DEZERT 黒い絶望という熱狂で染め上げた『楽しい食卓ツアー』FINALレポート

SPICER
DEZERT/撮影=インテツ、Takuya Orita

DEZERT/撮影=インテツ、Takuya Orita

画像を全て表示(7件)

DEZERT presents
DEZERT ONEMAN LIVE TOUR 2016【楽しい食卓ツアー】FINAL
2016.6.5(SUN)Zepp Tokyo

Zepp Tokyoを黒い絶望という熱狂で染め上げたDEZERT。千秋は叫んだ、「すべてが無意味だ」と。満員の観客たちに呼びかけた、「生きているか!?」と。すべての答えは絶叫の中に…。

1月に発売したアルバム『最高の食卓』を手に行い続けてきた全国ツアーも、6月5日(日)Zepp Tokyoでついにファイナル公演を迎えた。『DEZERT presents 【DEZERT ONEMAN LIVE TOUR 2016【楽しい食卓ツアー】FINAL】』と題されたこの日のライヴ、会場にはびっしりの観客たちが蠢いていた。

よくDEZERTのライヴに対して“狂気を孕んだ”という言葉が用いられるが、彼らのライヴには、むしろ希望や光が満ちている。この世界には、闇や絶望へ浸ることへ快楽や未来を求める人たちもいる。そう、すべては解釈の仕方だ。こんなにもドス黒くて生々しくて痛い幸福は、ここにしか無いと先に伝えておこう。

DEZERT/撮影=インテツ、Takuya Orita

DEZERT/撮影=インテツ、Takuya Orita

この日のライヴのアンコールで、千秋は「バンドを演ることも、生きることも無意味だ!!」と叫んでいた。同時に、何度も彼は「生きてるか!!」と声を張り上げていた。それは、自分自身へも向けた言葉だったのか? DEZERTは絶望を歌う。だけど、その歌に触れていると心に救いを覚えてゆく。その理由…? それを、今から説き明かそうじゃないか。

“この歌には救いはない”“この場所には救いはない”。緩急活かした暗鬱な「「あー。」」からライヴは幕を開けた。冒頭から頭を振り乱し暴れてゆく観客たち。救いがなければ狂えばいい。舞台上の絶叫へ立ち向かい騒げばいい。その高揚を抱いたまま、DEZERTのライヴは進行し続けていった。

「始めましょう」。「「君の子宮を触る」」が熱狂の奈落へガンガン引きずり込んでいく。痛い衝動が、なんて快楽を呼び起こしてゆくことか…。黒く重く唸る調べとともに、身体へ鈍い衝撃を与えた「「肋骨少女」」。手を上げ踊り狂う観客たち、放たれる音の痛みがとても心地よい。

DEZERT/撮影=インテツ、Takuya Orita

DEZERT/撮影=インテツ、Takuya Orita

「お前たちの遺書を書こう」。彼らは歌いかけてきた“暗い未来ですか??”と。DEZERTの歌は、絶望という奈落の底から光を見ている。会場中の人たちも、闇の宴の中、射し込む希望を肌に感じながらも、「「遺書。」」というドス黒い激情に触れ、理性を壊し、ただただ暴れ狂っていた。そう、“これが暗い未来ですか?? ”と言わんばかりに。「大塚ヘッドロック」でも、千秋の指示に導かれ左右に走ったりと、大勢の観客たちが熱狂の中で蠢いていた。

「愛すべきみなさんのため、僕は本気でこのラブソングを届けます」、その言葉を合図に、激烈で重厚な「「殺意」」が鉄槌を食らうほどの衝撃を持って襲いかかってきた。客席へ降り、狂ったように歌い叫ぶ千秋。観客たちも絶叫を持って、千秋の螺子の外れた感情を愛おしく受け止めていた。理性はとっくに壊れている。その勢いを、止めるなんてとてもナンセンスだ。

一転、刹な色を携えながらも、闇の底を這いずりまわるようにDEZERTはゆったりと「「追落」」を響かせだした。絶望に包まれながら、底へ底へと沈みながらも、何処か浮遊してゆく感覚が気持ちいい。絶望に浸りたい人ほど、絶望を導く旋律は心地好い子守歌になる。

ともに歌おうと鼓舞するように流れたのが「おはよう」だ。スクリーンには、次々と言葉が映し出されてゆく。お前なりの生きるための答えを導き出せと、今日が終わる前にその意味を感じとれと言わんばかりに。DEZERTの歌はとても希望に満ちている。ただ、その言葉が常軌や常識を否定しているだけのこと…。

DEZERT/撮影=インテツ、Takuya Orita

DEZERT/撮影=インテツ、Takuya Orita

「生きてる奴は声上げろ!」「死んでる奴も声上げろ!!」。鋼のような豪音を轟かせた歌と演奏が会場中を支配した。凄まじい音の唸りに抱かれ、この身さえもぶち壊してくれと言わんばかりの勢いで、「包丁の正しい使い方~思想編~」へ誰もが身体を折りたたみ戦いを挑んでいた。まさにここは狂った宴の場。途中、千秋がSaZからベースを奪い取り演奏。ベースを手にした千秋が客席に降りて客たちを煽れば、今度はmiyakoからギターを奪い取り、千秋が客席にふたたび降りて煽っていた。そう、狂うことにルールなんかいらない。必要なのは野獣な感覚。ただただ狂えば、それでいい。

