G-FREAK FACTORYの期待に応え、HAWAIIAN6が“榛名”にとどめを刺す!

レポート
2016.9.24
HAWAIIAN6

HAWAIIAN6

画像を全て表示(5件)

山人音楽祭2016 【榛名ステージ】 HAWAIIAN6

リハーサルで「WORLD」を披露し、本番前から既にフロアは湧いていた。榛名のトリを飾るのはHAWAIIAN6。G-FREAK FACTORYの盟友がこのステージを締めくくる。彼らは『GUNMA ROCK FESTIVAL』の初回から参加しているほどの存在。このフェスに賭ける想いは他のバンドとは比べ物にならないほど強いはずだ。

HAWAIIAN6

HAWAIIAN6

お馴染みのABBA「DANCING QUEEN」をバックに登場した3人。「こっちの方が上(赤城)より1/5ぐらい狭いけどよぉ、上よりも5倍熱くしようぜ!」というHATANOのMCの後、1曲目にプレイしたのは「MAGIC」。いきなりの名曲投入に場内の熱が一気に上がる。クラウドサーフ、シンガロング、ハンドクラップ――メンバーが煽らずともフロアは思い思いに感情を爆発させている。そんなフロアの熱狂に応えるかのようにYUTAは髪を振り乱し、何度もフロアへ咆哮する。その後も、「THE LIGHTNING」~「TINY SOUL」~「RAINBOW RAINBOW」と初期の名曲オンパレード。G-FREAKを想った選曲なのだろう。ハワイアンはそういうバンドなんだ。

HAWAIIAN6

HAWAIIAN6

HATANOのMCも舌好調。「おまえら、『その向こうへ』歌いに行かなくていいのかよ」「部屋に歯ブラシがねぇっていう群馬県」などと笑わせた後、「おまえらに泣いて欲しいとは思わねぇし、感激して欲しいとも思わねぇ。ただ、また来年も来たいって思って欲しい。金払って、時間使って来たんだよな!? 思いっきり遊ぼうぜ!」と男泣きのMCをカマし、これまたオールドファン歓喜の「LIGHT AND SHADOW」をプレイ。この流れが最高だった。

HAWAIIAN6

HAWAIIAN6

それにしても、今日のハワイアンはやたらとキレている。若手バンドにばかり任せてられるか、道を譲ったつもりはさらさらねぇぞと言わんばかり。途中、最新作から「MY NAME IS LONLINESS」を挟んだが、テンションを緩めるつもりも、空気を変えるつもりも全くない。緩急の付け方の分からない若手バンドのようなテンションで突っ走り、あっという間に最後の「PROMISE」を迎えた。

ふと顔を上げると、目の前にまるで00年代のライブハウスのような光景が広がっていた。決して懐古主義ではない。丁寧な演奏とは言えないけれど、あの頃と寸分違わぬ情熱とバンド魂が、演奏に、歌に、そしてフロアに込められていたのである。素晴らしい榛名ステージのエンディングだった。こうして、バトンはG-FREAK FACTORYに渡されたのである。


レポート・文=阿刀“DA”大志 撮影=半田安政(Showcase)

HAWAIIAN6

HAWAIIAN6

 
セットリスト
山人音楽祭2016 【榛名ステージ】 HAWAIIAN6
1.MAGIC
2.THE LIGHTNING
3.TINY
4.RAINBOW
5.LIGHT AND
6.MY NAME
7.I BELIEVE
8.PROMISE

 

シェア / 保存先を選択