『VIVA LA ROCK 2016』オフィシャル・クイックレポート MONOEYES

SPICER
MONOEYES

MONOEYES

画像を全て表示(5件)

『VIVA LA ROCK 2016』2016.5.29 さいたまスーパーアリーナ
VIVA! STAGE MONOEYES

『スター・ウォーズ』のテーマソングに乗せ、細美武士(Vo&G)、スコット・マーフィー(B&Cho)、戸高賢史(G)、一瀬正和(Dr)の4人が登場。カウントを合図に始まった“When I Was A King”で、一気にフロアは高揚感と多幸感に包まれる。

MONOEYES

MONOEYES

MONOEYESは結成から丸1年。「the HIATUS、ELLEGARDENの細美武士が錚々たるメンツと共に新たに結成したバンド」として登場した彼らは、アルバム『A Mirage In The Sun』のリリースとツアーを経て、着実にその地位を築いてきた。痛快なパンク・ロックを気負いなく自然体で鳴らすバンドとして、シーンに根付いてきた。VIVA LA ROCK初登場となったこの日も、そういう4人の魅力を見せるステージ。清々しいメロディの“My Instant Song”から” Like We’ve Never Lost”と続け、スコットは身体をクルクルと回転させ、戸高は髪を振り乱しながらギターをかき鳴らす。

MONOEYES

MONOEYES

MONOEYES

MONOEYES

「VIVA LA ROCK、初めて呼ばれて参上しました。ここ、めっちゃいいわ。この空気感、いいと思います」と細美武士は告げ、楽屋にあったさいたまスーパーアリーナのマスコットキャラクター「たまーりん」のぬいぐるみをフロアに投げ込み客にプレゼントすると、続いてはスコットが在籍していたバンドALLiSTER の“Somewhere On Fullerton“をカバー。“明日公園で”では美麗なハーモニーを響かせる。MCでは「俺、千葉だから、千葉と埼玉で手を組んで神奈川を倒そうぜ」と言う細美に「ふざけんな、俺、神奈川だ」と一瀬が返して笑いを誘ったりする。実力あるミュージシャン揃いのメンバーなのだから腕の確かさは当たり前なのだが、世代も出自も違う4人が鳴らす音からは、肩肘張らない「仲間同士」のフィーリングが伝わってくる。細美のメロディセンス、直球をズバズバとまっすぐに投げ込んでくるようなソングライティングも勿論だけれど、こういうところも、MONOEYESの大きな魅力だと感じる。

MONOEYES

MONOEYES

終盤は“Run Run”から“グラニート”、そして“Remember Me”とお客さんを盛り上げるだけ盛り上げて終了。確固たるバンド・マジックを感じるステージだった。


撮影=Viola Kam (V'z Twinkle)  レポート・文=柴 那典

セットリスト
『VIVA LA ROCK 2016』2016.5.29 さいたまスーパーアリーナ
VIVA! STAGE MONOEYES


1.When I Was A King
2.My Instant Song
3.Like We’ve Never Lost
4.Somewhere ON Fullerton
5.What I Left Today
6.明日公園で
7.Run Run
8.グラニート
9.Remember Me

 

シェア / 保存先を選択