「俺はお前たちが嫌いだ、これが君たちへの教育だ」。観客たちの歌と絶叫のやり取りを通し、場内をヘドハンの渦へと染め上げた「「教育」」。轟音な衝撃を次々とぶつけながら、場内を暴れ奉る様に変えた「「不透明人間」」。「すっげぇ汚くてうざくて偽物っぽくて、だけどこれが僕たちの正しい歌だ」。場内中から沸き上がった雄叫び。誰もが、自分たちの心に光を指し示す昂揚のエールとして「「セイオン」」を熱狂で抱きしめていた。醜い音が、汚い音が、最高の快楽のように。

DEZERT/撮影=インテツ、Takuya Orita

DEZERT/撮影=インテツ、Takuya Orita

一転、深い深い奈落の世界へと導いた演奏。「答えはきっと真ん中にあると思うんだよ」、客席中央で絶叫する千秋へ左右に分かれた観客たちが突進してはグチャグチャにまみれだした。もみくちゃにされながらも、客席のど真ん中で千秋は叫び続けていた。それが、至上の快楽だと言わんばかりに。「包丁の正しい使い方~終息編~」が連れ出した狂った絶頂の奉り。続く「「秘密」」でも、「まわりに流される日本人どもめ、お前らが世の中を悪くするんだ。精一杯息をしろ!!」と煽られ、観客たちは頭を振り乱し狂い続けていた。

舞台上で大きく揺れる無数のかがり火。「苦しいのはお前だけじゃない」。ふたたび奈落の闇の中へDEZERTは観客たちを引き込みだした。感情の振幅に合わせ大きさを変えてゆく炎。「「擬死」」は、4人の心臓へと繋がる動脈のような歌。感情が揺れ動くごとに、その血流は、汚れた音となって解き放たれ、触れた人たちの心を汚していく。その血がないともはや生きられないと知っているからこそ、彼らはどんどん黒い血を客席へと注ぎ込んでいた。

ゆったりと、闇の底を流れるように場内へ浸透し始めたのが「脳みそくん。」。静かなる狂気の波紋が会場へと広がる中、アンコールの物語は優しく幕を開けた。 

「なんでバンドをやっているのか?!」「全部が無意味なんだ」「無意味なことをずっと繰り返していこうと思うんです」「無意味に飛んじゃって」。ここからは最後まで、ノンストップで熱狂のバトルが繰り広げられた。

DEZERT/撮影=インテツ、Takuya Orita

DEZERT/撮影=インテツ、Takuya Orita

轟きを上げた「MONSTER」に合わせ、無邪気に飛び跳ね頭を振り続ければ、「doze.」が歓喜した想いを身体に刻んでいった。「勝負しようぜ!!」、場内中に蠢く無数の首振る狂人たち。「無意味だと確信したけど、一個だけ聴いていい? 生きてるかー?!」。重く重く、これでもかと言わんばかりに黒い重厚な音を突き付けてゆくメンバーたち。生きてることを実感するように、誰もが「切断」に合わせ、叫び狂うことで生を享受していた。舞台上とフロアのどちらが先にくたばるか、そこには間違いなく闘いが繰り広げられていた。

火照った身体をびしょ濡れのタオルで包むように、DEZERTは最後に「「ピクトグラムさん」」を叩きつけてきた。高ぶる躍動と昂揚を与えてゆく楽曲だ。傷ついた心に寄り添う、"傷を癒す傷だらけな歌"に心が笑顔を浮かべていた。「生きていればいい」。その言葉が確かな、明日への約束の指切りのようにも響いていた。

2時間半に渡り、“生きる”力を授けてくれたDEZERTのライヴ。彼らが交流を求めようが、マスターベーションだろうと、そんなの関係ない。ただただ、全力で生を感じとれる濃密な時間を共有出来たのだけは間違いない。ここに来ると理性を投げ捨てられる。それが単純に嬉しいんだよ。

撮影=インテツ、Takuya Orita 文=長澤智典

DEZERT/撮影=インテツ、Takuya Orita

DEZERT/撮影=インテツ、Takuya Orita

イベント情報
SORA BIRTHDAY LIVE【YASUON’S ROCK vol.2】
2016年6月22日(水)TSUTAYA O-WEST
開場18:00/ 開演18:30
前売¥4,320/ 当日¥4,860/ DRINK ¥500


DEZERT SPECIAL LIVE「サマーチョップ 2016 in OSAKA」 
2016年8月27日(土) 大阪BIGCAT
開場16:30/
 開演17:30
前売:¥4,320 
e+ http://eplus.jp/dezert-bc/ (PC・携帯)
受付期間
6月6日(月)12:00~6月20日(月)23:59まで
※お一人様4枚まで

 

 

シェア / 保存先を選択