梶さんを食べたくて仕方ない気持ちで宮野さんがアフレコに挑戦!? 映画『ペット』宮野真守さん、梶裕貴さんインタビュー

映画『ペット』宮野真守さん、梶裕貴さんインタビュー

映画『ペット』宮野真守さん、梶裕貴さんインタビュー

 映画『ミニオンズ』でお馴染みのイルミネーション・エンターテインメントが贈る最新作『ペット』が、2016年8月11日(木・祝)より全国ロードショー! 本作は飼い主が留守にしている間、ペットが何をしているのかをテーマにした作品として、幅広い年齢層から注目されている作品です。吹き替え版には主演のバナナマン・設楽統さん、日村勇紀さんをはじめ、沢城みゆきさんや中尾隆聖さん、銀河万丈さんら豪華声優陣が起用され、話題を呼んでいます。

 そしてこの度、鷹のタイベリアスを演じる宮野真守さんと、モルモットのノーマンを演じる梶裕貴さんにインタビューを実施! 作品の見どころはもちろん、過去に飼っていたペットの思い出話など、動物にまつわるエピソードが飛び出したインタビューをお届けします。

 
■ 宮野さんが鷹を演じる上でチャレンジした“あること”とは

――最初にオファーを受けたときのお気持ちを教えてください。

タイベリアス役・宮野真守さん(以下、宮野):実はオファーが来る前、トレーラーが公開されたときから気になっていました。イルミネーション・エンターテインメントの作品は過去に『ロラックスおじさんの秘密の種』、『怪盗グルーのミニオン危機一発』、『ミニオンズ』で出演させていただいたこともあり「面白い作品が始まるぞ!」と思っていました。作品もペットたちが主人の居ない間に何をしているのかという可愛い設定で、トレーラーの中にも電動ミキサーでお腹と背中をかかれて気持よくなっちゃうダックスフントがいたりとか、ワクワクする内容ばかりでした。だからその後、出演のお話をいただいたときは非常に嬉しかったです。

ノーマン役・梶裕貴さん(以下、梶):過去に『ミニオンズ』を拝見させていただいたことがあるのですが、いち視聴者として純粋に楽しんでいました。なので、そんなイルミネーション・エンターテインメントさんの作品に出演が決まったと聞いたときは、とても嬉しかったですね。役者として、キャラクターの1人として作品世界に入り込めるという喜びもありましたし、幅広い年齢層の方に楽しんでいただける作品に関われるということも嬉しかったです。それと皆さんもご存知かもしれませんが、オファーの際には宮野さんからのサプライズもあって……(笑)。

宮野:ビックリした?(笑)

梶:ビックリしました(笑)。でも、なおさら嬉しかったですね。宮野さんと一緒に出演できることはもちろん、こういったプロモーション活動をさせていただけることも、とても嬉しく思います。
 




――本作で印象的なシーンやセリフを教えてください。

宮野:今回は自分でもチャレンジした役だと思うんですよね。本国のタイベリアスの声優さんはナイスミドルな方が演じられているので、最初にリハーサルとして音資料を録るときに、音響監督さんと年齢感を話し合ったんです。すると「宮野君の演じやすいところで楽しく演じた方がいいと思う」と言われ、収録した音資料を本国に送りました。後日、本編と台本をいただいて映像を観たとき「これはチャレンジしてもいいかもしれない」と思ったところがあったんです。

そもそもタイベリアスって滅茶苦茶カッコいいやつなんですよ。年の功で話すところが的を射ていたり、ともすれば孤独を抱えていたりとか。そこから出てくる彼の言葉がカッコ良く、そのまま演じるよりもフックを入れた方がいいなと思い「自分なりに齢を重ねた声で試してみてもいいですか?」と提案して、(吹き替え版の)タイベリアスというキャラクターが出来上がりました。だから今回は、年齢感を高く設定して挑んだので、そこに注目してほしいと思います。


梶:僕も以前に犬やハムスターを飼っていたことがあるので分かりますが、本作は「動物ってこういう動きするよね!」という“ペットあるある”がたくさん盛り込まれているんです。それを見てシンプルに面白いなと思いますし、この作品のために研究されつくした動物たちの動きを、本当にリアルなCGで再現しているのがとにかくスゴいなと思いました。特に、ペットを飼った経験がある方々は、物語以外のそういった部分も楽しんでいただけると思います。


――今回、宮野さんは鷹、梶さんはモルモットを演じられましたが、動物を演じる上で工夫された点はありますか?

