森山大道、荒木経惟、中平卓馬ら6写真家を追った記録映画の上映会

ニュース
イベント/レジャー
2016.6.17
 ©Andre Principe

©Andre Principe

映画『TRACES OF A DIARY―日記をたどる』の上映会が6月29日から東京・原宿のVACANTで開催される。

『TRACES OF A DIARY―日記をたどる』は、ポルトガル人のアーティストであるアンドレ・プリンシペとマルコ・マルティンスが監督を務めたドキュメンタリー映画。森山大道、荒木経惟、中平卓馬、HIROMIX、梶井照陰、吉行耕平の6人の写真家の日常を、ソ連で作られたレンジファインダーカメラ「クラスノゴルスク3」を使い、16ミリフィルムで撮影した作品だ。各写真家の制作プロセスやストーリーテリングの手法、表現の本質などを追求している。

上映会の会場では、映画の撮影時にプリンシペが撮りためた写真で構成される写真集『TOKYO DIARIES』や、映画の出演作家の関連書籍を販売。チケットの予約はオフィシャルサイトで受け付けている。

イベント情報

『TRACES OF A DIARY―日記をたどる』上映会

2016年6月29日(水)~7月1日(金)19:00~20:30
会場:東京都 原宿 VACANT

定員:各回100名
料金:各回 前売1,000円 当日1,200円
主催:shashasha、twelvebooks
協賛:ポルトガル大使館、タカ・イシイギャラリー
後援:日本芸術写真協会(FAPA)、Pierre von Kleist editions

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択