ATSUSHI、ドジャースタジアムで国歌独唱「日本選手の力添えができれば」

左からEXILE ATSUSHI、前田健太投手。

左からEXILE ATSUSHI、前田健太投手。

EXILE ATSUSHIが7月26日(現地時間)に、アメリカ・ロサンゼルスのドジャースタジアムで行われたメジャーリーグのロサンゼルス・ドジャース対タンパベイ・レイズ戦の試合前セレモニーに出席し、日本国歌「君が代」の独唱を行った。

この日はスタジアムにて日本の文化や芸能を紹介するイベント「Japan Night」が開催された日。ATSUSHIは菊の柄が散りばめられ、日の丸をイメージした赤と白のグラデーションの着物地で作られた衣装でグラウンドに登場した。

ATSUSHIが「君が代」を独唱すると、スタジアムに集まった約4万7000人の観客から拍手が起こった。日本人アーティストとして初めてメジャーリーグの試合で日本国歌を歌ったATSUSHIは「侍魂を持って戦っている前田(健太)投手をはじめ、日本選手の皆さんの力添えができればという気持ちで歌わせていただきました」と大役を果たした感想を語り、この試合では登板予定のなかった前田投手と握手を交わした。

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択