中村勘九郎が飛んで、跳んで、笑って、泣いて!スペクタクル時代劇『真田十勇士』ただいま上演中!

SPICER
スペクタクル時代劇『真田十勇士』 撮影:阿部章仁

スペクタクル時代劇『真田十勇士』 撮影:阿部章仁


新国立劇場 中劇場にてスペクタクル時代劇『真田十勇士』の公演がスタートした。2014年に初演され、その華やかさとド派手な演出で多くの観客を沸かせた人気舞台が2016年、さらにパワーアップして帰ってきた。

今回は、舞台上演と同時期に、映画が公開され、さらには出版化もされるという「映画×舞台×小説」のメディアミックス企画となった本作。

スペクタクル時代劇『真田十勇士』 撮影:阿部章仁

スペクタクル時代劇『真田十勇士』 撮影:阿部章仁

関ケ原の戦いの後、西軍に加担したことで紀州(今の和歌山)九度山で蟄居を命じられていた真田幸村。世間的には名将と呼ばれていたが、芯には光るものがあるものの、実際は無口で凡庸、戦いより茶の湯が好きというヘタレ武将だった。そんな幸村と抜け忍びの猿飛佐助が出会う。虚像と実像のギャップに苦悩する幸村を真の名将に仕立て上げようとする佐助は、忍び仲間の霧隠才蔵ら10名の武勇の達人たちを集め「真田十勇士」を組織する。折しも時代は豊臣家滅亡を目論む徳川と、秀頼を擁し復興を目指す淀殿を中心とした豊臣の対立が決定的となっている頃、決戦の時が刻一刻と近づいていた。

スペクタクル時代劇『真田十勇士』 撮影:阿部章仁

スペクタクル時代劇『真田十勇士』 撮影:阿部章仁

スペクタクル時代劇『真田十勇士』 撮影:阿部章仁

スペクタクル時代劇『真田十勇士』 撮影:阿部章仁

スペクタクル時代劇『真田十勇士』 撮影:阿部章仁

スペクタクル時代劇『真田十勇士』 撮影:阿部章仁

スペクタクル時代劇『真田十勇士』 撮影:阿部章仁

スペクタクル時代劇『真田十勇士』 撮影:阿部章仁

新国立劇場 中劇場という都内屈指の広さと奥行きを持つステージを、隅から隅まで、それでも足りないのか、客席通路もキャストが何度も走りまくり、ときにはワイヤーアクションでステージ上の空間までも使いまくる!スクリーンに映し出される映像、さらにはプロジェクションマッピングも多用し「真田十勇士」の世界観を十二分に表現している。もちろん役者たちが見せる熱量の高い演技があるからこそ、様々な表現技術が効果的に活きてくるのだ。

スペクタクル時代劇『真田十勇士』 撮影:阿部章仁

スペクタクル時代劇『真田十勇士』 撮影:阿部章仁

スペクタクル時代劇『真田十勇士』 撮影:阿部章仁

スペクタクル時代劇『真田十勇士』 撮影:阿部章仁

スペクタクル時代劇『真田十勇士』 撮影:阿部章仁

スペクタクル時代劇『真田十勇士』 撮影:阿部章仁

スペクタクル時代劇『真田十勇士』 撮影:阿部章仁

スペクタクル時代劇『真田十勇士』 撮影:阿部章仁

バラエティ番組的、もしくはマンガ的な演出が多いのも本作の特徴。流行りのネタから昭和のギャクも織り交ぜて、要所要所で笑いを誘ってくる。役者一人ひとりの身内ネタにとどまらず、某大河ドラマのネタも堂々と織り交ぜてくるので、序盤から中盤はどこまで笑わせるつもりか、と思うくらい。

スペクタクル時代劇『真田十勇士』 撮影:阿部章仁

スペクタクル時代劇『真田十勇士』 撮影:阿部章仁

スペクタクル時代劇『真田十勇士』 撮影:阿部章仁

スペクタクル時代劇『真田十勇士』 撮影:阿部章仁

スペクタクル時代劇『真田十勇士』 撮影:阿部章仁

スペクタクル時代劇『真田十勇士』 撮影:阿部章仁

ただ、終盤になると一転、人間模様が描かれていく。仲間同士の心の通い合い、主従関係、親子の愛…そしてステージの最奥から登場する幸村や十勇士の姿は圧巻。思わずため息がこぼれる。

大河ドラマなどで真田一族に興味を持った人にはオススメしたい、わかりやすく楽しい舞台だろう。

スペクタクル時代劇『真田十勇士』 撮影:阿部章仁

スペクタクル時代劇『真田十勇士』 撮影:阿部章仁

公演情報
スペクタクル時代劇『真田十勇士』

■日程・会場
<東京公演>
2016年9月11日(日)~10月3日(月) 新国立劇場 中劇場

横浜公演
2016年10月8日(土)~10日(月・祝) KAAT神奈川芸術劇場
兵庫公演>
2016年10月14日(金)~23日(日) 兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール

■脚本:マキノノゾミ
■演出:堤幸彦
■出演:中村勘九郎、加藤和樹、篠田麻里子、高橋光臣、村井良大、山口馬木也、加藤雅也、浅野ゆう子、ほか

■公式サイト:http://sanadajuyushi.jp/

シェア / 保存先を選択