは、中身は前回の公演と全く同じになりますか。

石川: 実は今度のコンサート、昨年12月の時とは少し違う部分もあるんです。今回のライヴには“超絶技巧女子大生ドラマー”として有名な川口千里さんをお招きしています。川口さんのドラムと私のヴァイオリンとで“超絶技巧対決”ができたらいいなぁと思っています。プログラムに関しても、前回とは少し異なる選曲を考えていますので、昨年お越しいただいた方にも、また今回初めてご来場いただく方にも、どちらにも楽しんでもらえるようにと、いま特訓に励んでいるところです。

--そうなりますと、逆に「12月の公演はどうだったのだろう」と気になる方々も多いと思いますが、折しも前回ライヴを映像化した商品が近々発売されると聞きました。

石川: はい。4月27日に『石川綾子 THE PREMIUM LIVE ~ ANIME CLASSIC ~ 』というDVDとBlue-rayを発売いたします。これはまさに、昨年12月27日のライヴを収録したものです。私にとっては初めてのBlue-rayでもあるので、私自身も、とても楽しみにしているんです。そして、コンサートにお越しになれなかった方はもちろん、お越しいただいた方にも新鮮に楽しんでいただけるようにと、ものすごく遠くからの“引き”のカットや、逆にものすごい“寄り”の接写カットなどを混在させています。座席からではなかなか確認できないような細かい指の動きを見ていただいて、改めて私の演奏のエッセンスを感じていただけたら、うれしいですね。

--石川さんが、アニメやボカロの曲を弾くようになったのはどうしてなのですか。

石川: 最初は2010年に『AYAKO』というクラシック音楽のアルバムを出しましたが、その後、『VOCALO CLASSIC』、『CINEMA CLASSIC』、そして『ANIME CLASSIC』と、色々なジャンルのアルバムを発表させていただきました。そういう機会に恵まれたことを本当にうれしく思っています。クラシック以外の楽曲を演奏するきっかけになったのは、ファンの方々が「こういう曲があるよ」と教えてくださったことです。私はもともとニコニコ動画という動画投稿サイトに、自分の演奏動画をアップロードしていたのですが、そうするうちに「次はこの曲を弾いて」と、私の知らない分野の曲を皆さまが色々とリクエストしてくださるようになりました。それで弾いてみると「ああ、こんなに楽しい曲があったんだ」と。ボカロの曲やアニメの曲とは、そのようにして出会えたんです。だから教えてくださった皆さまには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。今回の『ANIME CLASSIC』に収録した曲も、リクエストにお応えして演奏したものばかりなんです。

--ニコニコ動画を視聴してる人じゃないとリクエストはできませんか。

石川: いいえ。たとえば私のコンサートではいつもアンケート用紙をお客さまにお配りしています。そちらにもリクエスト欄を設けさせていただいてます。お客さまに書いていただいたアンケートは、1枚1枚全部読ませていただいているので、皆さまが「聴きたい」と仰っていただく曲は、できるだけ応えられるようにしたいな、と思っています。

--石川さんのファンは、必ずしもクラシック音楽ファンばかりではなさそうですね。

石川: 私は本当にヴァイオリンが好きで、一人でも多くの人にその音色の素晴らしさを共有していただきたいな、と思っています。ヴァイオリンの音って、可能性がすごくあるんです。ヴァイオリンでボカロ曲を弾くと、こんなに面白くなるんだというのも私自身の大きな発見でした。そうやって色々なことに挑戦して、ヴァイオリンの可能性をもっともっと拡げてゆきたいと思っています。

--今後、アニメやボカロ以外に挑戦してみたい分野はありますか。

石川: 何でもやってみたいのですが、最近は特に、自分の作ったオリジナル曲を、もっともっと皆さまの前で演奏したいなと思っています。もしかすると今度のコンサートで新曲を披露できるかもしれません。皆さま、ぜひ今度のゴールデン・ウィークは、私のライヴに遊びにいらしてくださいね!

 
石川綾子さんの演奏「Amazing Grace」とメッセージの動画も併せてお楽しみください↓
 

(取材・文=安藤光夫、撮影=大野要介)

公演情報
「石川綾子 THE PREMIUM LIVE 〜ANIME CLASSIC〜 追加公演」
 
■日時・会場
 
5月1日(日) 17:30 山野ホール
問合せ:avex live creative 03-5545-9705(24時間テープ対応)

 
5月4日(水祝) 17:00 名古屋Club QUATTRO 
問合せ:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100 (10:00~18:00)

 
5月5日(木祝) 17:00 大阪YES THEATER
問合せ:キョードー大阪 キョードーインフォメーション0570-200-888(10:00~18:00)

 
■チケット料金:全席指定:6,000円(税込) 
※3歳以上有料/3歳未満は膝上鑑賞のみ無料。(お席が必要な場合は有料)

 

 

シェア / 保存先を選択