EGOIST 『TOKYO GAME SHOW』にサプライズ出演、ラップ調の新曲を初披露

レポート
2016.9.17

画像を全て表示(2件)

ryo (supercell)がプロデュースを手掛ける架空のアーティスト・EGOISTが、本日9月17日(土)開催の『TOKYO GAME SHOW 2016』にサプライズ出演し、新曲「Welcome to the *fam」を初披露した。

EGOISTは、フジテレビ「ノイタミナ」ほかにて放送されていた『甲鉄城のカバネリ』のオープニング・テーマ「KABANERI OF THE IRON FORTRESS」が話題となり、ロングセールスを記録している。

『TOKYO GAME SHOW 2016』プレイステーションRブース内、メインステージで一般公開初日の最初のステージを飾る “PSN meets Secret Artist”は、​「アーティストによるステージがある」という告知がなされただけの謎のタイトルであった。事前に誰が出演するかなどの情報は一切無く「誰が出てくるのか」と、期待を膨らませた観客たちによって会場は超満員に埋め尽くされ、PS Networkのサービス紹介のあとにEGOIST登場が発表されると同時に歓声が響いた。

EGOISTは、このステージを“exhibition TGS 2016”と名付け、登場早々に新曲「Welcome to the *fam」を初披露。この日のために用意された新曲は、ゲームをコンセプトにしたラップ調のEGOISTの新機軸となる楽曲になっていた。

ボーカル・chellyはMCで「TOKYO GAME SHOW 楽しんでいますか? 今日はEGOISTとPS Networkのコラボということで、今後の展開にもご期待くださいませ!」と語り、続けて「ライブのシステムもバージョンアップしまして、動きがなめらかになっています!」と来場者へ成長の報告も行った。

その後は「名前のない怪物」、「The Everlasting Guilty Crown」の人気楽曲2曲を披露し、華やかにステージを締めくくった。 この貴重なパフォーマンス映像は、後日PS Plus加入者限定で独占配信されることも明らかになり、配信の詳細は後日発表とのことなので続報を楽しみに待とう。

シェア / 保存先を選択