「METライブビューイング」アンコール上映は演劇ファンも要注目

ニュース
動画
2015.8.7
宣伝チラシより

宣伝チラシより

2014-15シーズンと過去9シーズンの中から人気作26演目を上映

昨日(8/6)「METライブビューイング」の2015-16新シーズンについてお知らせしたばかりだが、直近の8/8(土)より開催される、毎年恒例の夏のアンコール上映についても改めて触れておこう。2014-15シーズンと過去9シーズンの中から人気作26演目が東京・東銀座の東劇にて一挙上映される(詳細は下記参照)。また、9月には関西地区(大阪、神戸)でも同アンコール上映が行われる(ただし規模は縮小される)。



「METライブビューイング」は、ニューヨークの超一流オペラハウス「メトロポリタン歌劇場(MET)」の最新上演映像を世界42ケ国の映画館で、(映画館の設備次第で)迫力の映像&最高の音質で鑑賞できる画期的な興行システムである。METで鑑賞すれば数万円の入場料、ドレスコードを要されるものが、ライブビューイングならば数千円で気軽な服装で楽しめる。しかも日本語字幕や出演者・スタッフらによる解説まで付くのだから、オペラマニアだけでなく初心者にも門戸が広く開かれている。

これらすべて「従来の観客および新しい観客に足を運んでもらいたい」とするMET総裁ピーター・ゲルブ氏の才覚の賜物である。METに隣接するブロードウェイなど演劇畑から有力演出家をオペラ演出に積極的に起用するのもゲルブ総裁ならではだ。ミュージカル、演劇のファンも必然的に興味を抱かざるをえない。

今回のアンコール上映作品中、ブロードウェイ・ミュージカルのファンにとって最注目なのが、レハール『メリー・ウィドウ』だ。この作品でミュージカル女優のケリー・オハラがMETデビューを果たした。先頃、『王様と私』で渡辺謙と共演し、第69回トニー賞ミュージカル部門主演女優賞を受賞した、あのケリー・オハラである。しかも、『メリー・ウィドウ』の演出は、人気演出家のスーザン・ストローマンだ。『プロデューサーズ』をはじめ数々のヒットを飛ばし、今年『プリンス・オブ・ブロードウェイ』で共同演出・振付を担当することでも話題の彼女が、オペラ(オペレッタ)をどう料理するのか改めて確かめておきたい。

他にもマイケル・メイヤー(代表作:『春のめざめ』)が演出する『リゴレット』、ジュリー・テイモア(代表作:『ライオンキング』)が演出を手掛けた『魔笛』をはじめ、演劇界の有名演出家を起用した作品が非常に多いのでアンコール上映リストをじっくりと眺めて欲しい。フランコ・ゼフィレッリらオペラ演出の王道を堪能できる作品もしっかり入っていることは言うまでもない。

なお、「SPICE」にて既にお知らせしたように来シーズンで「METライブビューイング」は10周年。これを記念して、過去の全上映作品のなかから心に残る1本を投票する「あなたが選ぶベストワン」ファン投票を実施する。 9/12には投票第1位作品を上映するイベントもある。また、 8/30には元宝塚宙組トップスター大和悠河を招いたトークショーも行われる。

ちなみに筆者が選ぶ「METライブビューイング」ベストワンは、ロベール・ルパージュ(来年のシルク・ドゥ・ソレイユ来日作品『トーテム』演出)の度肝を抜く演出があまりにも衝撃的だったワーグナー『ニーベルングの指環』4部作、とくに序夜『ラインの黄金』…と素直に書きたいところだが、ひねくれものゆえ、そこは敢えてアダムズ『ニクソン・イン・チャイナ』を挙げる。ニクソン大統領訪中のドタバタをミニマルミュージックで綴る現代音楽オペラ。毛沢東や周恩来、江青夫人なども登場する、とても風変わりな作品で、これが作曲家本人の指揮と鬼才ピーター・セラーズの演出によりMETで上演され、しかも日本の大きな映画館で観られる日が来るとは、初演(1987年)以来の楽曲愛聴者であった私には思いもよらなかった。しかし、投票しても死に票となることは「間違いない!」(←いま何故、長井秀和?)。

「METライブビューイング アンコール2015」
日程:8/8日(土)~9/25(金)
会場:東劇
http://met-live.blogspot.jp/2015/06/met-201508080925.html


関西アンコール上映
日程:9月5日(土)~9月25日(金)
会場:なんばパークスシネマ、109シネマズHAT神戸
http://met-live.blogspot.jp/2015/06/met-20150605kansai.html


