最強の敵・織田信長を討ち倒せ!「斬劇『戦国BASARA4 皇』本能寺の変」公開ゲネプロレポート

レポート
舞台
2016.7.1

画像を全て表示(30件)

大ヒットシリーズの最新作「斬劇『戦国BASARA4 皇』本能寺の変」が7月1日より東京・六本木のZeppブルーシアター六本木で上演される。公演に先立ち、同日、マスコミ向けの公開ゲネプロを実施。新しく生まれ変わった『戦国BASARA』の世界をいち早くお届けする。

まず注目なのが、シリーズ創生期から『戦国BASARA』を支え続けた明智光秀役の谷口賢志が本公演を持って卒業すること。ゲネプロの前に行われた会見で、谷口は「7年目にして最後の『戦国BASARA』。いざこみ上げてくるものがあるのかなと思いつつ、まったくこみ上げてきませんでした」と報道陣を笑わせつつ、「『戦国BASARA』は舞台に立ったら自分が一番と思えという精神でやってきた」とその血肉に流れる“『戦国BASARA』イズム”を吐露。その上で、「今回は本能寺の変ですし、明智光秀ですので、主役取るつもりでかましていきたいと思います」と7年間の想いを爆発させた。

一方、W主演となる伊達政宗役の塩野瑛久は本作の見どころについて「『戦国BASARA』の中でもひとつの着地点が見える舞台。どこに向かっていくべき物語なのか、お客さんに伝わりやすい舞台になっていると思います」とコメント。「そこに至る道筋や感情を自分たちでつくりこんでいって演じ切りたいと思います」と抱負を語った。

真田幸村役の松村龍之介は、新たに「斬劇」と冠がついたことに対し、「読んで字のごとく殺陣の多い舞台になると思うんですけど、ひと振りひと振りの中に自分自身のキャラクターをこめて、みなさん刀を振っている。殺陣を介して見えるキャラクターや武将たちのドラマ性に注目していただけたら」と想いをこめた。

期待が高まる中、いよいよその全容が明らかとなった新作「斬劇『戦国BASARA4 皇』本能寺の変」。まず特筆すべきは、その魅力的なキャラクターたちだろう。

「竜王」の通り名を持つ伊達政宗は、随所におなじみの異国言葉をはさみながら、そのカリスマ性で観客を魅了。塩野のクールな佇まいと、政宗の代名詞である六爪流のさばきっぷりに注目したい。

一方、松村はまっすぐな真田幸村を熱演。その熱気あふれる演技でスピーディーな物語を牽引した。

また、その他のキャストも全員主役と言っても過言ではないほどの存在感。井上正大は有無を言わさぬ貫禄で「龍の右目」こと片倉小十郎を好演。

猿飛佐助役の椎名鯛造は自慢の身体能力を本作でも十分に発揮。これぞ忍びと言える身軽な動きで観客の目を釘づけにした。

本作のキーパーソンのひとり・前田慶次役の伊阪達也。愛する人を一途に思う伊阪の演技に、多くの人が心を打たれることだろう。

島左近役の斉藤秀翼はちょっと軽めのキャラクターを小気味よく演じ、シリアスなストーリーの中で清涼剤的役割を果たした。

前田慶次同様、本作の重要なカギを握る長曾我部元親役には白又敦。演技も殺陣も安定感抜群で、舞台をきりっと引き締めた。

女性陣も負けてはいない。上杉謙信役のAKIRAの神聖さすら感じさせる中性的な存在感は原作そのもの。

雑賀孫市役の護あさなは本作におけるヒロイン的役割で舞台に華を添えた。

千利休役の寿里は、「二重人格の茶人サイキッカー」という難役を巧みに演じ分けた。

怪演なのが、後藤又兵衛役の汐崎アイル。まるで原作のキャラクターがそのまま憑依したかのような演技は、指摘されなければ汐崎アイルと気づかない観客も多いに違いない。

織田信長役の唐橋充は圧倒的な存在感で、第六天魔王を見事に体現。

そして、本作で卒業を迎える明智光秀役の谷口賢志は、美と知性の中に狂気をにじませるような演技で、自ら最高の花道をつくり上げた。

物語は、「本能寺の変」のタイトルにふさわしく、第六天魔王・織田信長を討つべく、武将たちが奮起する。

戦いに次ぐ戦いに、多くの武将が傷つき倒れていく。

しかし、何度敗れても決して屈することなく立ち上がり、再び刀を差し向ける。

男たちのその熱い戦いは、きっと観る者の心に深く深く焼きつくことに違いない。

「斬劇『戦国BASARA4 皇』本能寺の変」は7月1日(金)~10日(日)まで東京・六本木のZeppブルーシアター六本木にて、7月16日(土)~18日(月・祝)まで大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティにて上演予定。最高のキャスト・スタッフにより生み出された国内最高級のアクションエンターテイメントを存分に体感してほしい。

公演情報
斬劇『戦国BASARA4 皇』本能寺の変
 
◆構成・演出・映像:ヨリコジュン
◆原作:CAPCOM(「戦国BASARA」シリーズ)
◆企画・原作監修:小林裕幸(CAPCOM)、山本真(CAPCOM)
◆シナリオ協力:松野出
◆出演:塩野瑛久、松村龍之介/井上正大、椎名鯛造、伊阪達也、斉藤秀翼/白又敦、中山優貴、山口智也、谷口賢志/AKIRA、護あさな/寿里、汐崎アイル/唐橋充
◆公式サイト:http://www.basara-st.com/

 
<東京公演>
◆日程:2016年7月1日(金)~7月10日(日)
◆会場:Zeppブルーシアター六本木
◆チケット料金:全席指定 7900円(税込)/非売品写真付きチケット 8400円(税込)
<大阪公演>
◆日程:2016年7月16日(土)~7月18日(月・祝)
◆会場:梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
◆チケット料金:全席指定 7900円(税込)/非売品写真付きチケット 8400円(税込)

シェア / 保存先を選択