高岡早紀「美穂さんって“中山美穂”だったんだ!」と驚く!『連続ドラマW 賢者の愛』完成披露試写会

ニュース
2016.8.20
(左から)竜星涼、中山美穂、高岡早紀

(左から)竜星涼、中山美穂、高岡早紀


WOWOWの土曜オリジナルドラマ『連続ドラマW 賢者の愛』の完成披露試写会が、8月19日(金)都内にて行われ、試写会終了後、主演の中山美穂高岡早紀竜星涼が観客の前に登場し、トークイベントを行った。

本作は、恋愛小説の名手・山田詠美が谷崎潤一郎の「痴人の愛」をモチーフに、主人公の女性が、初恋の人と親友の間に生まれた息子を、20年の歳月をかけて“自分好みの男”に調教していく話題作のドラマ化。

敏腕編集者の高中真由子(中山)は、親友・朝倉百合(高岡)と真由子の初恋の人・澤村諒一(田辺誠一)の息子・直巳(竜星)とひそかに逢瀬を重ねていた。彼が生まれたとき「ナオミ」と名付けたのはほかでもない真由子で、その名に隠された彼女のたくらみは誰も知る由もなかった。20年にも及ぶ真由子の復讐とは……。

中山は本作のオファーを受けた理由について、「こういう役どころが初めてだったので、ぜひやりたいと思った」と語る。そして相手役となる竜星について、「ものすごく調教のしがいがある竜星くんでした」とほほ笑む。

中山美穂

中山美穂

そんな中山の言葉を受けた竜星は「こんなにお尻を出すことはこれまでなかった。中山さんに調教される役というのもそうそうないので、楽しくやらせてもらった」とコメント。ちなみに本作で最初に撮影した場面は、中山とのキスシーンだったそうで、「初日からこれ(キスシーン)以外の場面はなかったのか?とすごく思ったが、その他もなかなか濃厚なシーンばっかりだったので、なるほど、と(笑)」と振り返っていた。

竜星涼

竜星涼

親友であり息子を取られた形になる立場の百合を演じる高岡は「自由奔放な百合はある意味自分の心に素直に生きれる人だから、悔いが残らない人生を過ごせそうだな」といいつつも「でも息子を取られちゃうんですけどね。調教されちゃうんですよ!」トークイベント中には、自由奔放な百合になりきって(?)中山のイヤリングを欲しがるそぶりをみせる高岡だったが、笑顔でかわされて苦笑していた。

高岡早紀

高岡早紀

役柄的に撮影現場がナーバスになりがちでは?との話になると、「(高岡)早紀ちゃんがいると現場が華やかになるので、助かりましたね」「(中山)美穂さんは役に入り込んでいるのかなーなんて思ってみたり」「そうかなあ?」とほんわりとしたやりとりを続ける中山と高岡。最初の撮影場面は二人が20代の設定だったそうで、高岡が「本当に美穂さんが20代だった頃、皆さんがTVで観ていた“中山美穂”の姿で出てきたので、衝撃的でした。『美穂さんって“中山美穂”だったんだ!』と思いましたね」というと中山が「やだ、もう!」と照れまくっていた。

「美穂さん、そのイヤリング素敵!欲しい~」とじゃれつく高岡早紀

「美穂さん、そのイヤリング素敵!欲しい~」とじゃれつく高岡早紀

復讐から始まった男女の関係はその後どう変わるのか。
なによりタイトルの「賢者の愛」という言葉に込められた意味とは?
全4回となる濃密な大人のドラマを楽しんでいただきたい。

放送情報
WOWOWの土曜オリジナルドラマ『連続ドラマW 賢者の愛』

WOWOWプライムにて
2016年8月20日(土)よる10時からスタート

公式サイト:http://www.wowow.co.jp/dramaw/kenja/
シェア / 保存先を選択