邦楽の"オールスター"フェス『SWEET LOVE SHOWER 2016』で観ておくべき注目バンド 〜邦ロックシーンの最前線〜

SPICER

画像を全て表示(5件)

年々さまざまなジャンルのアーティストが登場するようになり、楽しみ方が多様化している日本のフェス。でも、やっぱり熱狂の中心を構成しているのが、ロック・バンドの存在である。今年の『SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2016』にも、これまで多数のフェスやイベントなどで確実に会場を盛り上げてきたツワモノたちが登場する!

THE ORAL CIGARETTES

THE ORAL CIGARETTES

まず初日である8月26日(金)で注目したいのが、THE ORAL CIGARETTESだ。2010年の結成以降、ライブ活動を通じて着実に人気を伸ばし、『SWEET LOVE SHOWER』にはメジャー進出前から登場。そして今年4年連続の出演を果たすという、このフェスになくてはならない存在になっている彼ら。その魅力のひとつが、変則的(スリリング)なビートである。エモーショナルな音を鳴らしたかと思いきや、急にメランコリックな表情をみせるなど、こちらの想像を遥かに超える展開で、まるでジェットコースターに乗っているような気分にさせる。しかも、そのスリリングなビートを、実にクールな表情かつ明快なメロディにのせてパフォーマンスをする、ちょっとツンデレな感じが心をくすぐらせるのだ。刺激的なビートを求める人には、体感して損はない、いや想像以上の興奮を得られるアクトになるだろう。

BLUE ENCOUNT

BLUE ENCOUNT

また同日に登場するブルエンこと、BLUE ENCOUNTも盛り上がり必至のアクトだ。2014年6月に『スペースシャワー列伝 第九十八巻」に出演したことをきっかけに注目され、翌年メジャー進出を果たし、今年10月には初の日本武道館公演が決定するなど、今最も勢いのあるバンドのひとつと言われている彼ら。このフェスには2年連続の出演となる。彼らの場合、ヒットシングル「はじまり」に代表されるような、聴き手の背中を強く押してくれるメッセージ性の強い歌詞に強い印象を持っている人が多いかもしれないが、それ以外にバンド・サウンドも持ち味だ。キレや疾走感にあふれながらも、どっしりとしたグルーヴ感や、時にサイケデリックなビートなども絡め、歌詞に匹敵する喜怒哀楽を表現している。もちろん、歌詞に胸を熱くさせながらパフォーマンスを楽しむのもアリであるが、響き渡るストイックなバンド・サウンドにも心を震わせてほしい。

go!go!vanillas

go!go!vanillas

翌8月27日(土)の必見パフォーマンスは、go!go!vanillas。メジャー進出直前であった『SWEET LOVE SHOWER 2014』以来、2年ぶり、2度目の出演となる。7月20日にTHE BAWDIESとのスプリット・シングル「Rockin’ Zombies」をリリース、さらに10月からはスプリット・ツアーも決定し、現在話題になっているなかでの、待望の登場といえよう。彼らのサウンドは、ザ・ストロークスやザ・リバティーンズなど、2000年前後から活躍しているガレージ・ロック・バンドから影響を受けているそうで、そういった要素を強く感じさせるもの。ゆえに、ちょっと荒削りなサウンドだ。現在、コンピューターを駆使すれば、バンド・サウンドだって簡単に整った音を構築させることができるところを、彼らはそういった「調整」をいっさいせず、「生身」の音を我々にガツンとぶつけてくる。そこからは、彼らのロックンロールに対するパッション、そして好きなことを純粋に追求する人間味も響いてくるのだ。ロックが本来はらむ熱を感じてもらえるはずのステージ、体感したらずっと忘れられない興奮が身体に刻み込まれるだろう。

[Alexandros]

[Alexandros]

そして最終日である8月28日(日)に伝説を作りあげてくれるのは、[Alexandros]で間違いない! 今年の『SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2016』ではBEST ROCK ARTISTを獲得、また多数のロックフェスでヘッドライナーを飾リ、イギリスやアメリカのフェスにも出演するなど、現代日本ロックを象徴する存在となった彼ら。今年で6年連続の『SWEET LOVE SHOWER』となり、このフェスの顔と言ってもいいバンドでもある。海外生活経験のあるメンバーが多くいることなどから、そのサウンドはとても洋楽エッセンスにあふれたもの。ビートやメロディの展開のさせ方は、他の日本のバンドとは一線を画す繊細さと大胆さが共存したものであり、歌詞に関しても日本語と英語を自然に融合させた独自の詞世界を繰り広げているが、要所要所に琴線にふれるフレーズが散りばめられていて、とにかくバランス感覚に優れたサウンドといえる。洋楽・邦楽の枠を超えて楽しめるロックだ。さらに、ボーカルの川上洋平が人気メンズ・ファッション誌で連載を持つなど、巧みなサウンド・センスだけでなく洗練されたビジュアルも魅力的。とにかく目が離せないステージになるだろう。

他にも個性的なサウンドを放つ注目ロック・アクトが満載の『SWEET LOVE SHOWER 2016』。特にこの4組は、確実に会場をヒートアップさせるだろう。全身汗まみれになってフェスを楽しみたい人、また最高の夏の思い出を作りたい人は、絶対に観ておいたほうがいい。

イベント情報
SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2016

開催日 : 8月26日(金)、27日(土)、28日(日) 
会場 : 山梨県 山中湖交流プラザ きらら
 
主催: SPACE SHOWER NETWORKS /山中湖村
協賛:ファミリーマート 特別協力:ハイネケン・キリン株式会社、株式会社ヒューマントラスト
協力:山中湖観光協会/山中湖観光振興公社 /京王観光/e+(イープラス) /ファミマ・ドット・コム
後援:FM-FUJI/テレビ山梨/山梨日日新聞社/山梨放送/FM802
企画/制作:SPACE SHOWER NETWORKS  制作協力/運営: DISK GARAGE
Twitter:http://twitter.com/sls_sstv  Facebook:http://www.facebook.com/sweetloveshower
 
8/26(金)出演アーティスト
THE ORAL CIGARETTES / KANA-BOON / 木村カエラ /ゲスの極み乙女。 / 水曜日のカンパネラ / 10-FEET / the HIATUS / BLUE ENCOUNT / Mrs. GREEN APPLE / METAFIVE(高橋幸宏×小山田圭吾×砂原良徳×TOWA TEI ×ゴンドウトモヒコ×LEO 今井) / 夜の本気ダンス / RIZE / WANIMA …and more!!

8/27(土)出演アーティスト
indigo la End / GLIM SPANKY / ザ・クロマニヨンズ / go!go!vanillas / SHISHAMO / JUON / DREAMS COME TRUE / フジファブリック / フレデリック / flumpool / THE BAWDIES / ぼくのりりっくのぼうよみ / MANNISH BOYS / UNISON SQUARE GARDEN / lovefilm…and more!!

8/28(日)出演アーティスト
ASIAN KUNG-FU GENERATION / [Alexandros] /石崎ひゅーい / 上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト feat. アンソニー・ジャクソン&サイモン・フィリップス / クリープハイプ / グループ魂 / Suchmos / Superfly / never young beach / ハナレグミ / 04 Limited Sazabys / My Hair is Bad / 矢沢永吉 / 米津玄師 …and more!!

 

 

シェア / 保存先を選択