---------

東劇「METライブビューイング」アンコール上映プログラム

~ヴェルディ~

《椿姫》11-12 上映時間:2時間46分
指揮:ファビオ・ルイージ 演出:ヴィリー・デッカー
出演:ナタリー・デセイ、マシュー・ポレンザーニ
8/30(日)―14:00 上映前に大和悠河さん(元宝塚トップスター)によるトークショーを開催
9/3(木)・4(金)―19:00

《アイーダ》12-13 上映時間:3時間44分
指揮:ファビオ・ルイージ 演出:ソニヤ・フリゼル
出演:リュドミラ・モナスティルスカ、ロベルト・アラーニャ
8/18(火)・19(水)―14:30、8/20(木)・21(金)―18:30、9/23(水・祝)―11:00

《リゴレット》12-13 上映時間:3時間18分
指揮:ミケーレ・マリオッティ 演出:マイケル・メイヤー
出演:ジェリコ・ルチッチ、ディアナ・ダムラウ
9/14(月)・15(火)―15:00、9/24(木)―19:00

《マクベス》14-15 上映時間:3時間18分
指揮:ファビオ・ルイージ 演出:エイドリアン・ノーブル
出演:アンナ・ネトレプコ、ジェリコ・ルチッチ
8/8(土)~10(月)―11:00、9/8(火)・9(水)―11:00、
9/10(木)・11(金)―19:00、9/21(月・祝)―19:00、
9/24(木)―15:00


~ドニゼッティ~

《ランメルモールのルチア》10-11 上映時間:3時間26分
指揮:パトリック・サマーズ 演出:メアリー・ジマーマン
出演:ナタリー・デセイ、ジョセフ・カレーヤ
8/11(火)・12(水)―14:30

《アンナ・ボレーナ》 11-12 上映時間:3時間48分
指揮: マルコ・アルミリアート 演出:デイヴィッド・マクヴィカー
出演:アンナ・ネトレプコ、イルダール・アブドラザコフ
8/8(土)~10(月)―14:45

《愛の妙薬》12-13 2時間49分
指揮:マウリツィオ・ベニーニ 演出:バートレット・シャー
出演:アンナ・ネトレプコ、マシュー・ポレンザーニ
8/8(土)~10(月)―19:00、9/23(水・祝)―15:30

《マリア・ストゥアルダ》12-13 3時間2分
指揮:マウリツィオ・ベニーニ 演出:デイヴィッド・マクヴィカー
出演:ジョイス・ディドナート、エルザ・ヴァン・デン・ヒーヴァ―
8/15(土)・16(日)―17:00、8/17(月)―11:00


~ロッシーニ~

《セヴィリャの理髪師》06-07 上映時間:3時間24分
指揮:マウリツィオ・ベニーニ 演出:バートレット・シャー 
出演:ジョイス・ディドナート、フアン・ディエゴ・フローレス、ペーター・マッテイ
9/12(土)―19:00、9/13(日)―13:30

《セヴィリャの理髪師》14-15 上映時間:3時間13分
指揮:ミケーレ・マリオッティ 演出:バートレット・シャー
出演:イザベル・レナード、ローレンス・ブラウンリー、クリストファー・モルトマン
8/22(土)・23(日)―10:30、8/27(木)・28(金)―19:00、
9/1(火)・2(水)―14:00

《湖上の美人》14-15 上映時間:3時間21分 
指揮:ミケーレ・マリオッティ 演出:ポール・カラン
出演:ジョイス・ディドナート、フアン・ディエゴ・フローレス、ダニエラ・バルチェッローナ
8/29(土)~31(月)―18:30、9/10(木)・11(金)―11:00、
9/17(木)・18(金)―11:00


~モーツァルト~

《魔笛》06-07 上映時間:2時間1分
指揮:ジェイムズ・レヴァイン 演出:ジュリー・テイモア
出演:マシュー・ポレンザーニ、ルネ・パーペ
9/12(土)―10:00、9/13(日)―11:00

《ドン・ジョヴァンニ》11-12 上映時間:3時間37分
指揮:ファビオ・ルイージ 演出:マイケル・グランデージ
出演:マリウシュ・クヴィエチェン、バルバラ・フリットリ、ルカ・ピザローニ
8/24(月)―14:45、8/25(火)・26(水)―18:45

《フィガロの結婚》14-15 上映時間:3時間36分 
指揮:ジェイムズ・レヴァイン 演出:リチャード・エア
出演:イルダール・アブドラザコフ、ペーター・マッテイ、マルリース・ペーターセン
8/11(火)・12(水)―10:30、8/13(木)・14(金)22(土)・23(日)―14:30、
8/24(月)―18:45、9/13(日)―18:00、9/25(金)―19:00


