SEKAINO OWARIやbacknumberらとステージを共にした小西玲太朗がソロプロジェクト始動

ニュース
動画
2016.7.9

画像を全て表示(3件)

SEKAI NO OWARI主催イベントではゲスト出演を、 自身主催のイベントではbacknumberが前座を務めるなど、 勢力的に活動をしていたロックバンド DAdDY WALK AROUND のギターボーカル兼コンポーザーの小西玲太朗が4年半の沈黙を経て再始動を果たした。

キャサリン・ライアン・ハイド原作の小説『Pay it forward』の概念に感銘を受けた小西がソロプロジェクトとして立ち上げたのが PAYFORWARD(ペイフォワード)だ。音楽を通して世界で起こる様々な問題に眼を向けるきっかけを作り、 それぞれの視点や条件下で世界平和を目指す音楽プロジェクトとして活動を開始した。 

コンポーザー兼ボーカルの小西玲太朗はかつてアニメーターとタッグを組んだ作品で第13回新国際ニコニコ映画祭大賞とユーザー賞、第15回文化庁主催メディア芸術祭でも優秀賞を受賞するなど、グラフィックアーティストとしても活躍しており、 Amanaグループ関連グラフィックアートコンテストではグランプリを受賞、 大手ゲーム会社やメジャーレコード会社のプロダクトデザイン等も務めた

そんな小西のソロプロジェクトPAYFORWARDが今回、公式アプリで全楽曲を無料配信するという試みにでる。無料配信に関して小西は「せっかく価値あるメッセージを唄にしたのに、 無名が理由で手にしてもらえない、 買ってもらえないってのは避けたい。 全部無料で聴いてもらいやすくすれば伝えたいメッセージはもう少し伝えやすくなるから」と語る。

SEKAINO OWARIやbacknumber等、 数々のアーティストとステージを共にしていた前バンド時代も「音楽はフリーになりたがっている」という概念から『Free Music, Free Share』なるキャンペーンを行い注目を集めていた。 
4年半の沈黙を経ても尚、 音楽が持つ「世界を変える力」を信じて疑わない小西らしい一貫したメッセージが一連の行動に現れている。 

様々な事が入り乱れる世界で、 取捨選択する為の新しい視点を提案する様なPAYFORWARDの独特な活動に今後も注目してもらいたい。 


■PAYFORWARD「レシピ


 
公式アプリ情報
PAYFORWARD 公式スマホアプリ

iPhone: http://autumn-ex.com/Lgv15106/5451
Android: http://autumn-ex.com/Lgv15106/6451

 

シェア / 保存先を選択