『VIVA LA ROCK 2016』オフィシャル・クイックレポート・東京スカパラダイスオーケストラ

レポート
2016.5.28
東京スカパラダイスオーケストラ Photo by TEPPEI

東京スカパラダイスオーケストラ Photo by TEPPEI

画像を全て表示(5件)

VIVA LA ROCK 2016 2016.5.28 さいたまスーパーアリーナ
STAR STAGE 東京スカパラダイスオーケストラ

「Are You Ready!!」の号令一発、“ルパン三世’78”で強烈過ぎる挨拶をかまして登場した9人! お祭りとデカいステージが最高に似合う、獰猛かつ豪華絢爛なサウンドが爆音で響き渡り、一瞬にしてSTAR STAGEは「アンタ達がいなきゃロックフェスじゃねえ!」と言わんばかりの大歓声と怒声に包まれる。続けて茂木の尖ったキックに合わせて大ハンドクラップの波が起こると、ホーンが縦横無尽に暴れ狂う“スキャラバン session”が投下される。打つような鍵盤、軽快なステップで弾き倒されるギターがクルクルと入れ替わりながら、キャラの立ったプレイが衝突したり溶け合ったり――たった2曲だけで、揺れて跳ねて大声を上げて拳を突き上げる、自由過ぎるミュージックラヴァー達の広大な遊び場を作り上げてしまったアニキ達。音の強度も言わずもがなだが、何よりも、誰よりも自由かつ気持ちよさそうに音に乗る本人達の姿こそがこの快感とグルーヴと高揚になっている。

東京スカパラダイスオーケストラ Photo by TEPPEI

東京スカパラダイスオーケストラ Photo by TEPPEI

谷中が「声出して楽しんでくれよ! 音楽が鳴り響いてる間だけは、ずっと盛り上がっていってくれ! 闘うように楽しんでくれよ」という得意の「谷中語」を放つと、どっしりしたグルーヴと音の絡み合いで“Mission Inpossible”を聴かせ、少しクールダウン――と思いきや、曲終わりで暗転し、再度照らされたステージ上に加わっていたのは、なんと10-FEET! 音が鳴り止んでピンとした空気が張りつめた刹那、TAKUMAが歌い始めたのは“hammer ska”。これが凄かった。コラボというよりも、斬り合い。セッションというよりは、殺気を感じるほどの決闘。以前実現したスペシャルなコラボの再来にもかかわらず、ひたすら一音一音の目が鋭いったらありゃしない。

東京スカパラダイスオーケストラ Photo by TEPPEI

東京スカパラダイスオーケストラ Photo by TEPPEI

TAKUMAが谷中に無茶ブリをされ、DEENの曲をいきなり披露するという一幕で笑いを誘った後、さらに、両者がコラボレーションしたシングル曲“閃光”に雪崩れ込んだ。これが本当に素晴らしかった。とにかく、音と歌が大きく大きく響き渡って、心に鳥肌が立つような感覚を覚えた。「今日はなんか、気持ちええなあああ!」とTAKUMAも叫んでいたが、この「大きさ」というのは単なる音量の話ではなく、心から感じる壮快感や快感のことだと思う。技術の高さだって、経験値だって、言わずもがな盤石の両者である。しかしそれだけじゃない、これだけの歴史があったとしても、音の中に心ごと飛び込んで、その瞬間その場所でしか生まれないものを血眼で探そうとする純粋無垢な音楽野郎達の姿が、そのまま音に宿っていた。

東京スカパラダイスオーケストラ Photo by TEPPEI

東京スカパラダイスオーケストラ Photo by TEPPEI

10-FEETを拍手で送り出した後も、加藤と谷中のユニゾンヴォーカルがひたすら衝動的に爆走した“Pride of Lions”や、まさにこのライヴをそのまま表したようなラストの“Paradise Has No Border”まで、百戦錬磨の猛者でありながら、永遠に音楽の青春を謳歌している少年でもあるという、奇跡を目撃し続けるライヴだった。


撮影=TEPPEI レポート・文=矢島大地

東京スカパラダイスオーケストラ Photo by TEPPEI

東京スカパラダイスオーケストラ Photo by TEPPEI

セットリスト
VIVA LA ROCK 2016 2016.5.28 さいたまスーパーアリーナ
STAR STAGE 東京スカパラダイスオーケストラ
 

1. ルパン三世’78
2. スキャラバン session
3. DOWN BEAT STOMP
4. ペドラーズ 2014
5. Mission Impossible
6. hammer ska
7. 閃光
8. SKA ME CRAZY
9. Pride of Lions
10. Can’t take my eyes off you
11. Paradise Has No Border

 

シェア / 保存先を選択