~プッチーニ~

《トスカ》13-14 上映時間:3時間
指揮:リッカルド・フリッツァ 演出:リュック・ボンディ
出演:パトリシア・ラセット、ロベルト・アラーニャ
9/8(火)・9(水)―19:00、9/16(水)―11:00

《ラ・ボエーム》13-14 上映時間:2時間54分
指揮:ステファーノ・ランザーニ 演出:フランコ・ゼフィレッリ
出演:ヴィットーリオ・グリゴーロ、クリスティーヌ・オポライス
8/18(火)・19(水)―19:00、8/20(木)・21(金)―14:30、9/20(日)―10:30

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

R・シュトラウス《ばらの騎士》09-10 上映時間:4時間17分
指揮:エド・デ・ワールト 演出:ナサニエル・メリル
出演:ルネ・フレミング、スーザン・グラハム
9/3(木)・4(金)-14:00、9/22(火・祝)-11:00

ヘンデル・ヴィヴァルディ・ラモー他
《エンチャンテッド・アイランド 魔法の島》
11-12 上映時間:3時間44分
指揮:ウィリアム・クリスティー 演出:フェリム・マクダーモット
出演:ジョイス・ディドナート、ダニエル・ドゥ・ニース 
8/22(土)・23(日)-18:30、8/24(月)-10:30

グノー《ファウスト》11-12 上映時間:3時間53分
指揮:ヤニック・ネゼ=セガン 演出:デス・マッカナフ
出演:ヨナス・カウフマン、ルネ・パーペ
8/25(火)・26(水)-14:30、8/27(木)・28(金)-10:30

チャイコフスキー《エフゲニー・オネーギン》13-14 上映時間:3時間47分
指揮:ワレリー・ゲルギエフ 演出:デボラ・ワーナー
出演:アンナ・ネトレプコ、マリウシュ・グヴィエチェン
8/13(木)・14(金)-18:30、9/21(月・祝)・25(金)-14:30

チャイコフスキー《イオランタ》/バルトーク《青ひげ公の城》14-15 【2本立て】上映時間:3時間33分
 指揮:ワレリー・ゲルギエフ(両作共通) 演出:マリウシュ・トレリンスキ(両作共通)
出演:アンナ・ネトレプコ、ピョートル・ベチャワ/ナディア・ミカエル、ミハイル・ペトレンコ
8/29(土)・31(月)-14:00、9/1(火)・2(水)-18:30、
9/15(火)-18:45、9/19(土)-11:00

ビゼー《カルメン》14-15 上映時間:3時間22分
指揮:パブロ・エラス=カサド 演出:リチャード・エア
出演:アニータ・ラチヴェリシュヴィリ、アレクサンドルス・アントネンコ
8/11(火)・8/12(水)-18:30、8/13(木)・14(金)-10:30、
9/5(土)~9/7(月)-11:00、9/14(月)-19:00

ワーグナー《ニュルンベルクのマイスタージンガー》14-15 上映時間:5時間34分
指揮:ジェイムズ・レヴァイン 演出:オットー・シェンク
出演:ミヒャエル・フォレ、ヨハン・ボータ
8/15(土)・16(日)-11:00、8/17(月)-15:00、
9/16(水)~18(金)-15:00、9/22(火・祝)-16:00

「王様と私」トニー賞主演女優賞受賞!ケリー・オハラ出演!
レハール《メリー・ウィドウ》14-15 上映時間:2時間53分
指揮:アンドリュー・デイヴィス 演出:スーザン・ストローマン
出演:ルネ・フレミング、ネイサン・ガン、ケリー・オハラ
8/18(火)~21(金)-11:00、9/5(土)~9/7(月)-15:00、
9/19(土)-15:00、9/23(水・祝)-19:00、9/25(金)-11:00

オッフェンバック《ホフマン物語》14-15 上映時間:3時間35分
指揮:イーヴ・アベル 演出:バートレット・シャー
出演:ヴィットーリオ・グリゴーロ、ヒブラ・ゲルツマーヴァ
8/25(火)・26(水)-10:30 8/27(木)・28(金)-15:00
9/5(土)~9/7(月)-18:30 9/24(木)-11:00

マスカーニ《カヴァレリア・ルスティカーナ》/レオンカヴァッロ《道化師》14-15
【2本立て】上映時間:3時間18分
指揮:ファビオ・ルイージ(両作共通) 演出:デイヴィッド・マクヴィカー(両作共通)
出演:マルセロ・アルヴァレス、エヴァ=マリア・ヴェストブルック/マルセロ・アルヴァレス、パトリシア・ラセット
9/8(火)~11(金)-15:00、9/14(月)・15(火)-11:00、
9/19(土)-18:30、9/21(月・祝)-10:30

シェア / 保存先を選択