トニー賞ミュージカル『イン・ザ・ハイツ』韓国版が8月、日本に上陸!

ニュース
舞台
2016.7.20
韓国版『イン・ザ・ハイツ』の舞台写真

韓国版『イン・ザ・ハイツ』の舞台写真


リン=マニュエル・ミランダの出世作となったミュージカル『イン・ザ・ハイツ』の韓国人キャストによるプロダクションが今夏、日本公演をおこなうことが正式に発表された。主役ウスナビ役はチョン・ウォニョン、ドンウ(INFINITE)、Key(SHINee)によるトリプル・キャスト。他にもルナ(f(x))をはじめ、興味深いキャストが多数出演する。演出は韓国ミュージカル界のヒット・メーカー、イ・ジナ。

『イン・ザ・ハイツ』の原案・作詞・作曲・主演はリン=マニュエル・ミランダ。本年度トニー賞でミュージカル作品賞をはじめ全11部門で受賞という快挙を成し遂げ、来年までチケット入手困難という怪物ミュージカル『ハミルトン』を生んだ、現代ブロードウェイの至宝である。その彼を29歳の若さで、一躍スターダムに駆け上がらせたミュージカルこそ『イン・ザ・ハイツ』だった。

ドミニカ系移民が多く暮らすマンハッタン北西部、“ラテンハーレム”と呼ばれるワシントンハイツを舞台に、移民たちが夢や希望を抱きながらエネルギッシュに生きていく姿を、ラップ、ヒップホップ、ストリートダンスを取り入れ、パワフルに描いた画期的作品で、2007年にオフ・ブロードウェイで初演されるや忽ち評判を呼びブロードウェイに進出。2008年度トニー賞(作品賞、楽曲賞、振付賞、編集賞)4部門を、また2009年度グラミー賞最優秀ミュージカルアルバム賞を受賞した。また日本でも、来日公演と日本人キャストによる公演がそれぞれ上演されたことは記憶に新しい。

そして2015年、韓国ではソウル蚕室のシャルロッテ・シアターにおいて、S.M.エンターテインメントの関連会社であるS.M.Culture & Contentsの製作により、人気と実力を兼ね備えた韓国人キャストが集結し、新たな『イン・ザ・ハイツ』が上演された。パワフルなパフォーマンスで観客の心を掴み、高い評価を得た。そんな、韓国版『イン・ザ・ハイツが、2016年、日本初上陸を果たすこととなった。

韓国版『イン・ザ・ハイツ』ポスター

韓国版『イン・ザ・ハイツ』ポスター

キャストは、主役のウスナビをチョン・ウォニョン/ドンウ(INFINITE)/Key(SHINee)のトリプル・キャストで。ウスナビの幼馴染ベニーをキム・ヒョンジュン(Double S 301/マンネ=末っ子)/イ・サンイのダブル・キャストで。ウスナビが恋心を抱く美しい美容師ヴァネッサをオ・ソヨン/J-Minのダブル・キャストで。ベニーが想いを寄せる優等生ニーナをチェ・スジン/ルナ(f(x))のダブル・キャストで、それぞれ演じる。

KPOP界の人気スターたちが大挙出演することもさることながら、韓国ミュージカル界の人気俳優にも注目だ。

ウスナビ役のチョン・ウォニョンは『RUN TO YOU』『ラ・カージュ』『アガサ』『地球を守れ!』『ベア・ザ・ミュージカル』などに出演した人気俳優。

ベニー役のイ・サンイは『ランウェイ・ビート』『グリース』などに出演、また『ベア・ザ・ミュージカル』ではチョン・ウォニョンと同じく主役ピーターを演じた新鋭だ。

ヴァネッサ役のオ・ソヨンは、『ネクスト・トゥ・ノーマル』のナタリー役や『ヘアスプレー』のトレイシー役をはじめ、『スルー・ザ・ドア』『ハイスクール・ミュージカル』『ボニー&クライド』『レベッカ』等々、名だたる話題作から引く手あまたの人気女優である。今回も、7/22に開幕する『ペスト』にも出演しながらの来日となる。その愛らしく張りのある歌声を日本で聴けるのは貴重といえよう。

ニーナ役のチェ・スジンは『ニュージーズ』『スルー・ザ・ドア』『キム・ジョングク探し』『OH!あなたが寝ている間に』などに出演、少女時代スヨンの姉としても有名だ。

この韓国版『イン・ザ・ハイツ』の演出を手掛けるのは、名匠イ・ジナ演出家である。ロック・サウンドの効いた舞台の演出では、彼女の右に出る者はなかなかいないのではないか、と思われるほどに鋭いセンスを誇る。『ジーザス・クライスト・スーパースター』『ヘドウィック』など、彼女の演出作品を見るために、多数の日本人がソウルに足を運んでいることは事実である。韓国ミュージカルの底力を確認するには、最適の演出家に違いない。

ともあれ、うっかり見逃してしまうには、あまりにもったいなさすぎるプロダクションである。ブロードウェイ・ファンも、KPOPファンも、韓国ミュージカルのファンも、今回の日本公演は要注目である。チケット争奪戦に打ち勝たねばなるまい……。

公演情報

『イン・ザ・ハイツ』(韓国語上演、日本語字幕付) 

■日程:2016年8月19日(金)~9月3日(土)
■会場:Bunkamura オーチャードホール
■スタッフ: 
原案・作詞・作曲:リン=マニュエル・ミランダ
演出・韓国語歌詞:イ・ジナ
音楽監督:ウォン・ミソル
振付:チェ・ヒョンウォン、キム・ジェドク
■キャスト
ウスナビ役:チョン・ウォニョン/ドンウ(INFINITE)/Key(SHINee) 
ベニ―役:キム・ヒョンジュン(Double S 301)/イ・サンイ
ヴァネッサ役:オ・ソヨン/J-Min
ニーナ役:チェ・スジン/ルナ(f(x))他
■チケット料金:S席 16,000円 A席 11,000円(全席指定・税込)
■一般発売開始:2016年8月6日(土)10:00~ 
■公式HP:http://musical-intheheights2016.jp/
■主催:S.M.Culture & Contents/Quaras

シェア / 保存先を選択