宮野:タイベリアスが他の動物を食べようとする気持ちに駆られて「仕方ないだろ猛禽類なんだから!」と言う場面がありますが、それは人間と違う衝動じゃないですか。もちろん感情や年齢感は自分の経験上の引き出しから導き出されるわけですが、そこに鷹という要素が加わると、人間では思い付かないような衝動にも感情が生まれます。だから、そういったところを演じるのは楽しかったですね。(他の動物を)食べたくてしょうがない衝動とか、屋上で飼われているため孤独を感じている姿とか、そういう部分を鷹ならではの扱いで描かれたキャラクター性が面白くて。でもそれは人間でも感じられる感情でもあるんです。寂しくて友達がいないとか、梶くんのことを食べたくてしょうがないとか(笑)。

梶:ノーマンですよね(笑)。

宮野:そういった部分はもちろん自分の感情を使っているので、共感しつつ楽しく演じさせていただきました。


梶:ノーマンはモルモットなので、小動物らしく、動きや喋るスピードが早いんです。でも彼の設定に「物忘れが激しく、おっとりしている」というのがあるので、その対極にあるものを同時に表現するのが難しいなと感じました。どちらかを立てようとすると、もう一方が伝わりにくくなってしまうので。

またオリジナル版では監督自らがノーマンの声優を務めており、声を加工することでモルモット感を演出しています。そのため、僕も声にエフェクトが掛かることを前提にノーマンの声質を考えなければならない。キャラを見たままを演じようとすると、加工したときにどうしても声が高くなり過ぎてしまうんです。なので、加工によってコミカルな声音になったにも関わらず、そこにプラスして、ノーマンらしいどこか抜けているような雰囲気も意識しながら演じなければならないのが難しかったですね。とにかく、ご覧になる方に楽しんでいただければと思い、試行錯誤しつつお芝居させていただきました。


――そう言えば梶さんは別作品でもネズミの役を演じられていましたよね。やっぱりご自身でも小動物っぽいと思うところはありますか?

梶:擬人化の逆と言いますか……擬“動物”化するとネズミになるのかなと思います(笑)。

宮野:今もね、ほっぺの袋に溜めてるもんね。

梶:そうですね、ひまわりの種を溜めてて……もう出してもいいですか?

一同:(爆笑)

梶:と言われてしまうほどの顔をしているので(笑)。撮影の写真チェックをしていても、自分でも何か入れていたんじゃないかと思うくらいのほっぺたのボリュームで…共感と言いますか、ネズミたちに対しての仲間意識はありますね!


――では、宮野さんは周りの方から動物で例えられることはありますか?

宮野:ついこの前、リャマにはなりましたけど……(笑)。

梶:どういうことですか!?

宮野:『紙兎ロペ』という作品でリャマとして自分のキャラクターを作ってもらったんだけど、そっくりだったんだよね(笑)。

梶:でもリャマって言われると……リャマに見えてきました(笑)。顔がシャープで、物を食べてるときの口の動きがそっくりかも!

宮野:じゃあリャマで(笑)。


■ 梶さんが飼っていたハムスターはリアルノーマン!?

――お二人はペットを飼っていたとお聞きしましたが、どのようなペットでしたか?

宮野:ワンちゃんです! ダックスフントを飼っていました。作品の冒頭でも、衝動を抑えきれずに冷蔵庫の食べ物を勝手に食べちゃう猫ちゃんのクロエが出ていましたが、うちの犬も食い散らかしていました(笑)。テーブルの上に出しておいた僕も悪いんですけど……(笑)。


梶:僕は犬やハムスターや亀を飼っていましたね。ハムスターは小さいゲージの中で飼っていたんですが……ある日、家に帰ったら母親が慌てていて、鍵をかけ忘れていたのか脱走したと言われて……。

宮野:ノーマンじゃん!

