ヴァネッサ・パラディ、すっかり若返ってカンヌ入り!

ニュース
2016.5.15


第69回カンヌ国際映画祭が現地時間の5月11日に開幕。ヴァネッサ・パラディやキルスティン・ダンストらが、審査員を務めるために、一足早い前日にカンヌ入りした。

ヴァネッサは、センターわけの金髪で、黒いジャケットにスキニーパンツ、白いブラウスにシルクの黒いネクタイリボンと赤いハイヒールというシンプルないでたちで、カクテルパーティに参加。デイリー・メール紙にはにこやかにほほ笑むヴァネッサの写真が掲載されている。

昨今では、太ってきた元パートナーのジョニデとは真逆で「ガリガリで骸骨みたい」と揶揄され、「劣化がひどい」「ジョニデが若い女性に走るの気持ちは理解できる」と酷評されることが多かったヴァネッサ。だが今回はネットユーザーから、「ヴァネッサ復活!」「ここ数年の中で、一番綺麗に見える」「若返った」「ジョニデは、後悔するに違いない」といった絶賛の声が多数寄せられている。【NY在住/JUNKO】
 

MovieWalker
シェア / 保存先を選択