森川葵&内田彩の演技をFROGMANが絶賛「さすがだな、頭いいなーと思いました」映画『鷹の爪8 』完成披露試写会

レポート
2016.8.7
左から、FROGMAN、ハリセンボン箕輪はるか、森川葵、内田彩、モン吉、吉田くん

左から、FROGMAN、ハリセンボン箕輪はるか、森川葵、内田彩、モン吉、吉田くん

画像を全て表示(7件)

8月7日(土)、映画『鷹の爪8 ~吉田くんのX(バッテン)ファイル~』の完成披露試写会が新宿明治安田生命ホールで開催され、キャストの森川葵、内田彩、劇中キャラクターの吉田くん、主題歌を歌うモン吉、そして監督・脚本・声の出演を担当するFROGMANが登壇した。

『鷹の爪8 ~吉田くんのX(バッテン)ファイル~』はアニメ『鷹の爪』シリーズの約3年ぶりとなる劇場最新作。20世紀の島根県・吉田村を舞台に、小学生・吉田くんの活躍を描く。吉田くんと仲間たちは、未来から来た世界連邦捜査局・X(エックス)捜査課のモレルダー&ナスカリー捜査官とともに、“呪いのビデオ”の捜索し、UMA(未確認生物)やオーパーツ、超常現象など、摩訶不思議な出来事に遭遇する。

『鷹の爪』シリーズ初参戦でヒロインをつとめた森川は「普段は表情や動きでお芝居をさせていただいているので、声だけの演技、大丈夫かなと自信があまりなかったのですが、オファーをいただいたからには、やれる限りのことはやろうと、頑張りました」と初の声優出演についてコメント。一方、頭脳明晰な男の子・つっちーを演じた内田は、自身のキャラクターについて「ぐるぐるメガネでいつもパソコンを持っている頭の良い子で、色んな物事を分かりやすく説明するキャラ」と解説。「難しいセリフを噛まないように、わかりやすく話すことを気をつけました(笑)」と撮影を振り返った。

同作では森川だけでなく、主題歌のモン吉も宇宙人役で声優デビューを果たしている。FROGMAN監督は、森川の声の演技について「役者なので問題なく、僕が思ってる以上の演技を繰り出してくれるので、それにあわせて脚本を変えたりしました」と称賛。モン吉については「ビックリしました。ド下手でした(笑)。アーティストなので、パフォーマンスは慣れてるのかと思っていたら、素朴な感じに……」と本音をポロリ。モン吉は「勝手がわからなくて、なまっちゃったりしましたね……(笑)」と苦戦した声優デビューを振り返った。

一方、FROGMANは声優である内田については「今まではおじさんばっかりで、女性声優さんをあまり起用してこなかったのですが、内田さんの演技を聞いて、さすがだな、頭いいなーと思いました」と絶賛。「今後は女性もどんどん起用していこうと思います」と方針を明かしていた。

また、同作にUMA(ユーマ)と呼ばれる未確認生物やオーパーツなどの不可思議なもの・事件が次々と登場することから、トークのテーマは「それぞれが体験した不思議な出来事」に。

森川は、ホラー映画ロケでの古いホテルでの出来事に触れ、「そろそろ寝ようと思って部屋の明かりを消したら、時計の秒針の音がとても大きく、しかもリズムがどんどん狂っていった」「怖くなって、2人部屋でいっしょに泊まっていた子に電気をつけてもらったら、その部屋に時計がなかったんです……」と恐怖体験を明かす。

 


 

また、内田は「子どものころ、風邪ひいたり熱出したりしたときに、『お化けがいる』と言ってたらしいです。しかも日本のお化けばかりで、からかさ小僧がいる、ろくろ首がいると」「母は夢で見たものを言っているんだろう、と思ってたらしいです」と幼少期の経験を振り返った。さらにモン吉、FROGMANとそれぞれが不思議な体験を語ったところで、劇中で‟メリーさん”を演じたハリセンボン・箕輪はるかがパネルを突き破って突然の登場。

驚く一同を前に「メリーさん役をさせていただいた、ハリセンボンの箕輪はるかです。飛び出したとき、会場がすごい引いてたから、大丈夫かなと思ったんですけど……」と発言する箕輪だったが、ここでイベントの終了時間が来てしまう。箕輪は「あたしに何も聞かないの!?誰よりも先にスタンバイしてたのに!」ともらし、会場を大爆笑させていた。

 


映画『鷹の爪8 ~吉田くんのXファイル~』は8月20日(土) 先行公開、8月27日(土) 全国拡大公開。

作品情報

鷹の爪団10周年記念作品
『鷹の爪8 ~吉田くんの×ファイル~』
 

 

監督・脚本・声の出演:FROGMAN
原案・まんが:FROGMAN・おおわき正義
(『鷹の爪 吉田くんの X(バッテン)ファイル』小学館『月刊コロコロイチバン!』にて連載中)
声の出演:森川葵(里美役) 内田彩(つっちー役) 犬山イヌコ(キュウ助役) 杉田智和(モレルダー役)
松本梨香(ナスカリー役) 若本規夫(グレイ司令官役) 真壁刀義・本間朋晃(本人役)ほか
主題歌:モン吉「一期一会」(ドリーミュージック・)

【ものがたり】
20世紀、島根県・吉田村。秘密基地で遊んでいた地元の小学生・吉田くんと仲間たちのもとに、未来からタイムトラベルで世界連邦捜査局・X(エックス)捜査課のモレルダー&ナスカリー捜査官がやってきた。彼らはともに、未来で怪事件を発生させているという「呪いのビデオ」の捜索を始める。しかし、その行く手には UMA(未確認生物)、オーパーツ、超常現象など、思わず寄り道したくなる摩訶不思議な出来事が次々に出現!果たして吉田くんたちの大冒険の結末や如何に……?

配給:DLE/プレシディオ
映画オフィシャルサイト:www.takanotsume.jp/xfile

【前売り券情報】
鷹の爪8特製ピンバッジ付ムビチケカード
一般1,400円、小人900円、親子ペア2,200円 発売中
 


 
© 「鷹の爪 8」製作委員会

 

関連情報
鷹の爪10周年記念
鷹の爪団のSHIROZEME 2016 in 国宝松江城
 


開催日:2016年9月17日(土)
会場:島根県松江市 松江城、および周辺施設と周辺エリア (島根県)
チケット発売中



詳細は公式サイトにて:http://shirozeme.com/
シェア / 保存先を選択