『VIVA LA ROCK 2016』オフィシャル・クイックレポート Kidori Kidori

SPICER
Kidori Kidori

Kidori Kidori

画像を全て表示(5件)

『VIVA LA ROCK 2016』2016.5.29 さいたまスーパーアリーナ
CAVE STAGE Kidori Kidori

早くもサウンドチェックからファストかつソリッドな楽曲を繰り出してオーディエンス達を沸かし、その熱を保ったままスタートさせた本編は、しかし得も言われぬもの寂しさが滴るサイケデリック・ナンバー“!”で幕を開けた。続いてルーズな曲調の中に異国情緒漂う“なんだかもう”で空間を柔らかく異化させ、CAVE STAGEという洞窟に集まった聴衆をどこかずっと遠くの世界へと連れ去っていく。35分間の空間旅行の始まりだ。

Kidori Kidori

Kidori Kidori


Kidori Kidori

Kidori Kidori

時にはマッシュ(Vo&G)と川元(Dr)との軽妙なかけあいが堪らない漫談MCを挟み、「みんなMV観た? 観てないって人も、僕の女装とか見れるんでよろしくお願いします(笑)」というマッシュの言葉から新曲“フィールソーグッド”へと突入。まもなくリリースされるシングルの表題曲で、軽快なエネルギーが迸り、快活なフィーリングを放射するロックンロール・ナンバーだ。さらに「VIVA LA ROCKに1曲捧げるよ。カモン!」と言い放ち、空気を切り刻むような鋭利なサウンドとマッシュの独特の歌声が絡み合い、ねじれるようなグルーヴを生み出していく必殺チューン“NUKE?”へ。前半戦のなだらかな進行から一転、嵐の中へと突っ込んでいくかのごとき展開に、会場中から拳と歓声が上がる。彼らの世界を周遊するように多種多様な彼らのルーツが自在に繰り出され、その変化していくサウンドに合わせて、人が持つ様々な心象を浮かび上がってくるようなキドリ・ワールドが全開になった瞬間だった。

Kidori Kidori

Kidori Kidori


Kidori Kidori

Kidori Kidori

最後は「テキーラ」のコールレスポンスとハンズクラップを楽しみ、ハッピーなバイブスをもたらす“テキーラと熱帯夜”でフィニッシュ。ロックの攻撃性も包容力も、エッジも温もりも内包するKidori Kidoriならではの充足感に酔いしれたロック悦楽ライヴだった。


撮影=Viola Kam (V'z Twinkle) レポート・文=黒田隆太朗

セットリスト
『VIVA LA ROCK 2016』2016.5.29 さいたまスーパーアリーナ
CAVE STAGE Kidori Kidori
 
1.!
2.なんだかもう
3.タイムセール
4.フィールソーグッド
5.NUKE?
6.テキーラと熱帯夜

 

シェア / 保存先を選択