宝塚歌劇版の歴代キャストによる『エリザベート TAKARAZUKA20周年 スペシャル・ガラ・コンサート』、龍真咲も出演!

ニュース
舞台
2016.9.7

1992年のウィーン初演以来、世界各国で上演が続けられているミュージカル『エリザベート』。日本では、各国での上演に先駆けて、1996年、一路真輝を中心とする宝塚歌劇団雪組にて初演がおこなわれ、以降、星組(1996年)、宙組(1998年)、花組(2002年)、月組(2005年)、雪組(2007年)、月組(2009年)、花組(2014年)、そして、宙組(2016年9月9日~)と、再演を重ね、宝塚歌劇を代表する大ヒットミュージカルとなった。

ウィーン初演から20周年のメモリアルイヤーとなる2012年には『エリザベート スペシャル・ガラ・コンサート』を上演、宝塚歌劇版の歴代キャストを中心に、組や時代を超え、組み合わせも新たに、夢の共演が実現した。そして宝塚歌劇団による日本初演から20周年となる今年(2016年)、宝塚歌劇版の歴代キャスト(宝塚OGたち)を中心に4年前の奇跡が更に進化して甦る。2016/12/9(金)~12/18(日)梅田芸術劇場メインホールで、そして2017/1/8(日)~1/20(金)Bunkamura オーチャードホールで、『エリザベート TAKARAZUKA20周年 スペシャル・ガラ・コンサート』が開催される。

その出演者が発表となった。詳細は、こちら  。スケジュールは、こちら  。

「モニュメントバージョン」一路真輝花總まりら1996年の日本初演の出演者たちが揃い、初演の思い出を振り返りつつ、名曲の数々を綴ってゆく(コスチュームは着用しない)。

「フルコスチュームバージョン」は、2012年のガラ・コンサートと同じ形式による本編上演。キャストは日替わりだ。9月4日に宝塚歌劇団を退団したばかりの前月組トップスター・龍真咲もこの中に登場する。2009年の『エリザベート』で狂言回し役のエリザベート暗殺者・ルキーニを演じた龍は、東京公演の1月11日と同13~15日にルキーニ役を務める(15日には午後12時30分開演の部のみ)。さらに彼女の地元・大阪公演の12月14日午後6時の回では、タイトルロールのエリザベートを演じる。

そして「アニヴァーサリーバージョン」は過去に宝塚版『エリザベート』に出演した各世代各組が集まり、様々な組み合わせにより名曲の数々を披露する(コスチュームは着用しない)。

9月6日の発表以来、ヅカファンは騒然としている。

公演情報
『エリザベート TAKARAZUKA20周年 スペシャル・ガラ・コンサート』

■会場・日程
【大阪】
梅田芸術劇場メインホール
2016年12月9日(金)~2016年12月18日(日)
【東京】
Bunkamura オーチャードホール
2017年1月8日(日)~2017年1月20日(金)

■チケット一般発売日:2016年11月5日(土)
※未就学児童の入場不可

 
■脚本・歌詞:ミヒャエル・クンツェ
■音楽・編曲:シルヴェスター・リーヴァイ
■オリジナル・プロダクション:ウィーン劇場協会
■構成・演出・訳詞:小池修一郎
■演出:中村一徳
■協力    宝塚歌劇団
■著作    宝塚歌劇団・梅田芸術劇場
■企画・制作・主催    梅田芸術劇場
 
<出演>
■「モニュメントバージョン」 
一路真輝/花總まり/高嶺ふぶき/轟悠(ビデオ出演)/香寿たつき/朱未知留/古代みず希/安蘭けい 
宝塚歌劇団:京三紗/飛鳥裕/五峰亜季/美穂圭子 
■「フルコスチュームバージョン」 
姿月あさと/水夏希/麻路さき/彩輝なお/大鳥れい/白羽ゆり/龍真咲 
樹里咲穂/初風緑/稔幸/湖月わたる/涼紫央/えまおゆう/出雲綾/未来優希 
大峯麻友/立ともみ/初嶺麿代/月影瞳/磯野千尋/飛鳥裕/久路あかり/京三紗 
■「アニヴァーサリーバージョン」 
麻路さき/高嶺ふぶき/稔幸/えまおゆう/姿月あさと 
湖月わたる/月影瞳/彩輝なお/安蘭けい/春野寿美礼 
朝海ひかる/水夏希/大鳥れい/霧矢大夢/白羽ゆり/龍真咲 
初風緑/樹里咲穂/彩吹真央 
立ともみ/京三紗/磯野千尋/飛鳥裕/大峯麻友/出雲綾/未来優希 
越乃リュウ/久路あかり/初嶺麿代/望月理世 
■「全公演出演者」 
紫城るい/美郷真也/夢輝のあ/朝峰ひかり/久路あかり/初嶺麿代/天羽珠紀/音花ゆり/羽咲まな 
愛純もえり/月央和沙/美翔かずき/蓮城まこと/天風いぶき/有瀬そう/百千糸/七瀬りりこ/美穂圭子(宝塚歌劇団) 
※公演ごとに出演者が異なります。公演ごとの出演者につきましては、公式サイトにてご確認ください。

シェア / 保存先を選択