劇団鹿殺し、"衝撃度No.1"の初期作品をリバイバル上演 15周年記念の総仕上げ公演として

ニュース
2016.9.2
劇団鹿殺し  写真:江森康之

劇団鹿殺し 写真:江森康之

2016年11月~12月にかけて、劇団鹿殺しが『image-KILL THE KING-』を上演する。

古田新太、中村勘九郎をはじめ、業界内からも熱い支持を受けてきた劇団鹿殺し。これまでに、Cocco、石崎ひゅーい、堂島孝平など話題のアーティストとの音楽劇を上演してきたことでも知られている団体だ。彼らの結成15周年を記念して、“原点回帰”となる作品『image-KILL THE KING-』を上演する。

キャパ150席、距離感ゼロの駅前劇場公演

本多劇場、サンシャイン劇場と公演規模を拡大し、動員10,000人を達成した鹿殺し。結成当初の気持ちを取り戻すべく、採算度外視で駅前劇場での公演を決定した。劇団鹿殺しの初期衝動を体感できるのが本公演の最大の特徴である。

鹿殺し流“SF音楽劇” 伝説の初期作品を再構築

本公演は、旗揚げ当時に"衝撃度No.1"と言われた伝説の初期作品『image-KILL THE KING-』を再構築して上演される。地球人の滅亡と更生を目的とした宇宙人、反旗を翻し果敢に戦いを挑む人造人間など、近年の鹿殺し作品とは一線を画す物語とキャラクターが展開される本作。劇団鹿殺し史上最もアバンギャルドな作品を堪能することができる。

15周年記念の総仕上げ公演

今回のゲストは鴻上尚史氏が主宰をつとめる『虚構の劇団』に所属し、自身も『EPOCHMAN』で主宰・作・演出をつとめる小沢道成、ただ一人。出演者のなかでの、劇団員の占める割合が極めて高い公演となる。結成15周年の総仕上げ公演にふさわしく、"鹿殺し度"の高い公演となるといえよう。

 

劇団鹿殺し『image-KILL THE KING-』は、2016年11月23日(水・祝)より東京で、2016年12月8日(木)より大阪で上演される。

イベント情報
劇団鹿殺し 15周年記念第三弾 伝説リバイバル「image-KILL THE KING-」​

<東京公演>
日程:2016年11月23日(水・祝)~12月4日(日)
会場:下北沢 駅前劇場 (東京都)
<大阪公演>
日程:2016年12月8日(木)~12月11日(日)
会場:ABCホール (大阪府)
<出演>
劇団鹿殺し 総出演
菜月チョビ/丸尾丸一郎/オレノグラフィティ/橘 輝
鷺沼恵美子/浅野康之/近藤茶/峰ゆとり
有田杏子/椙山さと美/メガマスミ/木村さそり
小沢道成(虚構の劇団)

<チケット>
【最速・特典付き劇団先行販売】
9月17日(土)12時~9月25日(日)23時59分

【イープラス 特典付きチケット先行受付】
9月26日(月)12:00~10月3日(月)23:59
上記先行受付期間中にチケットをご購入の方に、もれなく「image -KILL THE KING-」オリジナルポスターをプレゼント!公演当日、物販コーナーにて、チケットの半券とポスターとの引き換えを行います。 

【一般発売】
10月9日(日)10時~
シェア / 保存先を選択