梶:そうなんです(笑)。すごい探したんですけど、その日は見つからなくて。小さいからどこかの下に入っちゃって見つけられていないのか、もしくは外に出て行ってしまった可能性もあったので、もういなくなってしまったのかなぁと悲しんでいました。すると次の日の朝、母親が朝ご飯を作る時にシンクを見たところ、どうやら排水口に入っていたのを発見したらしいんです。当時はまだディスポーザーもなく、そこで気が付けたから良かったんですけど、もし水を流していたら……と思うと怖かったですね。

宮野:ちょっと怖いこと言わないでよ!(笑)

梶:なので、本当に奇跡的に見つかって良かったです! それこそタンスの下から出てきて、踏んでしまったりしたら大変でしたしね。

宮野:うちはよくドブネズミが出てましたけど。

梶:え、本当ですか!?(笑) 

 
――(笑)。ちなみに作品の中では犬と猫が数多く登場しますが、お二人は犬か猫に例えるとしたらどちらでしょう?

宮野:梶くんは猫っぽいよね!

梶:犬を飼っていたこともありますし、個人的に考えても犬だと思っていましたけど…最近の自分を振り返ると、やや猫化してきたような気もしています。

宮野:梶くんは誰にも懐きませんよ!


――つまり、1人で過ごすことが多い孤高の存在ということでしょうか?

宮野:僕にしか懐かない(笑)。誰にでも尻尾を振るような男じゃないです!

梶:……主人が言うならそういうことです(笑)。

一同:(爆笑)

梶:言われれば犬にでも猫にでもなるし、悪魔にでもなりましょう(笑)。


――では宮野さんはいかがでしょう?

宮野:僕は猫に憧れている犬だと思いますね。ああいう自由な感じの猫に対して、犬っぽく「カッケーっすね、猫さん!(ハッハッハッハッ)」的な感じですね(笑)。

梶:たしかに猫と思いきや、意外と犬なのかもって感じはしますね(笑)。


――本作を楽しみにしている方へメッセージをお願いします。

宮野:本作は可愛らしいペットがたくさん出ますし、梶君が言ったように動物たちの動きが一つ一つ愛らしくてペットを飼っている方なら、その仕草にキュンキュンすると思うんです。それでいてコメディタッチだから、物凄く笑えるんですね。キュンキュンしながら、笑いながら、いつの間にか彼らが紡ぎ出すハートフルな物語に心を奪われて、大切な物を心に残してくれる作品だと僕は感じました。だから本作で動物たちから、人間として大事なものを気付かせてもらってほしいと思います。それと僕はもう1キャラクター演じているので、ぜひ探してみてください!

梶:イルミネーション・エンターテインメントさんの作品ということで、今まで『ミニオンズ』などをご覧いただいた方はもちろん、どなたでも間違いなく楽しんでいただけると思います。皆さんも今までにきっと、何かしらの機会に動物に触れてこられたと思うので、“ペットあるある”にも注目してご覧いただければと思います。

先ほど話にも挙がりましたが、本当にたくさんの種類の動物が登場するため、観ている中で「自分はこの動物に近いな」といった発見もできると思います。観終わった後にお友達やご家族と、自分は何に似ているかといった話で盛り上がれる作品だとも思うので、ぜひ繰り返しご覧いただけたら嬉しいです。よろしくお願いします!

【取材・文・写真:鳥谷部宏平】

■ 作品情報

映画『ペット』
2016年8月11日(木・祝)より全国ロードショー!

<STORY>
大好きな飼い主ケイティと不自由ない生活を送っていたマックスの生活は、ケイティが毛むくじゃらの大型犬デュークを保護して連れて帰って来た瞬間から一変!お互いに自分が優位に立とうと奮闘する中で、ある事件をきっかけに2匹は都会という荒野で迷子になってしまう!果たしてマックスたちは、ケイティが帰宅するまでに家に帰ることができるのか…!?

声の出演:バナナマン(設楽統、日村勇紀)、佐藤栞里、永作博美、宮野真守、梶裕貴、沢城みゆき、銀河万丈、中尾隆聖、 他
監督: クリス・ルノー、ヤーロウ・チェイニー
製作:クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー
原題:The Secret Life of Pets/全米公開7月8日[予定]
配給:東宝東和
 


>>映画『ペット』公式サイト
>>映画『ペット』公式Twitter

■アニメイトタイムズの人気記事!

「Rayちゃんゼミ 5周年に向けて成長したい!」配信開始!

『ジョーカー・ゲーム』EDテーマ歌うアーティストに迫る

「永遠にみんなとライブハウスで遊んでいたい」LISAさんが語る、これまでとこれから

『リゼロ』水瀬いのりさんが明かす、6・7話のレムを演じたときの想い

緑川光さんがマニアックに愛を語りつくす!
アニメイトタイムズ
シェア / 保存先を選択