森川智之らが語る声優ビジネスとは アニメ業界のビジネス情報誌『アニメビジエンス』第11号が発売

ニュース
2016.6.2
『アニメビジエンス』 ©CLAMP・ShigatsuTsuitachi CO., LTD/講談社

『アニメビジエンス』 ©CLAMP・ShigatsuTsuitachi CO., LTD/講談社

画像を全て表示(2件)

アニメ業界唯一のビジネス情報誌『アニメビジエンス』第11号が6月13日(月)より発売される。

今号の巻頭特集は「声優が支えるア二メーション・ビジネス」。声優ビジネスの歴史や現状などを、声優であり経営者の森川智之氏や81プロデュースの南沢道義社長、青二プロダクションの池田克明氏らに取材することで考察している。その他にも、ランティスやエイベックス・ピクチャーズなど、アニメ業界の最前線をゆく企業へも取材を行っているとのこと。

インタビュー特集では、東映アニメーションの高木勝裕社長が会社設立60周年の抱負を語っている。また、今号から新連載となる『SHIROBAKOキャリア~業界関係者女子会~』では、アニメ業界で働く女性に焦点をあてる。弁護士の福井健策氏、読売テレビプロデューサーの諏訪道彦氏ら多彩な執筆者による連載も含めて、読み応えたっぷりの1冊となっている。


【特集の内容】
■作品、ライブ、イベント……声優が支えるアニメーション・ビジネス
・1960年代から現在まで──声優ブームとビジネスの歴史
・どう育て、どう売るか キーマンに聞く声優ビジネスの最前線
・「声優」を巡るビジネスシステムはアニメ産業でどう位置づけられるか? ほか

 

『アニメビジエンス』最新号は、キャラアニ.com(http://www.chara-ani.com/)にて6月13日(月)正午よりオンライン販売が開始される。

“クールジャパン”の代名詞として語られながらも、産業としての規模や将来性について語られることの少ないアニメを、“ビジネス”視点で捉え“科学(サイエンス)する”ことを目的に掲げる『アニメビジエンス』。 ぜひこの機会にお手に取ってみてはいかがだろうか。

 

シェア / 保存先を選択